« 今週の気ままにヨーロッパ、さっぱりと。 | Main | 今日のニュース雑感、さっぱりめ。 »

December 01, 2004

For the teamな中盤を@ChanpionShip' Expectation

さて、いよいよ一週間を切りましたよ、チャンピオンシップ。世の中も段々注目度も高まってきていて、しかもレッズの有終の美を飾らせたい感じが如実に感じられて、嫌な感じですが、とにかく結構テンション上がってきましたね。で今日は最近続けている「ChanpionShip’s Expetation」第3回という事で今日は中盤を考えてみたいと思います。正直このチャンピオンシップではちょっと話題性という意味で前や後ろに取られている感はありますが、コンテンツは豊富でまとまらないのでそのつもりで。そういう事でスタート。

またもデータから。やっぱりサンプルとして。

ボランチ
上野良治  21Games(1583min) 3Goal 4Assist 6.21
遠藤彰弘  21Games(1656min) 1Goal 1Assist 6.02
柳想鐵  19Games(1435min) 0Goal 2Assist 6.00
那須大亮  23Games(2044min) 1Goal 2Assist 6.09
中西永輔  19Games(1363min) 0Goal 1Assist 6.00

右サイド
田中隼磨  22Games(1858min) 1Goal 2Assist 5.98
佐藤由紀彦 16Games(657min) 2Goal 1Assist 5.82

左サイド
ドゥトラ  21Games(1798min) 0Goal 8Assist 6.21
原信生  1Game(41min) 0Goal 0Assist 6.00

トップ下

奥大介  24Games(2024min) 10Goal 5Assist 6.21
大橋正博  8Games(510min) 0Goal 1Assist 5.93

※後藤、山瀬はリーグ戦出場機会なし。成績は指定ポジション以外の出場成績も含む。採点はサッカーマガジン平均採点。

さて、トップ下・右・左とシステムの変更以外には奥・ハユマ・ドゥトラはそのポジションで出場するのが濃厚でしょう。システムが変わったとしてもコンディションが整っていれば彼らは出場する可能性はほぼ決まりだと思います。なのでとりあえず後回し。やはり激戦区はボランチです。最終節であってはならない遠藤の怪我が出てしまい、選択肢は狭まったとはいえ、まだまだ選択肢は豊富であり、どのようなゲームプランを敷いて戦うのかもこのポジションの組み合わせで色々とわかってくるのではないでしょうか。

そうはいっても、柳は出場出来るかどうかは微妙なところで、遠藤は1戦目は絶望的で2戦目に間に合うかどうかと言う感じになると思うので、そうなると選択肢としては上野・那須・中西の3人のうちの誰かという感じでしょうか。基本的に二人のボランチで試合に臨む事になると思うのですが、一人一人の役割分担というか個々の特徴の組み合わせにより色々とチームが変わるのですが、大まかに考えてみると上野が出ればポゼッションの起点となり、遠藤が出れば幅広く精力的に動いて攻撃にアクセントをつける、柳が出ればアグレッシブに攻守でボールに絡み、那須が出ればスペースを埋めたりカバーに走ったりとディフェンシブな仕事を担い、中西も那須と同じような感じで那須より個を止めるために局面でのディフェンスが多いかなぁという感じがします。今シーズンは次々に選手が怪我で離脱している選手がこなすという事が多かったボランチのポジションですが、チームにいい流れをもって来るという意味ではやはり攻撃にリズムを出したり、後ろから出て行ってアクセントとなったりと言う意味ではやはり遠藤・上野という選手の力量に掛かってくるのかなぁと。ボールが回らないとどうしても淡泊になりがちなマリノスのビルドアップに置いて二人がボールを散らせないと苦しい事になるだけにやはり重要度は高いです。

でもやはり相手は攻撃力が驚異のレッズなだけに、何よりもアプローチをきっちりとしながら中盤でスペースを消して相手の前線のアタッカー達へのボールの供給をストップさせる事が重要になって来ると思います。これはボランチだけでなくチーム全体でプレッシングを掛けてコースを限定して攻撃のアテンプトを減らす事をしていきたい、その一番重要であるコースを切る役割を担う事になるだけに失敗は許されない。相手は早めにアタッカーにボールを入れたいと思うので、そのコースを中盤で手分けしてアプローチに行って消し、もし通されたらディフェンスと連携して相手を挟み込む、サイドに流れたら色々な状態によってカバーとマーキングをしていく事が必要です。ボランチの場合はやはり二人で連動してどちらかによりすぎたり真ん中にスペースを空けたりとしない事が重要になってくるのではないでしょうか。やはりフォアザチームと言う事になると思いますが切り替えの速さを求められるだけにハードな運動量を課されるのかなぁと。これは又次の機会にたくさんやろうと思っているので、この辺で。まあ奪ったらなるたけ早く展開していきたいところですし、切り替え・こぼれ球を拾ったりという部分でもボランチというポジションが非常に重要になるのは周知の事実なのでこれも合わせて展開予想で改めてやっていこうと思ってます。ただ分かり切ってる事ですが、ボランチがどのような仕事ぶりになるかでチームの趨勢も決まってくるだけに期待というか、やってくれないと困っちゃいますね。現状では上野・那須という形が有力だと思いますが、この二人はどうもコンビを組んで日も浅いという事で不安要素も強い。沢山のコミュニケーションを取ってやっていってほしいなぁと。上野を前に押し出してあげる仕事を那須にはしてほしいし、上野は那須のスペースケアを助けてあげたい。そのタスクをこなすためにチームも彼らの負担を増やすような事は避けたい(無茶なオーバーラップとか、アプローチをさぼるとか)トップ下がサイドなどのポジションに流れたり(ポジションチェンジしたり)、試合中に3トップにシフトしたりと結構バリエーションを持っているので、臨機応変に対応していく事も必要になりそうですが、何よりもケアしたいのは長谷部。上がって危険なパスを狙ってくるのですが、奥にケアさせると言うより、上がってきたらその都度どちらかがアプローチにきっちりと言って余裕を与えない。この余裕を与えなければ相手の攻撃に驚異は局面打開に限られるだけに相手の攻撃の変化のキーマンを消すタスクもこなしてほしいなぁと。やっぱり担う部分は多いですね、頑張ってほしいなぁw

この対戦を思うときにどうしても守備的な部分に頭がいきがちですが、点を取らなければ勝てないわけで、そう考えるとFWで坂田が頑張ってくれたものの、強力なエースが不在の今、攻撃的な部分で担う部分もまた大きいのかなぁと。奥が今シーズン10点、ドゥトラが8アシスト、ハユマの成長、遠藤のアクセント、上野の配球と怪我で変わり変わり選手が入れ替わる中で、満足出来る物だけではないにしても沢山のバリエーションがあるのも事実です。ただレッズがそのまま出させてくれるとは限らないし、マリノスには攻撃に置いては非常に不安要素が多いです。プレッシングに掛かってボールが回らなければ、攻撃のとっかかりがつかめないということ。前線に起点が出来なくて、どうしても攻撃に縦の幅が出来ずに、崩しの形がイマイチ作れない危険性も秘めている(ヴェルディ戦でもそれはあった)そう考えると中盤には頑張ってほしいなぁと。切り替えを早くしてフォローするスピードを速くしたり、コースを沢山作って前で受けやすくさせてあげるなどの工夫が沢山必要かと。サイドも精力的に走ってマッチアップする相手だけでなくカバーを必要とさせる様なプレーをどんどん出していけば、FWへの援護射撃は出来るだけにチーム全体でエース不在のチームを何とかしていきたい。もちろん奥がコンディションは不安だけど、プレー自体は見えていて結果も残っているだけに彼を守備に忙殺させずにいい状態でボールを持たせてあげれば何とかなると思うし、そういう意味では中盤がチームのために運動量を増やして相手を凌駕していけば優位に進める事は可能だと思います。確かに決定力という部分では不安ですが、3・4点必要な訳じゃない。2点あれば勝てるしと思いますし、負けない。チーム全体で姿勢を失わずにやっていけばチャンスは出てくるだけに、きっちりとタスクをこなす事が必要かなぁと。

ちょっと中盤の重要な事はチームでも重要な事なので、ホントなら展開を考える事でも結構かぶったりするかなぁと思うのですが、やはり一番は切り替えでしょうね。相手にカウンターをさせない、ボールを失った後を楽にビルドアップをさせずに雑なボールを入れさせてこぼれ球を確実にマイボールにするなどやはり運動量が必要になる試合になりそうですが、メンバーは怪我もありながらようやく固まってきただけに何とか機能性を高めて中盤で何とか優位に立ってほしいなぁと。と言う事でまだまだ続きますが、とりあえず今日はこの辺で。まとまってなくて申し訳ないっす。

|

« 今週の気ままにヨーロッパ、さっぱりと。 | Main | 今日のニュース雑感、さっぱりめ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595384

Listed below are links to weblogs that reference For the teamな中盤を@ChanpionShip' Expectation:

« 今週の気ままにヨーロッパ、さっぱりと。 | Main | 今日のニュース雑感、さっぱりめ。 »