« 今日のニュース雑感、シンガポール戦プレビュー付き。 | Main | 噴出するFW問題@ChampionShip's Expectation »

November 18, 2004

露呈@WC1次予選 vsシンガポール

まあジーコの考える主体的に考える力というものがまったくサブ組には浸透していないのが、まあびっくりするほど出た試合でしたね。ホントにこれを見ると怪我人や長距離になるであろう遠征などでコンディションを崩してベストメンバーで望めない事になったら、まあこうなる可能性というのがかいま見えた。ただ一つ思うのはチームも悪かったけど選手も悪かった、正直Jでのパフォーマンス嘘のような情けないパフォーマンスをした選手、納得いかないパフォーマンスが出来ずに気持ちが切れた選手、元々緊張感がなくやっちゃった選手、勝負する気概の見えない選手など、もうねぇ・・・・・・・。どっちもどっちですけど、今のままではチームは活性化しないよ?

スタメンはGK土肥、DF右から加地、松田、宮本、三浦淳宏、MF中田浩二、遠藤保仁、小笠原、藤田、FW玉田、本山の4-4-2の形。

試合展開はもういいでしょ?簡単に。

序盤は大きなパスで玉ちゃん、本山がサイドに流れながら裏を狙ったりとシンガポールの前掛かりになったDFラインの裏を狙って局面打開がはかったり、ミドルシュートの処理が甘いところを詰めたものの本山が信じられないミス、その後ダイレクトプレーから左に開いた本山からのスルーパスを玉ちゃんが裏で受けて難しい位置からGKを流し込んで先制。その後、リズムに乗るかと思われたが、小笠原のFKから将軍様のヘッドが凌がれたり、アツ君のミドルが止められちゃったりと追加点がどうしても取れないとシンガポールの中盤にプレッシャーを掛けられて中盤が及び腰になり、また運動量が一気に減って、中盤のダイナミズムがなくなり狙い打ちされ、及び腰の姿勢も相まってミスが多発し始めてしまう。後半も同じ感じで、このチームでは全然存在感も良さも示せない(これはもうしょうがない、特徴が出せないチーム)藤田から大久保にスイッチするものの中盤の集中力が戻る事はなく、時間の浪費にしかならない、ぬるい感じで時間が過ぎ、いらいらした将軍様がストレス発散と言わんばかりの豪快なオーバーラップ(のちに雑な繋ぎで奪われる、ダッシュで戻る、マリの時はジョギングの時もあるけど今日は大体頑張ってた)で生まれるダイナミズム、モチベーションの高い大久保がこれじゃまずいと言わんばかりに下がって裁いて展開して何とか作ろうとするものの、プレーが雑でぬるい事には変わらず、小笠原に変わって通訳だったアレックスを出して、少しためが出来るものの、ゴールは生まれず(大久保の惜しいスルーパス抜け出しからの幻ゴールだったり、GKのポジショニングの甘さを突いたミドル、アツ君の楢崎を葬ったのと同じ形のFKなど惜しいものは多少あった)逆にカウンターから大きな展開で左右に振られたDFラインがフリーマンを作ってしまって、最後の最後に大ピンチに陥り、土肥が何とか凌ぐものの中身ももちろん後味さえ悪い2月の頃のような試合になりました。

もう何とも言えない。プレッシャーにびびって一番受けてほしいところにいないOMF、前の動きを促せないまま消極的なってコントロールしきれなかったボランチ。チームとしても動きが整理しきらず人がかぶったり、受けにきてもノッキングは収まらない。左はスペースが詰まっちゃって、スペース消えちゃうし。そんな事が続けば今まではこういうところでも自分たちで何とか解決策を示していたのですが、今日は何もなく精神的に切れていき、ミスを大量生産・・・・・・。何かをしよう、チームで話し合ってどうにかしようというものが見えなかったのは、やっぱりレギュラーチームとサブチームの差には大きな差があり、このチームでの経験の差があった事を如実に表した事を証明するような試合でした。

これは明らかに監督の問題。怪我人が出たときに一気にチームバランスが崩れる可能性もあるし、これから復帰してくる中田英寿、稲本潤一、柳沢敦、久保竜彦などが入ったときに拒否反応が出る事さえ想像する事は容易な気がする。まあ朱に交われば・・・・みたいな感じになればいいけど、すりあわせの時間は限りなく少ないだけに非常に怖いものを今日は見せられた。これから厳しい戦いでのカード累積での出場停止や過密日程での怪我・コンディション不良で不測の事態はいくらでも想像出来るだけに、確かに判断力・主体的に考える力が上がったとはいえ、サブでベンチに座っているだけではそうはならない事が証明されただけに、どこまでチームとしての約束事を作り、チームに浸透させていく事が出来るのか、パフォーマンスがこのように乱高下することがないように早急に手直しが必要な事がわかる有意義な(毒ね)試合になりました。

ただチームのせいもあるけど、選手のせいでもあるという事。こっちの方はかなり見ていて悲しかった。コミュニケーションをとっているのかわからないぐらい修正しようと言うのが見えなかったし(スタジアム観戦ではないので何とも言えませんが)何よりもどうにかしようとせずにそのままずるずる時間を浪費しただけに終わったのは非常に残念だった。特にひどかったのは中盤。確かにプレッシャーは速かったし相手がかなりタイトに来ていた部分はありましたが、全てにおいて逃げているような姿勢しか見えなかったし、舐めているようなプレーも多かった。と言うより試合の入り方というか取り組み方がホントにひどかった。誰とは言いませんが、判断が遅くて相手に囲まれて取られる、低い位置で突破に掛かって取られてカウンターを浴びる、パスミス連発・しかもバックパス・横パスにおけるミスをして致命的なミスを犯し続けて精神的に切れた選手、リスクを冒せず動きも少なく単にいただけの選手。正直昨日書いたとおりレギュラー陣に割って入ってやろう、ジーコのプライオリティを変えてやろうという気概が見えなかったのは、悲しかった。この試合は絶対に勝たなければならない試合ではないのに、リスクも犯せない情けないプレーを繰り返した選手を見ていて、どうしてJでは素晴らしいプレーが出来るのに、代表のユニフォームに袖を通したらこうなってしまうのかと思ってしまう。彼らも経験がないとは言わせない。今日はひどかった。チームの組織云々の問題ではない。パーソナリティを疑いたくなるような感じでした。

じゃあ後は簡単に選手評。採点はしてもいいけど角が立ちますので。

土肥洋一(FC東京)→頑張った、最後だけ。あんまりプレーの機会がないので何とも言えません。でもあれでやられたらどうにもならなかったのでナイス反応でした。まあやられていて危機感を高めても良かったけどね(苦笑)

加地亮(FC東京)→微妙、将軍様が上がるから上がっていけなかった事はあるけど相変わらずプレーの質が低い。今日はちょっと期待してた(本職だから)本職であんなもんかぁ・・・・・?まあチームの出来が悪かったので割を食ったかな?でも仕掛けて抜けないの?シンガポール相手に。クロス精度、守備対応、中途半端。まあ辛いですが、これから向上しなければならない点は多い。

松田直樹(横浜FM)→まあ相変わらず(苦笑)ノッキングの原因って感じもしなくもなかった(前の動きを待ってたんだろうけど)ただこの程度の相手ならやられないのは当たり前。今日のオーバーラップは別に悪くないタイミング。いいカットからのダイナミックな上がりはチームに置いて武器になっていた気がする。今日は運がなかった。ガス抜きどころかストレスをため込んだ気がして今週末が怖い・・・・・。

宮本恒靖(ガンバ)→普通。まああんまりプレーの機会がなかったからね。どうですか、これが“本物”のお留守番ってやつですよ。最後ふられたところはどうにかしなきゃいけなかったかな?寄せたなら。でもまあそれなり。一番物足りないのはチームへの影響力。今日の出来に満足するわけないし、どうにかリーダーとして中心になってほしかった。

三浦淳宏(東京V)→攻撃的な部分では間違いなくチームの被害者。いいランニングをして上がっていったり、もちろんミドルシュート、フリーキック、そしてセンタリングとそれなりに。ただこねてる感じもあるかなぁ?でもサイドが詰まってスペースがなくて行き所をなくした感はあります。守備に関してはいいカバーはあったけどまだ出来そう。もう少しみたい。

遠藤保仁(ガンバ)→今日はもっと自由にやってほしかった。というより今日のメトロノームと攻撃のダイナミズムの象徴となるべき選手がこんな大人しいプレーに終始していたら、そりゃまずい。ガンバの時みたいにやってほしかったけど、前で溜まらなかったからなぁ。でももうかなりのキャリアを積んできているのだから動かしてやらせないと。ディフェンスに関しても寄せが甘いしバランスがイマイチ。もっと出来る選手なのに・・・・・。

中田浩二(鹿島)→何とも言えない。セットでの素晴らしいヘディングは惜しかったけど、それ以外良いところはほとんどなかった。判断遅い、ミスは多い、ボランチの選手として評価は出来ない。それが全て。こんなに質の低い選手じゃないのにどうした?おなかでも痛かった?

小笠原満男(鹿島)→キレたね、完全に。空回りって感じかなぁ?鹿島で最近かなり存在感を出していたから、相当期待してたんですが、もう裏切りまくり。中心となるべき彼がこれではどうにもならない。ミスも多いし、1、2本あった程度で精度が低いキック、判断も遅い。正直こんな低調な出来は見た事がない。憎らしいぐらいの落ち着きはどうした。サイドに逃げすぎ。バイタルで受けないと。これから外でやるならもっと自己主張してやらせるぐらいの強さがほしい。

藤田俊哉(ジュビロ)→今のチーム状態では活きようがない。テレビでは良さが余りわからない選手だけど、玉ちゃん・本山が外に逃げてしまうから中にスペースが空かないし、特徴の出せる状態ではなかった。でもそれでも経験があるのだからリズムを整えたり、中盤のバイタルで受けたりとしてほしかった。

本山雅志(鹿島)→緊張感・集中力がない象徴とされてもしょうがないよ?もし勝負が掛かっていた試合だったら城みたいに卵を投げられてたかもよ?それぐらい情けないキックミスだったり、相手を舐めたように低い位置で突破のドリブルをしたりと判断のミスが多かった。質の高いプレーの出来る選手なのはみんなわかってるし、今日も一つスルーパスがあったりと危険な選手だけど常に緊張感を持ってプレーする事をしてほしい。舐めてるように見えた。

玉田圭司(レイソル)→先制点、ナイスゴール。難しいゴール決めるなぁ。もっと動きだしをしてもよかったかも。引くことなく。まあ受けに入らなきゃと思うよなぁ。でも中盤がだいぶ混んでたから、余計に渋滞を巻き起こしちゃうし頭使ってほしかった。起点になれるような選手ではなく動きながら良さを出すだけに、今日のチームの出来じゃ・・・・・。もう少し中にいないとね。

大久保嘉人(セレッソ)→意欲が一番見えた選手。ゴールがほしいというのが伝わってきたけど、チームの出来に沈んだ。ただその中でも積極的な姿勢でチームの状況を打破しようとしていたし、素晴らしいミドルやオフサイドじゃないと思うんだけど逃げながらのフリーランニングからの幻のゴールは惜しかった。

アレックスと鈴木に関してはなしってことで。

と言う事で長くなってしまいましたが、今日のような試合をしたら首になってもおかしくないし、ファミリーとかいってる場合じゃないよ?ジーコももう少し考え直さなきゃ行けないというかチームを組み直してもう少しシビアにチームを作る必要性があるという事を認識しないと・・・・・。一応勝ったという事は評価しますけど、ホームで相手が相手なだけに。

そんなことより(ひどい言いぐさ)安様がくるぶし骨折だって噂が!なんてこった!マツもストレスを逆に溜めてひどいファールでレッドもらってCSで出場停止とかになりそうだし・・・・・岡ちゃん、本気で柳さんのFW起用考えた方がいいかも知れないよ?ジローと坂田じゃさぁ・・・・。裏がバランス的に多くなっちゃうし。将軍様でも置いてみる?ってことを言い放して今日はここまでです。

|

« 今日のニュース雑感、シンガポール戦プレビュー付き。 | Main | 噴出するFW問題@ChampionShip's Expectation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595371

Listed below are links to weblogs that reference 露呈@WC1次予選 vsシンガポール:

« 今日のニュース雑感、シンガポール戦プレビュー付き。 | Main | 噴出するFW問題@ChampionShip's Expectation »