« 噴出するFW問題@ChampionShip's Expectation | Main | さいたまの日@J1 2ndStage 第13節 »

November 20, 2004

「さいたま」は熱く燃えるか@J1 2ndStage 第13節 Preview

はーい、明日はJですよ。普通に明日はレッズ特集の祭りになりそうですが、そうは簡単にいかないのがサッカーって感じもしなくもない(苦笑)でも個人的にはもうあっさりさっぱり決めちゃってほしいというのもあったり、でも一番いいのはレッズが負けてマリが勝ってなんか拍子抜けみたいなのが一番いいかなぁ?まあとにかくプレビュ。

http://www.jsgoal.jp/club/200411/00013641.html

レッズvsグラ@駒場

最高の場所、最高のタイミング、そして最高の観客の前で最高に期待が高まるスタジアムで力を発揮出来るのか。ただ今のレッズには何か勝者のたくましさが相当出てきている気がするし、ここで勝って決めてしまう気がしてならないのですが。確かに大舞台でFC東京の粘りの前に屈したという事があったりするのですが、その負の記憶を払拭出来るのかというものも非常に気になるところです。エメルソン・アレックス・アルパイとコンディションが余り良くないという話ですが、それでも天皇杯を挟んでリフレッシュも出来たでしょうし、ブッフバルトもここに照準を絞ってきているだけに自力で気持ちよく優勝したいと思っている事でしょう。若い選手達にとってはこういう舞台で活躍する事がまたCSにも繋がるだろうし、そういう意味では試金石となり得るレッズにとっては非常に有意義な試合になりそうです(あぁぁ)

で相手がグランパスなんですが、何となく僕はレッズがグラに対して凌駕したなぁというかあんまり記憶になかったりします。こないだのナビスコで田中達也がスパークした記憶があまりに強いから結構行けるんじゃないかとも思うのですが、グラもあのときとは状態が違うし、やはり目の前で優勝のシーンなど見たくないと思うし。ただこのチームの課題は変わらないわけで集中力の持続、いいサッカーをし続ける精神力だと思うので、そういう部分がどうこのプレッシャーが掛かる試合で作用するのかが気になるところ。マルケスとクライトンがチームを何とか支えてきたところにようやく本来のエース・ウェズレイが少しずつトップフォームを取り戻してきた感もあるし、チームは形になり始めてきている。来年に向けてこういう試合をしていく事がチームにとって必要な事かも知れません。意欲と言った方がはまるかなぁ?

ポイントは何よりもグラの集中力になるでしょうか。集中さえ続いていればそんなにぼっこぼこにされるほどのチーム力の差はないはず。ただ精神的に波のあるチームだし、それはふたを開けてみなければわからないかなぁと。レッズにとってはやはり色々成長しているとはいえやっぱり勢いを出さないとチームは機能しないだけに先制点と言う事になるでしょう。祭りとなるか、大きな溜息が出来る試合になるのか非常に楽しみな試合になりそうです。

http://www.geocities.jp/loose_page/marinos_next/marinos_2nd_13.html

ガンバvsFマリ@万博

で優勝争いにとっては裏カードになる試合。もちろんレッズ云々ではなく、まだかすかな希望の残るガンバにとっては是が非でも勝ち点3を取って相手の結果を待ちたいところですが、相手が相手なだけにそう簡単にはいかない可能性も。僕はこの試合はいいレッスンになると思うし、ガンバのように前掛かりに来るチームに対して、どのように対応してどのように裁いて対応していくのかチームとしてCSに向けていい練習相手となってくれるといいなぁと。

何よりもガンバは先制点がほしいところ。1stも先制点を取られて逃げ切られただけに、まずは前に出て主導権を握っていきたいのかなぁと。もちろん絶好調大黒ー二川ラインや高いスキルを駆使したプレーがチームに馴染み始めたフェルナンジーニョなど好調を維持しているだけにリーグでもっとも堅いと思われるマリDF陣に対して沢山の揺さぶりと変化で相手の裏をついていけばそんなに難しい事ではないのかも知れない。ポイントはやはりヤットとなるでしょうが、いい準備を出来るのかというのがポイントかなぁと。またボランチに宮本を入れた試合を続けていますが、その辺がはっきりと整理されればそこまで守備も不安はないのですが、失点を繰り返している事から考えてもどこまで整備出来たのか、気になるところ。個人的にはがんがん来てほしいし、来るならトップフォームで一番強いガンバと試合したいなぁと。それじゃなきゃレッスンにはならないし。

マリにとっては安ショックの後の初めての試合という事で安がいないとどうなるのか、チームに何が必要なのか、崩すためには何が必要なのか探りたいし、怪我人が続々と戻ってきているだけに、どの組み合わせが一番いいのか、レッズ相手にと言う事を見据えて色々とテストしていきたいところ。もちろん勝てればいいけど、無理をさせるほどでもないし、ドライに考えていった方がいいのかも知れない。現実路線を恥じる事はないのだから。

これは人によるけど僕は余り年間勝ち点1位には興味がないというか、どっちかに絞った方がいいのかなぁと。無理して怪我なんて最悪だし(苦笑)もちろんプライドを保つために年間勝ち点1位というのは非常に素晴らしいステータスだと思いますけど。まあ結果云々は置いておいて何よりもチームが戦う気持ちだけはもってほしいなぁと。それがないと意味がない試合になりがちだしだらだらした試合をして自分たちを見失うような試合はしてほしくないかなぁと。個人的にかっこわるい試合は見たくないので。と言う事で「Marinos NextMatch Preview!!!」上げましたよろしかったらどうぞw

読売vsセレッソ@味スタ
エスパvsレイソル@日本平

今節の結果が決定打となる予感のある降格(入れ替え戦)争い。年間勝ち点差は5。ここでセレッソが勝ち点3を取れなければ、ほぼ終わりかなぁと思うわけですが、いかんせん相手が悪いとも思ったりもするわけです。ヴェルディにとっても目の前の相手とそんなに差がないだけに、それを追い越して少しでも順位を上げて今年を終えたい気持ちもあるでしょうし、以前とは違う手応えみたいなものを感じている部分は強いのではないでしょうか。確かにまだまだ波がある事は否めないけど、パスが回る事とアタックに入るバランスが非常に良くなってきているし、ポゼッションが基盤にいいサッカー出来るようになってきたというのはあるのかも知れません。アツ君が代表戦での疲れはあるかも知れませんが、第一今は相馬が左サイドでフレキシブルに走る続けているだけにコンディションも不安がないだけに、セレッソにとっては相当苦しい事になりそう。セレッソは大久保が出場停止から復帰したものの今度はボランチ久藤が出場停止、天皇杯でもJFLザスパ草津に屈辱の逆転負けとジュビロ戦での好パフォーマンスを無意味にしてしまっただけにここはどこまで気持ちを出せるかにかかりそう。相手がヴェルディという事も考えるとそういう部分で優位に立ちたい。

でレイソルはここで勝ち点を積み上げれば相当楽になりそうな予感。エスパの状態も悪いだけに、天皇杯ではこっちもJFLにやられてしまったのですが、ある程度基盤は出来てきているだけに高いラインコントロールとサイドバックの攻撃参加をきっちりとやってサイドでの主導権を握っていきたいところ。玉ちゃんの力に頼る部分が大きいですが、その玉ちゃんのコンディションには不安がないわけではないので、そういう意味ではチーム力というのが試されそう。エスパはチームが混乱状態。戸田の復帰もあまり効果を出せず、成長してきた太田なども力を発揮するまでには至らない苦しい状態。もちろん降格はそんなに現実味が帯びているわけではないのですが、何よりもチーム自体が何が必要で何がいらなくてというものが整理されていないだけに、出たとこ勝負という感じもします。チョ・ジェジンが代表戦で疲労もありそうなだけに、石崎監督がどのような事を考えて修正しているのかちょっと興味があるわけです。レイソルは確かにサポーターなどの部分で外側がうるさい状態ですが、確実にチーム状態は上向いているし、やる事をやれば結果は導き出せる気がします。ここで負けるようだとまた喧噪がさらに強くなる可能性は強いですが・・・・・。

4チームの思惑が交錯するこの2試合は技術だけではない精神的な部分、そしてこの2週間で施された緊急の施術はどこまで効果が出るのか、監督の手腕(ヴェルディ以外)が問われる一戦になりそうです。

その他の試合。
ジェフvs楽天@市原臨海
アルビ新潟に帰るvsFC東京@ビッグスワン
サンフレvsジュビロ@ビッグアーチ
トリvs鹿島@ビッグアイ

でJ2もついに自動昇格枠が埋まりそうです。天皇杯でもエスパ相手にきっちりと勝ったアルディージャが勝てば決まりという状態。まああまり(というかほとんど)見ていないのでわからないですが、ここまで着実に積み上げてきたって感じがするので、その努力の経過がこの位置にあるのかも知れないですね。まあとにかく明日は埼玉が熱く燃えるのか、やはり明日はなんだかんだいって埼玉デーになりそうです。と言う事で今日はここまで。

|

« 噴出するFW問題@ChampionShip's Expectation | Main | さいたまの日@J1 2ndStage 第13節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595373

Listed below are links to weblogs that reference 「さいたま」は熱く燃えるか@J1 2ndStage 第13節 Preview:

« 噴出するFW問題@ChampionShip's Expectation | Main | さいたまの日@J1 2ndStage 第13節 »