« 集大成@J1 2ndStage 第15節 Preview | Main | 今週の気ままにヨーロッパ、さっぱりと。 »

November 29, 2004

終幕のドラマ@J1 2ndStage 第15節

いやぁ、ドラマティックでしたねぇ。特にあの大久保のPKのシーンは非常に手に汗握りました。これがセレッソ・レイソルサポーターならもう震えるぐらいのシーンだったのではないでしょうか?まあとにかく今シーズンラストだJ(照)

アルビ 1-2 セレッソ@ビッグスワン
Albrex:エジミウソン Cerezo:エースの証明大久保しびれた!

正直大久保がセットの時のバーに当てた瞬間、「終わったかなぁ?」と思いましたよ。セットプレーからの先制点、カウンターの形からエジミウソンのスピードに完全にやられて同点、その後持ち前の攻撃力でどんどん攻撃を仕掛ける物のゴールに入らない、その中でペナの中で打てる状況がエースに来た!しかし、バー・・・・。普通そう思っても仕方ないでしょう?でも今日のセレッソは一度もくじけなかったし、ずーっと前を向いてゴールを取りに行ってた事を考えたら、あのハンドかどうか微妙なプレーも引き寄せたと言っても違いないのかなぁと。もちろん勝つしかない、自力昇格の望みはないからこその強さだったのかも知れませんが、非常に逞しい物を感じました。アルビは最後はその勢いに飲まれてしまった感じもしましたが・・・・・。

今日はやっぱりエースとして最後に最高の置きみやげをした大久保には最大限の評価を与えたいなぁと。こういうプレッシャーのかかるチームの正念場でがむしゃらにプレーをしてゴールを望み、そして結果を残してチームを救うという「真のエース」にふさわしいプレーだったなぁと。もちろんこれがラストゲームとなりましたが、こういう姿勢、そして意欲を失わずにスペインでもプレーしてほしいなぁと。正直難しいのは当たり前にしても、やっぱり期待したいし、彼には本当に大きく大きく成長してほしいなぁと。自信もって!

確かに残留を劇的な形で果たしましたが、毎年思うのですが残留争いをしたチームが戦力を言い訳ににせず反省してチームを修正する事が出来ていないから上がっていけないのかなぁとも思ったりします。選手の質だけが成績に繋がるわけではないのだから、見つめ直して新しい形を常に考えていかないと来期も苦しい戦いは免れない・・・・・(ヨーロッパほど戦力差はないのだから・・・・・)セレッソに関しては大久保というエースが抜ける中で、西澤・森島が段々下降線を辿りそうな来年、若手の成長、そして改善されなかった守備の問題、そしてチームバランスを見直しという物を精力的にしてほしいなぁと。

攻撃的だの何だの言うのもいいですが、どのチームもそれを支えるだけの器(MF/DFの組織的な器)を持ち合わせなければ、その攻撃力を発揮できない。レッズも確かに素晴らしい攻撃陣を持ち合わせていたけど、それを支え、フォローする器があったこその優勝なのですから。都合良く「うちは○○点取る!」と考えてるようでは今年と同じ道を辿る事も考えられるだけにバランスなど色々と考えていってほしいですね。

でも今日は本当に素晴らしい試合でした。おめでとうございます!!!

トリ 2-2 レイソル@ビッグアイ
Tri:サンドロ、マグノ・アウベス(アシストは・・・・) Reysol:大明神、宇野沢、空砲・・・

と言う事で今年のシーズンを表すようなと言う表現がぴったりだったこのゲームですが、正直勝てる試合だった、レイソルは。でもセットのマーキングと単純なミスからの失点。もうそれだけです。確かにセレッソと違ってエースが取れなかったというのもありますが、玉ちゃんは2点を導き出す(1点目はシュートしてブロックされる→そのこぼれが明神へ、2点目は右サイドを突破してペナ深くまで突破から宇野沢へアシスト)仕事をした。でも勝てなかった、エースのゴールがないからだというのはさすがにかわいそう。まあ出来は確かに良くなかったし、エースとしてこういう試合で取ってこそと言う気もしないでもないですが。

ただあり得ない失点です。あれだけ気持ちの入った試合をしていたのにどうしてああいう失点が出てくるのか・・・・・。単純に触ろうと思ってたけど触れなかったでは済まされないし、サッカーにとって大事な部分をミスで学べてないと言う事は深刻化も知れません。もちろんミスをした中澤を責めるつもりはありませんが、あれを引き起こしたのはここまで問題を修正出来ずに引きずってきてしまったチームにあるのかなぁと(個人的にはマリに勝った試合の様な試合を何で続けられないのか疑問・・・・・、全く違う出来)攻撃もやっぱり玉ちゃん頼りは否めないし、リカルジーニョの不在は最後まで攻撃の機能性を取り戻せなかったかなぁと(大体なんでいないん?)

引き分けが決まった後、次々と選手達がピッチに倒れていましたが、まだ先がある事を自分たちで確認しあい、反省点を修正し、勢いのある相手に対してどう望むのか、どうするのかを考えないと又同じ事を繰り返す可能性もある・・・・・。下を向いている暇はないですよ?前向いて!頑張って!

この2試合を見ての感想なんですが、正直セレッソの方が頑張ったからこそ、サッカーの神様が最後に大きなプレゼントをしたのかなぁという感じもしました。宇野沢のゴールの後、玉ちゃんがサポを煽ってましたよね。ゲームに集中する以外の雑音に振り回されたレイソルはこの後も集中度が高まらなかった事を考えてもこの試合でも高める事が出来なかったのかなぁ?まあ外側からは何も見えませんが、選手達は強いときに比べて欠けた何かを見つけ出さないと入れ替え戦も難しい試合になりそうだなぁと(僕はマリ戦にはその何かがあったと思いますが)

読売 0-0 日産@味スタ

まあ相手は中盤がうまかったけど、こっちはきっちりとつぶすところはきっちりとつぶして0に抑えました。という試合でしたね。まあ少し危ない部分も多少ありましたが、及第点(DFに関しては)将軍様もコメント通り我慢してたし、那須から河合に変わっても試合通じておかしくなったり違和感を感じる事はなかった。まあアプローチのアバウト感が消えないのが気になる・・・・・。中盤のアプローチの手順、コースの切り方など迎撃システムとはいえ少しやらせ杉かなぁと・・・・。でもやっぱり及第点はあげれるかな?ペナに入れさせない強さはやはり自信を持ってCSに望めそうだし、悪くなかったw

正直まだまだコンディションがチーム全体的に上がってきている感じがしないと言うのが一つ。守備の時などきっちりとチーム戦術をこなして、さぼらないでやっているのは事実なのですが、攻撃時にどうもダイナミズムが爆発するような形が少ないし、どうしてもアドリブ攻撃が多い気がする・・・。もっと狙いを持って攻撃するためにもチーム全体の運動量をあげていかないと崩せないし、切り替えも心配です。でもう一つはもちろん無得点に終わった攻撃。ウベダの退場によってようやく攻勢に出る事が出来ましたが、その前に崩せないのはやっぱり狙いを遂行しきれないから。前に収まらないことで(プレーの荒さは二人とも改善されない)、大ちゃんは前向いて触れないし、距離も開いて飛び込めない。裏を狙うにも単純で悪いときの単発サッカーになっちゃう。2トップのコンビネーションでスペース空けるなりしていかないと、後ろかの押し上げもオーバーラップも活用出来ない事を考えると少し心配。一発で取れるような軽い試合になるとは思えないし・・・・・。後はセットプレーのキックの精度、入り方も余りね・・・・。最近取れてないし・・・・。色々とまだ宿題は残ってますが、岡ちゃんがこの一週間をどのような一週間にするかに掛かってる、お願い岡ちゃん。

でテストの続いたストッパーとボランチですが、個人的には那須はボランチでアンカーをやって、精力的に相手をつぶして(センターバックのカバーが主な仕事じゃなくて)攻撃的にはアキでも上野様でもいいと思います。・・・・アキ(怪我平気かなぁ?)がいないと攻撃に流れが出ないし、変化も出ない。上野様がいればボールは散るし、迫力もでる。二人並べられたらと思いますが、さすがにねぇ・・・・・。でもある程度まとまってよかった。センターバックは河合と栗原の競争は今週も続くでしょうね。まあ河合が優勢かな?とにかくポジティブにみていこうと思います!と言う事でスコアレス。

その他の試合。
レッズ 1-0 サンフレ@埼玉
Reds:何でそこにいるの?トゥーリオ

記録が色々出たそうな。セカンドステージ最多勝ち点、最多得点だったり、年間最多ゴール等々よく覚えてないけどそんな事らしい。年間一位(暫定)素直におめですwでもネネ退場で出場停止(喜びずらい・・・・、引っ張りやすい選手だったのに・・・・)鈴木啓太怪我(膝らしい、出れなければ相当おいしいけど喜んでもねぇ)などアクシデントも伴う勝ち。まあうちの方が深刻ですから誰も同情も油断もないんですけどね(苦笑)

ジェフ 2-1 ジュビロ@市原臨海
Jef:佐藤勇人ミラクル、要田 Jubilo:グラウ

山本さん勝てませんな。ジュビロは泥沼を抜けるどころかずぶずぶと深みにはまっている気が・・・・・。テスト大好きな監督はそのテストの結果を活かす事出来ますか?結局リズムは戻せないまま・・・・。

ジュビロはいいとしてジェフは逞しかったなぁ。余計な事で騒がしい中で気迫を持って戦い、美しい2発で勝つといういい試合。オシムラスト?残って来年こそ臨海でリベンジしたいぞ!オシムのいないJは少し寂しい・・・・。

グラ 0-2 鹿島@トヨタ
Kashima:ファビオ遅すぎ、フェルナンド

エスパ 1-3 楽天@日本平
Spulse:チョ・ジェジン Vissel:播戸×2、ホルヴィ

と言う事で今年も終わって後はスペシャル勝負マッチ4つを残すばかりとなりましたね。どの試合も気迫も精神力も何もかもが詰まったものすごい試合になりそうですが、レギュラーシーズンは最後までドラマティックな凄い試合になって良かったなぁと。来年の開幕が楽しみです(苦笑)とにかくでも今はCS!ってことで今日はここまでです

|

« 集大成@J1 2ndStage 第15節 Preview | Main | 今週の気ままにヨーロッパ、さっぱりと。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595382

Listed below are links to weblogs that reference 終幕のドラマ@J1 2ndStage 第15節:

« 集大成@J1 2ndStage 第15節 Preview | Main | 今週の気ままにヨーロッパ、さっぱりと。 »