« 現実的な軌道修正@J1 2ndStage 第12節 Preview | Main | 今週の気ままにヨーロッパ、大久保移籍も含めて。 »

November 07, 2004

執念と思惑と。@J1 2ndStage 第12節

優勝へのカウントダウンとそれぞれのチームの思惑、執念、色々なものを感じたこの12節。早速プレビュ。

Fマリ 2-1 ジェフ@横浜国際
Fmari:今シーズン3点目!ジロー、坂田二桁まで後1点! Jef:あべっち十八番

Q:岡田監督からボランチが弱いというお話が出ていましたが、2ndステージに入って松田選手がかなり前に出て守備をしているということがあったのですが、この試合では松田選手はカバーリングのほうに重点を置かれているように見えたのですが、そのへんについてはいかがですか。

「この前の試合ぐらいからディフェンスをしっかりやっています。まあ、この前の試合は4バックだったので上がれないですけど、ディフェンスをしっかりやろうということを話して、松田には味方が点を取ってくれることを信じろと言って、忠実にチームのためにやってくれるようにしました。彼は攻撃力があるので、上がればいい仕事をしますが、彼抜きのディフェンスは考えられない。今日も彼がほとんど最後のところを止めてくれたと思っています」

J's Goal 岡ちゃん記者会見


そういう事でよろしくお願いします、将軍様。若造ばかりで頼りないかも知れませんが、彼らうまくなってますから!

と言う事でネタみたいな事は置いておいて、うーん、ジェフが余り良くなかった事があるにしても、またセットでやられた事にしても(あべっちのキックが凄かったし)、ドゥ様がいない中で久しぶりに勝った事は凄い大きいかも知れない。もちろんドゥトラが戻ってくればそんな問題はないのですが、チームにおける自信に繋がると思うし、戻ってきてもチームの中で色々なオプションが出来ると言う部分で良かったなぁと。後先週お休みした奥が非常にコンディション良く、遠藤の復帰もあってチームの攻撃にも幅が出た事、特に右サイドがハユマの好調と相成って凄い良くなってる。いい時間帯には今までのマリの多彩さが感じられて攻撃陣もようやく少しずつ戻ってきたなぁと。二人揃ってれば攻撃にある程度変化が付けれただけに、その辺は計算できるかなぁと。そしてスピードアタッカーの二人のゴールは久保・安が怪我やコンディション不良で少しパワーダウンしているだけに頼もしい。そして上に乗っけたように基本的に将軍様が我慢してくれただけにきっちりと3枚揃って迎撃していれば安定すると言う事が確認できたのは非常に大きい。栗原もそれなりに安定してやっていたし、ここは元々層も質も高いから精神的な要素が大きいだけに安定してくれば一安心。

ただ悪い事もありました。柳さん、×印。代わりに入ったノブッキ、×印。二人とも今日は動きが良かっただけ、もう何で?っていいたくなりました。那須も週末前にダウン。呪われてる?あり得ないんですけど。最近思ったのはベッカムがWC時に使ってた酸素がどうのこうので怪我を早く治すテントをマリでも購入したらどうかと思う今日この頃なのですよ。全員揃う事はそうないと思うけど、長引いてる上野さんやぎりぎりだろう久保含め、戻ってきてほしい事を考えたら最善を尽くすべきなのかも知れない。なりふり構っていられないでしょう。今日の勝ちは自信に繋がるとともにコンディションがいかに大事か改めて重要な事がわかった事を考えたらホントに頑張ってほしいなぁと、フィジコやアスレティックトレーナーに。

ちなみに「勝サンド」食べれなかった・・・・・。次こそ!

http://www.yuasakenjisoccer.com/yuasa/html/midokoro.folder/2004_second/04_212.html

レッズ 2-1 エスパ@埼玉
Reds:酒井、トゥーリオ Spulse:北嶋

今日も真っ赤なスタジアム。そして優勝の前に立ちはだかるものは何もないと思ったところでこういう苦しい試合展開。ありがちな展開ですけど、優勝への登竜門なんだなぁと思いながら見ていたのですが、今日のレッズは正直相当出来が悪かった。選手が試合後のコメントで口々に精神的なものを口にしていたけど、その前に中二日しかも120分の激闘の後ではさすがにコンディションが悪くてプレー自体のダイナミズムがほとんどなく、動きだしがないからほとんどエスパの守備陣の前でのプレーを強いられていた事が何よりの苦戦の原因かなぁと。エメルソンが全然動けていないし、田中もキレがない、何よりも迫力がない。全てを飲み込んでいくような迫力がないともちろん相手は出てきやすくなり、カウンターでやられてしまった。正直前半終了時は袋小路に迷い込んだ感もありました。ただそこを勢いに頼るよることなく、本当の力でこの間のナビスコの敗戦を振り払うように酒井のミドルで運を引き寄せ、トゥーリオの闘争心が勝利を引き寄せたのかなぁと。そして何よりも最近よく思うのはレッズが勝つために何が必要なのか、そして何をしなければならないのかと言う部分をきっちりとゲームクローズする事できっちりと2−1で勝ちを獲った事。もう優勝するために必要な勝利を得た事で本当に優勝するにふさわしいチームだと思います。本当に強かった。もちろん課題も抱えているし(湯浅さんの言うとおり組織的な崩しができない、山瀬の穴はどうしても感じてしまうのは道理)、全てが重調だったとは言えませんが、それでもCSが楽しみに、そして怖くなるようなチームです。ただそれこそこないだのナビスコのように最高の盛り上がりが保証される相手なだけに対戦する相手と最後のチャンピオンシップが出来るのは本当に幸せな事なのかも知れませんね(悠長だなぁ、僕も)と言う事でこれで優勝に王手!次節、ガンバとの勝ち点差が縮まらなければ決まりです。もうここまで来たらすっきり決めちゃってほしいかも。

エスパは非常にこの試合をよくコントロールしてカウンターを仕掛けて後少しで勝ちを取れる事まで来ていたという事があったのかなぁと。もちろんレッズの出来が悪かった事はあったにしても前を向かせないマーキングが点だとしたら、その周りをきっちりとケアして面でカバーしてボールを入らないようにした形は非常に巧みで経験を感じました。ただそれが勝ちに蒸すつけれないのは勢いや気持ちの差なのかも知れませんね。セットに関してはトゥーリオの動きが非常に巧みでやられてしまったけど、大きな目標がぶら下がっているレッズに気圧されてしまったという事もあるのかも知れませんね。

ガンバ 6-3 アルビ新潟に勇気を@万博
Gamba:シジクレイ、ヤット、フェルナンンジーニョ、大黒またハット Alb:ファビーニョ×2、鈴木慎吾

はい、見たんですけどとりあえずもう眠くて限界なので、又明日で(最近駄目駄目)

レイソル 0-2 読売@日立
Verdy:怪物・森本憎らしいぐらいの落ち着きでの2ゴール

グラ 2-1 サンフレ@瑞穂
Gra:久々のそろい踏み(マルケス、ウェズレイ) San:大木

FC東京 1-1 トリ@味スタ
FC:ルーカス Tri:高松

日曜開催追記分
ジュビロ 2-2 セレッソ@ヤマハ
Jubilo:名波様→福西×2 Cerezo:苔口、徳重

何だろう?チームの出来の良さはセレッソの方が良かったし、ラッキーなゴールもあって、勝てる試合だったかなぁと思ったのですが、今までの流れというか負の部分というのがあったのかなぁと。ただやっぱり現実的に考えたら、流れの中で非常に闘志を感じるような試合の中で感じることができたし、勝ちたいという気持ちが表に出て凄い頑張ってるのがわかったのですが、セットでの守備細かい部分までは詰め切れなかったのかなぁという感じです。そういう部分ではやはりジュビロの方が経験的に一枚上手だったかなぁと言う感じがしました。確かに勝ち点3を逃したという形になりましたが、今日のアウトサイドは凄い迫力満点でしたし、セレッソのストロングポイントであるダイナミックな攻撃がでたのは良かったと思います。守備もさっき書いたように基本の事をきっちりとやる事をやりながら集中を続ける事をしていって、苔口にしても徳重にしてもああいう仕掛ける姿勢を持った事でリズムも運も引き寄せたと言う事をもっと意識したら、消化試合で柏が少ない状態で苦しいですが、それでも何かを起こせるかもという事を頑張ってほしいなぁと。

ジュビロは、・・・・・経験があった事がこの試合では活きたかなぁと。ここのところ飛ぶ鳥を落とす勢いだった太田君は苔口の対応に四苦八苦して、やっぱりその辺ではまだ難しいのかなぁと。主導権を握ってるときに出来るのは当たり前な事でこういうときにどうするのか、何が出来るのかと言う部分を考えていってほしいですね。ただチームが巧みでリズムを引き寄せる事が上手なだけに表には出ないけど、個人での駆け引きにまた成長の余地という部分を感じました。ただやる事が明確に頭の中で整理されているからこそ、あれだけの好パフォーマンスを続けられていたのだと思います。ってなんでこんな事を書いたかというと、他の若い選手がそういう事を出来ていないからです。もちろんそれなりに出来るレベルの高い選手ばかりなんですが、河村が常に名波しか見ていないようなプレーをしていたり(僕はそれは嬉しいんですが、主体的な考えが見えてこない。基本的に気の利いたフォローやサポートは上手だと思うんですけど)成岡が何がしたいのかわからないプレーぶりだったり(色々な事を期待されていると思って混乱しているのかなぁ、色々な事が彼自身出来るからなんだろうけど)そういうのは少し残念でした。菊池や太田がシンプルな考えでいいパフォーマンスをしてる事を考えるともったいないなぁと。この試合でカオスからチームを救った鈴木政一監督が最後の試合だっただけに(勘違いしてました)是非勝ちで送りたかっただろうけど残念・・・・。ただこの後山本さんが監督になって、こういう若い選手達にどういう意識付けをして、ジュビロをどういうチームにしていくのか(具体的にね)非常に楽しみです。

楽天 2-1 鹿島@ウイング
Vissel:キング、播戸 Kashima:バロン

すいません、体調崩してとりあえず今日見たこの試合だけって事で。ホントなら驚きのレッジーナーユーヴェなんですけどね。まあそれはまとめて明日って事でwでは今日はここまでです。

|

« 現実的な軌道修正@J1 2ndStage 第12節 Preview | Main | 今週の気ままにヨーロッパ、大久保移籍も含めて。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595362

Listed below are links to weblogs that reference 執念と思惑と。@J1 2ndStage 第12節:

« 現実的な軌道修正@J1 2ndStage 第12節 Preview | Main | 今週の気ままにヨーロッパ、大久保移籍も含めて。 »