« さいたまの日@J1 2ndStage 第13節 | Main | 体調不良の今日のニュース雑感。 »

November 21, 2004

感動を誘うようなDFを@ChampionShip's Expectation

こないだ始めた「ChampionShip's Expectation」を今日はやっていきたいと思います。相手がちゃんとレッズに決まったという事で気持ちの入れ方も変わるってもんです。今回は層が厚いと言われているDF陣をレッズに対してぶつけていくのか。枠は2ないし3しかないわけですから、全員がコンディションが整っているとしたら選択を迫られるわけで、その組み合わせによってはバランスが変わってきたりという部分もあり得るので、相手の強力な攻撃陣に対してどのような布陣を引くのかという事で考えてみたいと思います。

ではこないだと同じようにデータから。

松田直樹 22Games(1901min) 6.23 Y11 R 1
中澤佑二 25Games(2152min) 6.30 Y 4 R 0
中西永輔 18Games(1273min) 5.97 Y 4 R 0
那須大亮 21Games(1864min) 6.14 Y 5 R 0
河合竜二  6Games(487min) 6.42 Y 1 R 0
栗原勇蔵  7Games(292min) 5.88 Y 0 R 1

※尾本はリーグ戦出場機会なし、DFライン以外の出場分も含む、数字はサッカーマガジンの平均採点。Yはイエローカード数、Rはレッドカード数。

と言う事でまあこの6人のうちに3人が入る事になるでしょう。那須に関してはボランチ起用も可能性が高いため、そうなると5人という事になりますが、一人一人持つ特徴が違うし、そういう意味では岡ちゃんがどのような選択をするのか非常に楽しみな部分でもあります。当たり前の部分ではビッグゲーム特有のプレッシャーが掛かる中で集中力の持続、そしてレッズという相手の事を考えると、やはり何よりも一番に上げられるのは1vs1の対応力、そして粘り、まあ他にも相性などもありますが少しずつですが考えてみたいと思います。

普通に考えると、出場機会の多かった3人(中澤・松田・那須)を並べるのが、わかりやすいのですが那須のボランチ起用、そして栗原・河合の最近の好パフォーマンス、中西の復帰など沢山のファクターが出てきて選択するのはなかなか難しい部分です。もちろん誰が出てもそれなりの事はやってくれると思いますが、もう一つのファクターはレッズと言う事です。ホントに難しい・・・・・。

やはり信頼度から言えば何よりも中澤佑二が一番高いプライオリティを持つのは間違いないかなぁと。去年の松田不在・不調の中での奮闘、A代表での厳しい経験、そして出てきたリーダーとしての自覚が彼を大きく育て、最近は風格さえ漂う日本人No.1DFです。2ndのレッズ戦でも松田が出場停止の中で、センターのポジションで河合・栗原を率いて絶頂だったレッズアタッカー陣を完封と実績も残しているし、一番信頼出来る選手だと思います。スペースケア・1vs1と彼がいればそんなに心配はしていないです。一番気になるのはやはりコンディション。ガンバ戦は代表戦の後という事で休みましたが、今年はここまでは1stに一度怪我で休んだくらいでほぼフル回転と疲労は相当に溜まっているはず。一度休んでもう一度12/5をめどにどこまで上げてこれるかというのがマリノスの命運を握るかなぁと。エメルソンを止めるキーは彼が握っていると考えています。

でもう一人のストッパーは非常に迷います。レッズには抜群の相性を見せる河合、経験値はチーム一の中西、ようやく復調した那須、一度ちんちんにされたがその後リベンジした栗原などよりどりみどりな訳ですが、個人的にはやっぱり対人能力・相性を考えても河合がいいのかなぁと思っています。確かに経験不足の感はありますが、レッズ相手に非常に気持ちの入ったDFを見せてくれていましたし、彼も最近の結果に自信を持って望めそうですから。何よりも田中達也・エメルソンも河合を嫌がるでしょうし、そして城南戦でのヘッドなど土壇場に強い事も思うと頑張ってほしいなぁと。那須に関しては個人的にはボランチ起用の方を押したいかなぁと。今度中盤に関しては次に回しますがスペースケア、DFラインとのコミュニケーションも普段ラインに入っている事も考えると非常にいい関係が出来ている気もしますし、カバーにも入れるという事を考えたらいいのかなぁと。対人能力は正直少し劣る部分も感じていますし。まあボランチも沢山候補者がいますから、コンディション、コンビ、そして練習でのアピールなどでいろいろありますから、又難しい事なんですけどね。まあそういう事で彼はボランチ起用がいいかなぁと。栗原に関しては抜群の高さとスピード、そして闘争心の強さは非常に魅力なんですが、逆の暴発が怖い・・・・。もちろんあの楽天戦の退場から大人しくしていますが、非常に激しくゲームもヒートアップしてクリーンなゲームになるかどうかはわからない事を考えると、ちょっと怖いかなぁと。高さに関してはセットの部分で攻守両面において非常に期待したいですが、今回の試合は普通の時は間違いなく、ボールを受けさせるか、前を向かせないか、一発目の波を止めるか止めないかと言う部分の勝負になるだけに・・・・。ただ岡ちゃんは栗原の事を非常に買っていると思うので十分アピール次第という事になると思います。まあ誰にもチャンスがあるし、その日までわからない状態は続くでしょうね。

で松田です。もちろん素晴らしいセンスと対人能力を持っていて、信頼されうるだけの素晴らしい選手なんですが、最近は精神的にムラがあったり攻撃に活きたい気持ちをセーブしきれず、無茶なオーバーラップを仕掛けてしまったりと、精神的なコントロールという意味で正直不安な部分があります。それともう一つ、これは気のせいかも知れませんが、どうも1vs1に関して行きたがらない、ウォッチしている感もあったりして、多少ゆるめのアプローチになったりとそういう部分はやっぱり精神的な部分なのかなぁと。岡ちゃんも以前インタビューで言っていましたが、治っていたと思っていた部分が顔を出してきたのかなぁと。きっと僕以外の人も彼を外してリスクを取らない選手達で固めて現実的な戦いをした方がいいのかも知れないと思うかも知れません。もちろん彼がこの試合に賭けている非常に強い気持ちは理解出来ますし、チームの事を思ってやってくれるという意味では彼がスターティングラインナップに名を連ねる可能性は高いと思いますが、この試合に関してはやっぱり「自重」と言う事をしてもらわないと困るなぁと。ただあんまり去勢された犬みたいのも、ちょっとやだなぁと思うんですけどね。でもビルドアップやチームを助ける動きなどは積極的にやってほしいです。相手はもの凄い迫力を持った素晴らしい攻撃力も驚異ですが、何よりも怖いのは速いくさびからの高速ドリブラー達の仕掛けで後手を踏む事です。カウンターは本当に一発で失点に繋がるし、高い決定力をそのまま出させてしまう事になるからです。そんなときにオーバーラップで彼が不在で数的同数・数的不利を背負うような状態だったら、もっと止めれる可能性も減退する。一点が大きな意味を持つ試合になるだけに、リスクをどこまで彼の中で計算出来るのかがポイントになりそうです。ちょっと厳しかったり、色々と求める事などを書きましたが、岡ちゃんも、チームメイトも、そしてサポーターも松田直樹というFマリノスのバンディエラにそれだけ期待が大きいからこそです。そして今回の大舞台での大試合で最大のキーを握る存在だと思います。

レッズの攻撃で一番ケアしなければならないのは、整っていないときの速い攻撃、カウンターも含めて。1つ目の波で何とか破綻せず、相手のドリブラーの勢いを止めてしまう、何とか遅らせる。ファールでも構わない(退場は困るけど)と思っています。それさえ止めれば70%は抑えたと言っても過言ではないのかなぁと思っています。もちろんスピードを止めてもまだ危険は続きます。小さなスペースでもこじ開けてしまうエメルソンの強烈なシュート、エメルソンに意識が行ったところでの田中達也のフリーランニング、アレックスのテクニックとクロスボールとスペースを消して人をそろえても怖い部分はありますが、相手が詰まったら一番気をつけなきゃいけないのは長谷部のプレーメイクかなぁと。レッズは引かれた相手に対して崩しきれないという課題を抱えていますが、きっとその辺を修正してくるでしょうから、本当に気をつけて集中力をもって望みたいですね。マンマークはわからないですが、何よりも局面打開を許さない、やられたらすぐにカバーリング、そういうチームでの守備意識で頑張りたいところですね。

まあDFラインだけでと言う事ではなくチーム全体でと言うところが当たり前になりつつありますが、ただ大事な所でやらせない、相手の良さである部分をつぶすという意味で最終ラインが集中力を持って望む事が出来れば、0で抑える事も無理ではないし、きっと出来ると思います。守備意識、切り替え、コーチング、様々の所で影響力を後ろから発信してほしいですね。こないだのナビスコ決勝のFC東京のDF陣のように気迫と感動を誘う様なやつを見せてほしいなぁと。

と言う事で又続きますからね。何回やるとかは決めてませんが、こういうところでも楽しんでいきたいですね(笑)まあまだJも残ってるのに気が早い気もしますが、とにかく特別期間限定でエントリーも別にしますのでまあまとめて読むもよし、読み捨てもよしって事で(笑)では又次回って事で。

|

« さいたまの日@J1 2ndStage 第13節 | Main | 体調不良の今日のニュース雑感。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595376

Listed below are links to weblogs that reference 感動を誘うようなDFを@ChampionShip's Expectation:

« さいたまの日@J1 2ndStage 第13節 | Main | 体調不良の今日のニュース雑感。 »