« 色々と今日のニュース雑感。 | Main | 意地と勢い@J1 2ndStage 第10節 プレビュー »

October 22, 2004

最高のスペクタクル@UCL GroupLeague Day-3

遅くなってしまったので早速。

http://d.hatena.ne.jp/souno418/20041021#A

Group F ACミラン 1-0 FCバルセロナ@サンシーロ
Miran:31'シェフチェンコ

普通に僕が思ったことをsounoさんが素敵にまとめてくれているのでご紹介。「フットボールバーリトゥーダー」からのエントリーです。ホントに面白い試合でした。現時点での欧州最高峰のカードにそぐわないスペクタクルな試合で、コンパクトに保ちながらのバルサのアタッキングフットボールとミランのイタリアのクラブらしいスペースを消していくDFが正面からぶつかり合って力の入る内容でした。バルサの攻撃はロナウジーニョが輝くと一気に攻撃に可能性が見えたのは今思うとよく0で抑えたなぁと思うわけです。細かいパスからオープンに展開する形にしてもそのまま突破していく形にしても存在感あってこそなのかもしれませんね。やっぱりサンバスターはチームを一気にリズムに乗せる感じですね。チームメイトも理解しているようで細かいパスのときはどんどん早いタイミングで離していくことが浸透していますし、見ていて楽しいですw

ただミランのDFも基本的にはバイタルエリアのスペースを消して相手のアタッカーを抑えようという意識が高く、もちろんクロスボールにもきっちり対応、経験値も高いので最後まで我慢し続けれたのかなぁと。まあ運に助けられた感も大きいですけど、スタム・ネスタ・パオロさんは完璧でした。ゴールシーンはシェバがよく飛んでましたけど、ピッポがオレゲールを釣った事は大きかったかも。カフーもあそこからGKが出れないとこによくあげた。こういう試合を決めれるのはやはりエースの資質なのかなぁと、凄いわ。

とにかく2つとも上に行くでしょう?だからもう1試合素晴らしい試合をカンプ・ノウで見れると思うと楽しみでしょうがないwこれこそスペクタクルな試合とも言うべき面白い試合になるだろうしw楽しみw

Group F シャフタール・ドネツク 3-0 セルティック・グラズゴー@オリンピスキー
Sha:57'&62'マツザレム 78'ブランドン

予想外。ホントに。マツザレムは確かブレシアだっけ?隠れてたのね、こんなところに(知ってたけどさ)まあその真価を発揮したのかな。シャフタールはこの勝ちでUEFAが見えてきたかな?

Group F Miran:9、Balcerona:6、Shakhtar:3、Celtic:0

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/fixturesresults/round=1968/match=1077190/Report=RP.html

Group G バレンシア 1-5 インテル@エスタディオ・メスタージャ
Val:73'アイマール Inter:47'スタンコビッチ 49'ヴィエリ 76'ファン・デル・メイデ 81'アドリアーノ 90'+1'フリオ・クルス

まあ派手にやられたもんですよ。しかも立て続けに・・・・・。前半はそれなりによかったし、ビセンテ抜きでも決定機も作れていて、ものすごい心配だったマルチェナ&アジャラ抜きのCDFもカネイラがすっごい頑張って何とか凌いで0−0で折り返せたけど、後半開始からインテルのギアチェンジに一気に飲まれてしまったなぁ・・・・。正直しょうがないという感じもあるし(甘かったけどクロスの軌道が変わって付ききれなかった)、仕方ないといったら仕方ないけど、アドリアーノがボールを受ける位置が低くなって、でも付かなきゃやられるという恐怖感からアプローチに行ったことでスペースが開いて見事に使われたというのが正直なところであって、アドリアーノの存在感にやられたなぁという感じです。その後意地の美しいアイマール追撃弾もあったけど、それよりも気になったのはその後の采配。確かに追いつきたいから攻撃的になるのもわかる、そんなときにカネイラ怪我しちゃうから前掛りになるのもわかるけど、正直何で3バック?あれが傷口広げたと思っちゃいました。もちろんそれに反応してヴィエリを下げて、ファン・デル・メイデを投入にしたマンチーニの采配があったにしても、サイドスカスカじゃやられて当然だし、身も蓋もないという感じ。これがビッグクラブぐらい質の高い選手たちでやるならまだわかるけど、バレンシアのようなチームの戦術やバランスで戦ってきたチームが自分たちでそれを崩してどうするの・・・・・、ただでさえ選手が揃ってないのに。ティンカーマンはだめよ。

ということで少しやけくそですが、インテルはこの日素晴らしい出来でした。攻撃陣はマンチーニの期待に応え(サネッティも含めてね)、GKフォンタナもトルドの様に決定機を防いだし(彼の気がポストに?)そして何よりもチームが後半パスと飛び出しが絡みながら質の高さを見せた攻撃は素晴らしいものがありました。今週末はミラノ・デルビーなだけに勢いの付く試合になったかなぁと。守備はまだまだですが、攻撃はヴィエリとアドリアーノのコンビの熟成に伴い破壊力を増してきただけに今週末が益々楽しみ。UCLのグループもこれで先が見えてきた訳で、次のジュゼッペ・メアッツァで勝ち点を取れれば、ほぼ決まりといってもいいでしょう。でバレンシアはもう崖っぷち。ブレーメンが勝ったことで益々苦しくなった。今のところ勝ち点3差だけど、次はミラノでまだアンデルレヒトも残ってるわけで簡単な試合は残らない・・・・。もちろん戦力が揃えばいい試合はできるだろうけど、もう勝ち点は落とせない。とにかく次の試合負けたら終わるといっていい。あぁぁぁぁ。

Group G アンデルレヒト 1-2 ヴェルダー・ブレーメン@コンスタン・ファンデン・ストック
And:26'ウィルヘルムション Bre:36'&59'クラスセニッツ

ということで痛い黒星を喫したアンデルレヒトは崖っぷちの3連敗。もう可能性はないといってもいいぐらい。何とか追いついてほしかったのですが・・・・。ただブレーメンはやっぱり強いということです。ドイツ王者は得点王がいなくなろうと伊達じゃないということなんでしょうね。アイウトンがいたらもっと厳しかったわけだし(苦笑)

Group G Inter:9、Bremen:6、Valencia:3、Anderlecht:0

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1968/Match=1077191/index.html

Group H チェルスキー 2-0 CSKAモスクワ@スタンフォード・ブリッジ
Chelsea:9'テリー 45'+1'グジョンセン

テリーは何点取るんだ?今のところ得点王なんじゃ(違うだろうけど)ただチャンスはたくさんあったみたいだし、ポジショニングがいいのかなぁ?しかし得点シーンは両方ともセットプレーから。CSKAはどうもウォッチしちゃうのかなぁ?棒立ちでっせ?とにかくアブラモビッチダービーの勝利でチェルスキーはほぼ決まりかな?後はぜんぜん読めないですが。

Group H パリ・サンジェルマン 2-0 FCポルト@パルク・デ・プランス
PSG:30'コリドン 31'パウレタ

シャチホコみたいなシュート凄かった。何よりもこの勝ちでどうにか首が繋がったのが大きいかな?逆にポルトはどうした・・・・。ヴィクトル・フェルナンデス頑張って!

Group H Chelsea:9、CSKA:4、PSG:3、Porto:1

Group E パナシナイコス 2-2 アーセナル@アポトロス・ニコライディス
Pan:65'ゴンザレス 82'オリサデベ Ars:18'リュングベリ 74'アンリ

あのドイツ人どうにかしてください!ただ僕のFantasyFootballに入れたアンリとリュングベリが取ってくれました(笑)アウェーは弱すぎるよ、ホントに。勝てる試合だったと思うけど残念すぎる・・・・。でも残り2試合はハイバリーだし大丈夫だよね?ベルカンプ様もいるし。お願いします!

これでグループEは大混戦。PSVの地道な戦いが実った結果かなぁと。これ以上アーセナルに足踏みは許されない・・・・。

Group E ローゼンボリ 1-2 PSVアイントホーフェン@レルケンダル
Ros:42'ストルフロル PSV:26'ピエール・ファルファン 86'デ・ヨンク

Group E PSV:6、Arsenal:5、Panathinaikos:4、Rodsenborg:1

ということでホントに面白い試合が多かった。しかしホントにひきつけるということをしているチームは素晴らしいです。ということで遅くなりましたが今日はここまでですw

|

« 色々と今日のニュース雑感。 | Main | 意地と勢い@J1 2ndStage 第10節 プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595348

Listed below are links to weblogs that reference 最高のスペクタクル@UCL GroupLeague Day-3:

« 色々と今日のニュース雑感。 | Main | 意地と勢い@J1 2ndStage 第10節 プレビュー »