« Dog Fight!@J1 2nd Stage 第9節 | Main | Naive Game@UCL GroupLeague Day-3 »

October 18, 2004

今週の気ままにヨーロッパ、UCL絡みで。

今週は忙しくてあんまり見れていないのですが(先週もそんな事書いた気がする)今週はUCLもあるのでその辺も中心に。

レッジーナ 0-1 サンプドリア@スタディオ・オレステ・グラニッロ
Sam:36'バッツァーニ

普通に芝がきれいになって良かったw俊輔は代表の疲れも考慮されてベンチスタート。出てきたのは65分だったのですが、はっきり言って最近の俊輔は今までの俊輔じゃないよ、ほんとに。ずーっと書いてきているけど、ボールを離した後のアクションも積極的で、スペースがきっちりと見えている感じです。守備とかそういうところはまだまだと言う感じだけど、それはチームコンセプトだし、そう考えると結構偏見がありますが、今年の俊輔は意識が高くほんとにこのパフォーマンスを維持していったらどっかから声が掛かるかも?技術力の高さは定評がある訳だし、後はやっぱりアタッカーとしての結果が欲しい所・・・・。それにしてもダメダメレッジーナに戻ってきた感じはあるんですけどね(苦笑)フランチェスキーニが決めてればなぁ・・・・。ボナ頼りは相変わらず。個人的にはこのままでも良いけど(俊輔の意識が高い限り)2トップでパスターゲットが二つあるともっといけそう。クロスもファーストコントロールが良いから、サイドに流れるとイイチャンス作れるし。バッツァーニ来ないかなぁ(苦笑)強いよ、こいつ。

ユヴェントス 2-1 メッシーナ@スタディオ・デッレ・アルピ
Juve:26'サラジェッタ 54'ネドベド Messi:68'ザンパーニャ

ネドベド・カモラネージ・アッピアって中盤よく走ってワイドに空いたスペースをうまく使ってまあ無難にまとめた試合でした。特に2点目は右に流れたズラタンが中に流し込んで、ネドベドが走り込んでダイレクトって言うのは完璧でした。正直出来はそんなに良いという程ではないですが、後ろはどこにザンパーニャが流れてきても大丈夫なような堅さだし(1回センターぽっかりでやられたけど)らしい出来でした。ミッドウィークのバイエルン戦もこれと同じようなメンバーになりそうな気がする・・・・。ズラタンの疲労が気になる。

それにしてもヤナギは難しいチームに入っちゃったなぁ・・・・。チームがまとまってて、正直なかなか入れる隙がない感じも見受けられます。1トップザンパーニャというのはもう決まりっぽいし、攻撃の軸が同タイプの(ワイドアタッカーだけど)ディ・ナポリ、運動量が多くてボールも繋げる良質のチームだから、なかなかねぇ。動き出しの速さは相変わらずだけど焦るな!ザンパーニャの落としに反応して打ったシュートは無理あるよ・・・・。確かにとにかく結果が欲しいと言う気持ちは伝わってきました・・・・、ただ贅沢を言えばやっぱり自分達がポゼッションを取ってる時は最終ラインの近くで(というよりザンパーニャと同じ高さで)仕事をしたいね(役割もあるけど、みんなサイドで使いたがるんだなぁ)まあこの先出番が得れるかは微妙ですが・・・・。しかし名前のところが「YANA」って(苦笑)頑張れ頑張れ。

リボルノ 0-2 ローマ@スタディオ・アルマンド・ピッキ
Roma:30'トッティ 68'モンテッラ

普通にデル・ネリのメソッドが息づいて気がする。就任当時はカッサーノ・トッティをどうやって使うんだろうと思ってたけど、やっぱりスーパーな選手だしね。UCLはレバークーゼンへの遠征になるけど、ほんとに突破したかったら現実的な戦いをして勝ち点3が絶対条件。と言うより勝ち点3取れなかったらおしまいになるからもう正念場(苦笑)トッティ様の調子が上がってきてるし、後はあのはまった時のレバークーゼンの破壊力をどうにか頑張らないと・・・・。しかしメクセスは出場停止、あぁ厳しそうだ。

インテル 3-1 ウディネーゼ@スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
Inter:8'&12'アドリアーノ 57'ヴィエリ復活 Udi:51'マウリ

えーと、サネッティとコルドバとレコバとスタンコビッチは休ませた形になるのかなぁ?ダーヴィッツもきっとバレンシア戦には必要な戦力なだけに出てきそう。現実的な戦いが求められる訳だし。現実的に戦えればスーペル・アドリアーノが居るからってことになるのかぁ・・・・・。アジャラの居ない今なかなか抑えられる気がしない(苦笑)この日もスパーク!あぁ、ヴィエリもこの1点で吹っ切れるかも?でも次の試合はスタメンはレコバな気がするけど・・・・。まだ2勝目ってことにびっくり。

カリアリ 0-1 ミラン@スタディオ・サンテリア
Miran:20'ピルロ

普通にガットゥーゾとカカとカフーを温存。パンカロは微妙だけど(笑)そして普通に勝ってる。2位浮上。でもやっぱり気になるのはバルサ戦。バルサ戦のポイントはどこまで守備で我慢して怪我人続出の中盤を突いていけるかってことだろうし、カカやピルロに比重が掛かってきそう。それにしても楽しみだ・・・・。

フィオレンティーナ 0-0 シエナ@スタディオ・アルテミオ・フランキ

中田さん、スタメン初出場。トップ下だけど、イマイチだったらしいです。ブーイングです。まだまだですねぇ・・・・。とりあえずリガノが帰って来てからかなぁ?うーん、試合勘なのかなぁ?それともやっぱりポジション適正かなぁ?

でリーガ。
ベティス 1-1 レアル・マドリード@エスタディオ・マヌエル・ルイス・デ・ロベーラ
Betis:31'オリベイラ R.M:65'ロナウド

まだまだお目覚めにはほど遠い出来の様子。中盤の攻勢にガルシア・レモンは腐心しているようですが、まあベティスホームでそう簡単に勝てるもんでもないし。しかしカード出てるなぁ。まだ帰ってこないのね、デニウソン。

Dpt.ラ・コルーニャ 2-1 ヘタフェ@エスタディオ・リアソール
Dpt.:16'セルヒオ 72'ヴィクトル Het:90'+2'コテロ

びっくりするぐらいヘタフェのメンバーを知らないのですが、無難に勝ってます。ヴィクトルとルケを休ませて(スペイン代表もあったし)アン・フィールドのリバプール戦に控えたのかな?でもさすがのイルレタさんなのか結構あっさりと建て直してきたなぁ・・・・。レアル戦の白星は相当効いてるのかなぁ?

エスパニョール 0-1 バルセロナ@エスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイック
Barca:9'デコ

相当出来が悪いという噂。ただそれでもバルセロナ・ダービーをきっちりと制してる事が凄いけど(苦笑)懸念されている怪我人続出のアンカーにはファンブロンクホルストが入ったみたいだけどどうだったんだろう?元々バルサはターンオーバーする程余裕はないからあんまり気にする必要はないんだけど、個人的にはあの位置はエジミウソンじゃなかったらモッタぐらいしかいないと思ってるし、マルケスやファンブロンクホルストは違う気が・・・・。後可能性があるのはジェラール(元バレンシアだし)?うーん、絶対ポイントになるだけにどうするんだろう?ライカールト。

バレンシア 1-2 セビージャ@エスタディオ・メスタージャ
Val:58'OG Sev:65'パプティスタ 82'アランダ

もう一試合ありましたよね、どうしちゃったんだろう?何で1試合に3人も退場が出るの?アイマールが一応復帰が明るいニュースだけど負けで行って欲しくなかったなぁ・・・・。アドリアーノなりを何とかしないとまずいかも・・・・。アルベルダとカルボーニが温存という事なんだろうけど出ちゃってるし(アルベルダはスペイン代表戦も2試合でてるし 苦笑)今期初黒星がメスタージャって痛いなぁ。

ちなみにバイエルンは負け(シャルケに)レバークーゼンも負け(ヘルタに)ブレーメンも負け(マインツに)とおおこけのブンデス勢で、チェルスキーが今期初黒星、マンUもスコアレスと何かどうなんだろう?チェルスキーはドログバの怪我が響いてる模様。ケジュマン使える中盤がイマイチ・・・・。チアゴはまだ馴染んでないし・・・・。リバプールとアーセナルは余裕ですから、そんなにおおこけではないのですが、うーん。読めない。

でもとにかくほんとに好カード連発なのでどれ見ようか迷っちゃいますよ。明日は普通にサンシーロだけど、明後日がメスタージャかデッレ・アルピ・・・・どうしよう!ってことで幸せな悩みを持ちながら今日はここまでです。

|

« Dog Fight!@J1 2nd Stage 第9節 | Main | Naive Game@UCL GroupLeague Day-3 »

Comments

中田について



彼を知ったのは1994

小峯ジャパン

財前 船越 中田

ミドルシュート

万能のすごさを宣伝されていた



アトランタ1996

前園の副官的存在

西野さん

と けんかして 干される

このあと

合宿すっぽかして

よばれなくなった石塚

みたいに問題視され

るのかとおもわれた



加茂ジャパンで

前園の代わりに呼ばれて

定着

加茂さんは藤田を

評価していたので意外な感じがした



1998フランス

ラモスのぶち切れで

槍玉に挙げられ

戦犯扱いを受ける

このトラウマが

今の態度につながってるのかも



2002

ベスト16

レジスタ働き

でチームを引っ張った



ドーハ以後の代表は

彼とともにあり

海外移籍の道を

切り開いたのはすごすぎる

マーケットに

日本人が並ぶきっかけを作った



ジュビロにもいえる

ことなのですが

学ぶことを拒否したときに

衰退は始まる

オフトのときに

ラモスなどの拒否反応

に対し

柱谷哲が

初めから拒んだら

なにもはじまらねえだろ

いうとおりやってみて

それから意見言えばいいんだ

って言ってたんですが



この言葉は

すごくだいじなんじゃないかと

今のサッカー界にたいして思うのです



外人監督が

日本人は

戦術理解足りない

4バックに向かない

という意味を

考えてみるべきだと思うのです



日本人は体の強さは

劣ることは認めても

戦術理解で

だめだしされたのは

拒否してると思うのです

もちろん

彼らの側に

偏見もゼロじゃないし

しかし

そこへ踏み込みが足りなかったのが

ジュビロの

問題のケイザイカダト思うのです



日本は残念ながら

サッカーで頂点をきわめた

ことのあるくにではない

しかし

これから頂点をきわめる

可能性をもっている

そのために

学ぶことは多い



このことが一番大切だと思います

Posted by: 和製カントナ | October 19, 2004 01:29 AM

中田に関しては非常に意識の高い選手だなぁといつも思うのですが、やはりコンディションが悪いとぱったりになってしまうのは痛いですね。彼のサッカー感をチームが理解して活かしてやれば相当な力を発揮するけど、それができないと不満分子になってしまうのかなぁと。ただ彼は若いときはしょうがないにしても成熟した大人になるにつれて現状認識もきっちりとできるようになったのかなぁと。今でも日本で一番影響力のある選手だと思うし、ここからがんばればいいのかなぁと。



ジュビロとか日本とか以外でも新しいものを取り込むことは大切ですよね。受け入れる気持ちがなければなかなか理解するにも時間がかかるし、そういう意味ではおごりというのが結構あるのかもしれませんね。



確かに一応完成されたスタイルで結果を残したという自負があるからこその自信だと思うのですが、サッカーはそれひとつじゃないし、サッカーの可能性ややり方はひとつじゃないのだということは最近やっと理解できるようになりました。なかなか難しいことですが、これからもっと上に行くためにももっと模索することが必要なのかもしれませんね。なかなか現状を維持・向上させながらというのが難しいからジーコも苦労したのかなぁと。



一番大切なこと、ありがとうございました。コメント遅れて申し訳ないです、またよろしくお願いしますね。

Posted by: いた | October 20, 2004 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週の気ままにヨーロッパ、UCL絡みで。:

« Dog Fight!@J1 2nd Stage 第9節 | Main | Naive Game@UCL GroupLeague Day-3 »