« ミスと失点@J1 2ndStage 第8節 | Main | 今週の気ままにヨーロッパレビュー。 »

October 04, 2004

引き寄せた出場権@U-19 AsianChapionship Q.Final vsカタール

内容はともかく、WYに繋がってホントに良かった・・・・・・。嬉しいというかこの酷い内容でこの世代が終わらなくて良かった・・・・・。ただ、この試合でもわかるように決して楽観出来る内容ではなく、むしろ悲観的に危機感を高めていかなければならない試合ですらあったかなぁと。ただこの勝ちは無失点に抑えた粘り強いDFが引き寄せたものであり、非常に価値があると思います。

試合展開としては両チームとも長いボールに頼った攻撃構築を狙っていましたが、この攻撃をうまく機能させていたのはカタールの方だったと思います。ただその質の違いは歴然であり、余裕のある中できっちりと前に当ててそこから身体能力、巧みなボールキープ、その後のフォローアップからの細かいパスワークでの崩し、と自分達の良さ活かす狙いが見えた攻撃をしていました。日本は平山の頭を狙いたいところでしたが、あったのは一本ぐらいで(それはオフサイドになったもののビッグチャンスに繋げた)ロングボールはどちらかと言えば相手の執拗で勢いのあるフォアチェックに蹴らされていた感もあり、精度のあるものは余り無く、競る側としてチャンスに繋げるにしても平山の動きは少なく、あまり競り勝ってどうにかしようという姿勢が余り見えず、狙いの見えない単純な攻撃に終始してしまいました。

日本の本来の攻撃としてはFWにくさびを入れて落としたボールを中盤でボールを落ち着かせて、プレーメーカー(兵藤・高萩)がどんどんワイドに展開し、特徴あるサイドアタッカーの突破に繋げるというのが狙いとしてあると思うのですが、その長いボールに頼りすぎる余り、間延びした展開ではサポートや中盤DFなどで中盤にハードワークを課してしまい、どんどん押し上げが効かなくなってしまいました。もっと落ち着いて繋いでいっても平気なのに、ぼんぼん蹴ってしまうのは正直どうなんだろうという感じも受けましたが、ただ受ける側にも問題があったのも事実であり、そういう展開を変える事が出来なかった事が非常に苦しい展開にずれ込む原因となってしまいました。

この日の日本は攻撃は正直期待出来るような形は作れなかったのですが、その中で増島中心のDFが粘り強く対応し続けて、相手のロングボールをはね返す、セカンドボールを拾われても多少甘い部分はあったもののフリーマンを作らず粘り強く対応して、相手にゴールを奪われる事を阻止し続けました。高柳・高萩もハードに仕事をこなし、3人のCDFもきっちりと粘り強い守備で相手の個人技を止めていました。細かいパスワークや巧みなテクニックに振り切られる時もあったものの相手に最後の所ではきっちりと守りきる事が出来ました。この勝利は非常に守備陣にとっては自信に繋がるものになったと思います。

結果的にはPK戦で西川が4本目をセーブし、なんとかWY出場権を獲得した訳ですが、この先アジアチャンピオン・世界で上を目指すためには自分達のよさを発揮するためにはどうしたらいいのか、その辺は上にも書いたとおり攻撃にポイントがありそうです。コンパクトに前線との距離を詰めてきっちりと精度のあるボールを平山に当てて、そこからの展開を狙っていくという事になるのではないでしょうか。くさびが入らないと攻撃出来ないという課題は残りますが、その時に前への推進力として期待出来るものが少ないだけに、やはり彼の出来が非常に悪いとはいっても頼らざるを得ないのが本音ではないでしょうか。しかし彼らに一番足りないのは自信なのかも知れません。焦ってボールを蹴らなくても繋ぐ事は出来るし、あくまで意識の問題かも知れません。彼らにもWY出場権というプレッシャーが掛かって低い位置でのミスを極端に嫌がり、それがあの蹴るだけの精度のないロングボールに繋がってしまった。ただ、今のままでは平山のポストアップが全ての命運を握る事になってしまうのは明白であり、平山が抑えきられた時はこういう展開になってしまいます。カレンが非常にアクティブに攻守に貢献をしていた事を考えれば、中盤で落ち着いて繋いで裏へのスペースを狙ったり、センターの3人で相手のDFを引きつけてサイドに展開するなど、もう少し攻撃構築に比重を置いて工夫をしていく事が必要になって来るのではないでしょうか。チームとしてロングボールがチームのやり方としてあるのなら、別にそんなに焦らず長いボールをきっちりと合わせる、その準備として押し上げてポストの選手の近くでイイアングルを保ってサポートする事を徹底しなければならないのかなぁと。もっと細かい気配り、意識の高さが何に置いても必要になると言う事です。個人的に平山がヘッドに勝てるという淡い期待を抱いたロングボールに頼るのは辞めた方が良いと思っています。彼の意識が低く淡泊で競り合えてない・ヘディングの技術も低い・動けてなく落下地点までも達せていないと言う状態を見たら、そう思ってしまいました。

厳しい事を書いてきましたが、最低限のノルマを達成した事は非常に嬉しかったです。この試合はひどいものでしたが、これからそれを選手の意志で打開出来るように、選手個々が成長して欲しいなぁと。まだまだここで終わりではないのだから、今度はサッカーに対して淡々とプレーするだけでなく、細かい所まで意識を行き届いたプレーを期待したいところです。こんな内容に満足する訳もありませんが、常に上を向いて頑張って欲しいなぁと。まだまだ出来ると期待していますから。次は韓国戦、切り替えて良い経験を積んで欲しいものです。

|

« ミスと失点@J1 2ndStage 第8節 | Main | 今週の気ままにヨーロッパレビュー。 »

Comments

小峯さん
いわく
平山の持ち味はペナルチー内での
ヘッド すなわち シュート
それが最大の武器だそうです
ポストプレーは評価してませんでした
見る目アンのかな
サイドからクロスどんどん入れて
真ん中であわせる
国見サッカーが
良いのではないか
誰を中心にするか決めたほうが
日本人は分かりやすいみたいね

パスの精度で負けていた
相手にシュートの精度があれば
ちんちんにされていたな

10番 カタール製クライハート
かと思った若いときの
大熊さんの支持どうり動くことが
正しいことと思いすぎて
チームとして相手に怖さを
与えられなかった
ロボットサッカーになってたよ

カタールないてたのは
内容で圧倒してて
ほんとに運のピーケーで負けた
悔し泣きだったんだろうなあ
わるいことした
3−0で
やっつけてたら
思い残すことも無かったろうに

世界で戦って伸びて欲しい
こっからは
質を意識して
まあ
プレッシャーがすごかったんでしょうね
全員

大熊さんには
わるいけど
本大会は
別の人ってわけには
いかないんですかね
山本さんの
教訓を生かすとしたら
変えるしかないと
個人的には
思うんですが
非情ですが

Posted by: 和製カントナ | October 04, 2004 at 05:04 PM

そうですね、まだ全てを求めるのは難しい部分があると思います。ただ彼がシュートがうまいのなら、そのシュートを打つための努力という部分が絶対的に足りないのかなぁと。ただチームの戦術として彼のポストワークを据えてるのだから、彼もそれを意識してやっていかなければならないのかなぁと。アテネの経験をフィードバックしたいとか言ってるわりにはプレーが個人主義でチームの事を考えて軸になろうという意識が低すぎる。きつい事を書いていますが、彼が一番経験を持っているのだからもっとやっていけないといけないと考えています、ちょっと厳しいですけどね。

日本とカタールの差はやっぱり軸となる選手の活躍具合だったのかも知れません。平山はほとんど受けれず、向こうの10番は自分が何をしなければならないのか自覚して仕掛けていた気がします。意識の差は自分でしか埋めれないのだから言葉だけでなく、プレーで示さないと名ばかりのスターになりかねないかなぁと。

カタールは本当にイイチームでした、同じようなやり方を標榜していてあれだけのチャンスの差を示されたのが明白でしょう。ただそれと同時に将来的に相手は代表を怖がらない事に繋がるし、それが向こうが同じ立場で立ち向かってくる事も意識しないといけませんね。

監督に関しては守備に比重を置きすぎて、攻撃に関しては個人の力に任せきりという感じがしなくもありませんでした。外からの支持も守備がほとんどで攻撃に関しては少なかった事を考えても余りイメージがないのかも知れませんね。平山のポストワークと梶山の創造性とボールテクニックを軸に据えて、一人が不在一人が不調ではどうにもならないのかも。確かに彼がこの色に適任なのかはわからない部分はあります。確かにイイ監督だと思います、ただこの世代には育成してチームとして組み合わせると言う事が必要なだけに、守備だけに比重を置く監督はどうかと思ってしまいます。もちろん世界に出るためには結果が必要で間違ってるとは言いませんが、積極的に打って出なければ自分達の力は育たないと思っています。

長々すいません。またよろしくお願いしますね。「和製フリット」さんとは違うんですか?流行ってるのかなぁ?

Posted by: いた | October 04, 2004 at 05:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595331

Listed below are links to weblogs that reference 引き寄せた出場権@U-19 AsianChapionship Q.Final vsカタール:

« ミスと失点@J1 2ndStage 第8節 | Main | 今週の気ままにヨーロッパレビュー。 »