« 今日のニュース雑感、嬉しいニュースがありましたw | Main | ミスと失点@J1 2ndStage 第8節 »

October 02, 2004

ヒデ右サイド起用説を考える。

えーと、本当ならJをやりたいんですが、Fマリの試合は明日だし、まだ試合も全然カバーし切れていないので、今日は気になっていたジェレミーさんのコラムを元に日本代表の右サイドを考えてみたいと思います。

現在代表の右アウトサイドのポジションはFC東京の加地亮選手が入っている事が多いのですが(というかほとんど)、目立った活躍は出来ず風当たりが強くなっているように感じます。ジーコの監督としてのうんぬんは別にして彼はこのポジションの選手ではないということと代表のポジションで求められる仕事と彼のタイプが合っていないというのが最大の原因という感じがしてなりません。前節の鹿島戦、前々節のレッズ戦とFC東京の試合を見ていて不思議に思ったのですが、彼はサイドで活き活きと右サイドを走り回り、激しい上下動と共に効果的なオーバーラップを何度も仕掛けて相手のDFラインを崩していました。確かにクロスの精度やら細かい技術、そしてDF時のポジショニングなどちょっと危うい部分もありましたが、彼の魅力でもある攻撃力が充分に出ていたと思います。

ポジションの違いが原因と考えるのは前に人がいてその後を追って追い越すと言う事でフリーでスピードに乗ってオーバーラップを仕掛けるサイドバックと足元でボールを受けて正対した状態で1vs1をしたり、駆け引きの中で飛び出してスペースで受けるなどの工夫をしながらクロスを上げるというサイドハーフでは、仕事の質があまりに違う。クラブチームならまだしも代表という帯同時間も短い状態でいい仕事をしてくれと言うのは酷という気がしています。もしサイドハーフのまま彼を活かそうとしたらチームで彼を高い位置に押し上げて、FWが流れてオーバーラップを出来るような素地を整えて上げなければならないのかなぁと。そういう工夫もなく、ただ彼の足元に納めてどうにかしてよ、っていうのはさすがに厳しいと思っています。

そういう事で加地選手はやはり4バックのサイドバックであり、僕は不的確なのかなぁと考えています。まあ彼が悪いのではなく、起用する監督が悪いのだと思いますが、それはもう今更という事で置いておいて、じゃあ今度はもう一つ積み重なって、これから代表が抱える大きな問題に掛かっていきます。

http://www.fcjapan.co.jp/mail_magazine/news/feature_view.php3?

ジェレミーさんの中田さんの起用に関したコラムです。僕もこのコラムにはおおむね同じ意見を持っています。確かに彼はオマーン戦には招集されておらず、直接的には関係ないのですが、まあ彼のコンディションが上がってくれば確実に招集されるし、その時に中田英寿はどこに入れるべきかと考える時はやはり右サイドハーフに入るべきではないかなぁと。中田の特性は、頑強な身体を活かしたボールキープとそれに繋がる独特なルックアップドリブル、そしてスペースを見つける目、戦術眼、と言う事になると思います。彼が入れば右サイドは大きな攻撃の起点として、チームがここをスイッチにどんどんダイナミズムを作り出す事は出来るし、彼の正確なパスがセンターにいる中村俊輔や小野伸二という才能を更に光らせて上げる事を可能にするのかなぁと。具体的に、彼の存在感、今までなしえてきた事はアジアではやはり最大の印象を相手に与える事になるでしょう。だからこそ彼はきつくマークされる。その中で彼の良さでもある早めの動き出しから簡単に裁く事で中のスペースを中村・小野がどんどんその空いたところでうまくスペースを使えれば、彼らの才能は活きるかなぁと。

守備に関しても加地のように運動量でどうにかという訳にはいかないですが、プレッシングや中盤で連携を取りながら高い位置で奪う仕掛けを出来るのではないでしょうか。ラインをぐーっと下げて守っていた日本のDF方式をもう一度見直すきっかけを彼のリーダーシップが与えてくれる事を期待したいなぁと。確かにポジション的にはチームに波及するのが難しいポジションですが、全体を見渡せるポジションでもあるだけに、もう一度今の日本代表のサッカーを変えてもらうにはやはり彼に頼るべきなのかなぁと(普通監督を変えてやっていくべきなんでしょうが、もう無理ですからね)

3バック前提で考えましたが、4バックに戻すという事も充分考えられます。ジーコも4バック好きですしね。あくまで3バックが今の日本には合ってると思ったのでとりあえず進めてみました。4バックでやるのならもっとラインを高く保ってスモールフィールドの中でラインDFと積極的な追い込みからのプレッシングを徹底する事と、4バックをやる選手達の距離感・コンビネーションなどもっと高めていかなければならないのですが。攻撃に置いても分業制からもっと流動化してチーム全体の運動量を増やして、オーバーラップや前線への飛び出しなどをやっていく事も必要になるでしょう。まあこの続きを実際に表面化した時にと言う事でwとにかくオマーン戦では結果が必要な訳で、とにかく予選に必要な結果をどうにか出して欲しいなぁと。未来があるかどうかはオマーン戦と言う事で、今日ここまでです。

|

« 今日のニュース雑感、嬉しいニュースがありましたw | Main | ミスと失点@J1 2ndStage 第8節 »

Comments

日本人プレイヤーの
不思議な病に
サイドアレルギー
があるんですよね
トルシエのときも
結局それが 確執になったりして
サイド蔑視が
中田にもあり パルマで
表面化した
ヒーゴはサイドでもスターだし
チームの中心
個人技が許される場所でもあるんですが
ライン際を走らされるのは
雑魚って言う
某マンガの影響もあるのかなと
直撃世代ですし
今は基本的には崩しは
サイドが多いんだから
花形って思っても
間違いじゃないんでは
サイドじゃもったいないよ
真ん中から崩してよって
言うのはマラドーナぐらいにしか
思えない

ただ中田は守備は自分は弱いと
それは本音だと思う
サイドは守備かなり求められる
ハーフでも

それを理由に拒否するであろう

本職が基本だと思います
ジーコはそこを無視しすぎ

その場所特有の動き
考え方判断が
あるのだから
本職を基本にすべき

右サイドは
いま調子の良い
プレイヤーから
チョイスすべき
田中ハルコン
こんだけ伸びるとは
最大の驚きですね

Posted by: 和製フリット | October 03, 2004 at 12:30 AM

確かにセンタープレーヤーとサイドプレーヤーのレベル的な格差が広がるのはあるかも知れませんね。ヒデは3ボランチとかのサイドが適正ポジションかなぁとか日に日に思っていたりするのですが、日本の選手が確かにサイドプレーヤーを余り評価しないというのもあるのかも知れませんね。

サイドが個人技の許される場所なのは確かですし、そういう部分が少しねじれているのかも知れませんね。有力プレーヤーはみんなセンタープレーヤーですし・・・・・。

ヒデの守備ですよね。彼はやろうと思えば出来ると思いますよ。というのも対人守備力だけがディフェンスではないし、そういう意味で味方にボールを取らせる技術や追い込みのやり方などはイタリア仕込みですし、何よりもボローニャでもスペースカバーなどは上手でしたし。サイドは確かに1vs1を仕掛けられるポジションですが、その辺はカバーを(苦笑)

右サイドの本職は・・・・。確かに現時点ではやっぱりレッズの山田ですかねぇ、調子イイですし、運動量的には坂本(ジェフ)とハユマかなぁ?やっぱり新井場とか使って欲しいんですけどねぇ。僕はサイドは縦に行くだけではなくて、ボールキープや起点となる働きも考えたらヒデでもイイかなぁと思うんですが・・・・。ユーティリティだと思うんですよね、ヒデは。と言うよりトップ下が本職ではないと思っているので(苦笑)ちょっと風当たり強いですね(苦笑)全員でカバーしながらやっていけば無理ではないと思いますが・・・・。まあ現状では難しいですかねぇ・・・・。ただ本職のメンバーも大してうまくないのが(自粛)

まあでもハユマに関してはまだまだまだまだです。というより連れて行かないで下さい(笑)ということでグダグダで申し訳ないです(苦笑)またよろしくお願いしますねw

Posted by: いた | October 03, 2004 at 02:06 AM

そういえば「中田の適正はトップ下よりサイド」とプランデッリは言ってましたね。

中田の右サイドハーフは僕もおもしろいと思うんですが、3バックのウイングバックとなると厳しそうに思います。ウイングバックとしての守備能力を考えてもそうですし、4バックのサイドハーフにあれだけ拒否反応を示した中田が、ウイングバックを文句なくやってくれるかが微妙です。しかも左は守備がざるなアレックスですし。
でもそれで機能するようならありがたいんですよね。トップ下は俊輔で目処が立ちそうですし。

ジェレミさんは、パルマでのサイド起用を「悪くはなかったので」と書いてますが、あれって今のジーコの352とは全く別物のような気がするんですが。

とりあえずヴィオラでどのポジションで起用され、どの程度活躍するかされるかですね。

Posted by: souno | October 03, 2004 at 06:06 AM

やっぱり気に掛かるのは守備というコンテンツになりますよね。ポゼッション取れるから問題ないなんて、僕は言えません(笑)個人的には3ボランチ気味に構えて、チームで守る形を構築していくと言うのが良いのかなぁと。個人で突っかけられた時が課題ですが、その辺はみんなで数的優位を作るような守り方をすると言うのは考えましたが難しいですかねぇ。確かに左サイドがアレですからねぇ。村井とか新井場のような選手ならまだしも。

自分の中ではアタッカーではなくミッドフィルダーとしてと言う感じですかねぇ。サポート、フォロー、そしてシンジのオーバーラップのカバーなど色々な部分でチームの黒子としてやって欲しいなぁと。

確かにジェレミーさんの言ってるのとは違いますよね。あの時は高い位置でムトゥ・アドリアーノとの3トップ気味で守備の時にはMFラインまで戻ってとMFとしてカバーするみたいな感じでしたよね。サイドバックもいましたし、守備負担という部分で全く変わって来ますからねぇ。ジーコのチームは個人でやる部分が大きいので書いた後に、だいぶまだまだ考えないといけない部分があるなぁと思っています。個人的には非常にリーダーシップがあって、クレバーな選手なんで、周りの選手とコミュニケーションをトリながらやればどうにか出来るかなぁと思っているのですが・・・・・、それ以上にチームにもたらすものは大きいかなぁと。なかなか難しいかも知れませんが・・・・。

確かにこれからのヴィオラでの働きを見て判断する必要がありそうですね。またもう一度考えてみたいと思いますwまたよろしくお願いしますねw

Posted by: いた | October 04, 2004 at 01:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595329

Listed below are links to weblogs that reference ヒデ右サイド起用説を考える。:

« 今日のニュース雑感、嬉しいニュースがありましたw | Main | ミスと失点@J1 2ndStage 第8節 »