« Naive Game@UCL GroupLeague Day-3 | Main | 最高のスペクタクル@UCL GroupLeague Day-3 »

October 21, 2004

色々と今日のニュース雑感。

昨日は何とも言えない理由でお休みしてしまったのですが、今日はとりあえず普通にやりますよwもちろんUCLのプレビューつきで。

http://d.hatena.ne.jp/diegomaradona/20041019#1098154653

diegoさんの「世界の終わりとフットボールワンダーランド」からのエントリー。というよりもうこれが気になって仕方なくて注目してました。ということでACLの来期出場権においてJとしては前期の天皇杯チャンピオン・ジュビロを送り出したいという意向だったのですが、AFCの意向としては今年の天皇杯チャンピオンを出してほしいとのことで、多分こっちになるんじゃないかって話です。去年のA3とACLのスケジュール問題でも綱引きに負けてこっちに被害が押し寄せてきたりしたわけで、そう考えるとdiegoさんの見解通りになりそうですね。しかしそうなる云々にマリに関してはまずはきっちりとリーグを戦いながら戦力を整えて、狙えれば完全優勝、もちろんそれが厳しいのも間違いないわけでそうなるとチャンピオンシップに向けてというのに全力投球ってことですね。個人的にセーフティネットが張られた感があります。去年のこと?知りません(笑)とにかく今年は天皇杯も熱くなりそう。ふと思ったのはそうそうないと思いますが、アマやJ2のチームが取ったらどうするんだろう?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/2004102000000020spnavi_otspo.html

でもう一個マリ関連。ドラゴン、椎間板症ということで当分は出れないとのこと。うーん、やっぱりそういうことなんだろうなぁ。今までのパフォーマンスや精神的なブレを見ると・・・・・。正直あんまり回転していないから疲労はたまってなかっただろうし、これからコンディションが回復したら安様を休ませて、ドラゴンにがんばってもらいたいなぁと思ってただけに残念。でもこれはすでに慢性化していいパフォーマンスもできないのだろうから、ここできっちりと直してほしいところ。鶴ってことで。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/2004102000000031kyodo_spspo.html

オマーン戦で退場処分とされた鈴木通訳は1試合のベンチ入り禁止という処分が下ったそうな。これでトゥーリオをベンチに呼ぶことにしたらいいのに(笑)声もでっかいし。もしかしてカズはそのため?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/2004102000000000kyodo_spspo.html

これは悲しいニュース。サッカー界もやっぱり薬物に汚されていくのかなぁ?ユーベの問題もあったわけですが、今度は違う薬物ということになるのかなぁ?コカイン。これはほんとにクロなのかというのはありますが、2年間の出場停止というのはキャリアの絶頂(チェルスキーで出れていないのはあるけど)では本当に彼にとっては絶望的・・・・。ルーマニアも予選で好調だったし、ほんとに何といっていいのやら。

http://www.1101.com/francorossi/index.html

でこれはほぼ日のフランコさんのコカインに対する失念の意。バキーニがこういうことになって今度はムトゥ・・・。以前からというつもりはないですがイタリアサッカーの負の部分を持ってきてしまったのかもしれませんね。とにかくムトゥのプレーを楽しみにしている人もいるわけで、シロであることを願うばかり。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/2004102000000004spnavispo.html

これは何てことないニュースですが、かなりこれからのサッカー界に大きなムーブメントを起こすかもしれません。今までG14の会合でもよく言われていた代表チームの選手の負傷などによる補償の部分。FIFAは一貫してはねつけてきていましたが、確かにバイエルンが主導権を握るブンデスリーガとはいえ、これに同調するリーグもあるかもしれないし、そうなるとこれから行方が気になるところ。キャプテンはこの事に関してはどう思うんだろう?代表だけじゃないにしても怪我をしてプレーできない人は事実として多発しているわけでそう考えると、日本も他人事ではない気がする。

でプレビューです。個別にやるのはそろそろ終わりにして、グループリーグの行方もあるので、各グループごとにやっていきます(また思いつき)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/2004102000000034spnavispo.html

Group F ACミランvsFCバルセロナ@サンシーロ

もう盛り上がりとしては絶頂ですよね。ほんとに期待していますが、この台風のせいでさっきからスカパーが不安定なのが一番不安なわけです。それにしても両チームとも、チームの軸となるべき選手をどこまでケアし切れるのか、どこまで彼らが活きることができるのか、その辺に比重がかかってきそうです。もちろんバルサはシャビ・デコ、そしてミランはコントロールタワーのピルロということになるわけですが、このチームのポゼッションにおける軸が二人ということになるのですが、ここが自由になってしまうと非常にボールがスムーズに回っていい状態で有能なアタッカーたちが働ける状態を作られてしまうということで、プレッシングというか中盤DFはどこまでケアできるのか言うのが見所なのかなぁと。ミランはある程度ラインを設定して中盤の守備ブロックも決めてやっていくわけですが、ガットゥーゾとシードルフがシャビとデコは結構ポジションを変えて動いてくるのを捕まえられるのかという部分が気になります。特に3枚のアタッカーとの兼ね合いもありますし、そう考えるとDFラインを丸裸にもできないから、オリジナルポジションをどこまで保つのか、離れるのかというというところがかかってきそうです。逆にバルサは前へのアプローチが肝なので、ピルロのポジションも波に飲み込む必要が出てくるわけで、そこでうまく網にかけられるのかという部分がポイントですね。ここでうまく裁かれてしまうと、いくらアンカーがいるとはいえカカやカフーといった選手にどんどん上がられてしまうわけでこのアタッキングエリアの前は勝負の趨勢を決めそうです。まあアタッカー陣が存分に見せてくれれば、それだけで十分堪能できそうですけどね。とにかく台風勘弁!

Group F シャフタール・ドネツクvsセルティック@オリンピスキー

ここはグループ突破はもちろん、UEFA圏内を見据えて重要な2連戦となりそう。今のところ守備の堅さはある程度両チームとも計算できるチームなのかなぁと思うので、そう考えると攻撃陣がどこまでやれるのかというのがポイント。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/2004102000000033spnavispo.html

Group G バレンシアvsインテル@エスタディオ・メスタージャ

このグループの趨勢を最も左右する1戦になるのは間違いないわけですが、この試合に入る前の状態がだいぶ違いますね。亜じゃらの復帰はまだめどが付かず、アイマールは何とかまにあったもののビセンテは何とも言えない状態。そして前節のセビージャ戦ではリーグ戦初黒星と悪いことづくし。もちろんこれで膿を出し切ったということになればいいのですが、まだまだ苦しいことには変わりません。ミスタが復帰予定ということでそこには期待したいところ。インテルはウディネとの試合でようやくヴィエリが目覚め、相変わらずアドリアーノ神は絶好調で二人のコンビもようやく合い始めたということでバレンシアにとっては怖いことに変わりはありません。インテルはまだまだ不安定なもののとにかく破壊力を秘めているだけに、どこまでそれを初期段階でつぶしていけるかにかかってきそうです。やっぱりバラハとアルベルダということですね。インテルはどこまで前の2人にボールを供給できるのかということで、ヴェロン、スタンコビッチが鍵かなぁと。そういえばあのクーペルを巡るダービーの因縁もあるわけで楽しみwしかしこのレビューじゃホームが逆みたい(苦笑)それだけ苦しいということなんですけどね。

Group G アンデルレヒトvsヴェルダー・ブレーメン@コンスンタン・ファンデン・ストック

ブレーメンがこの2連戦で勝ち点を伸ばせるかというのはほんとに鍵になりそう。ただアンデルレヒトもそんなに甘い相手ではないわけで、まだまだ狙っているということでどうなるかはほんとに気になります。ドロー希望(笑)ブレーメンは流れが悪いしね。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/2004102000000032spnavispo.html

Group H チェルスキーvsCSKAモスクワ@スタンフォード・ブリッジ

アブラモビッチダービーということですが、チェルスキーとしてはどうやってゴールを取るのかというのが気になるところ。ゴールが取れないというのが、目下の課題なだけに気になるところ。CSKAは首位に立ったようで好調なのかなぁ?ワグネル・ラブなど能力の高い選手は多いので、その辺はやはり注意が必要かも。

Group H パリ・サンジェルマンvsFCポルト@パルク・デ・プランス

やっぱりこの言葉しかないでしょうね、崖っぷち。PSGにとってはロテンが復帰ということで吉と出るか凶と出るかってことなんでしょうね。ポルトは徐々にヴィクトル・フェルナンデスのメソッドが浸透してきて攻撃的なサッカーが成績に反映してきているだけにアウェーで勝ち点3を取れれば反撃の大きな足がかりになるだけに、ここは取りたいところ。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/2004102000000035spnavispo.html

Group E パナシナイコスvsアーセナル@アポストロス・ニコライディス

凶悪アテネに乗り込んで勝ち点3を狙うアーセナルはもちろん飛行機乗れない人が欠場に加えてヴィエラも欠場。ただセスクも絶好調だし、攻撃もうまく回っているだけにここできっちりと勝ち点3を取りたいところ。UCLとの相性をよく言われていますが、自信でしょうね、それだけだと思います。パナシナイコスは何ともいえない・・・、でもこういうチームはホームはめちゃ強いのは明らかなので、結果がほしい。

Group E ローゼンボリvsPSVアイントフォーフェン@レルケンダル

力的には仕方ないとはいえ、ここで勝ち点が取れないとなる苦しくなるローゼンボリですが、ホームでの強さは前節証明済みなだけにここでは勝ち点3をどうにか成し遂げてグループリーグ突破へ希望をつなげたい。PSVは普通に調子いいので何とか勝ち点を取って、ホームでのフィリップスにつなげたい。

ということでミランvsバルサに力を入れすぎたため、知らないチームはだいぶ簡単なことしか書いていないですが、昨日の試合も含めて連戦となるカードの1戦目なだけに次の試合に後遺症をのこすよう試合だけはしたくないところ。今のところ雨が落ち着いているので、このまま3時半まで落ち着いていてくれ!ということで長くなってしまいましたが、今日はここまでです。IME本当に慣れない・・・・・。

|

« Naive Game@UCL GroupLeague Day-3 | Main | 最高のスペクタクル@UCL GroupLeague Day-3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595347

Listed below are links to weblogs that reference 色々と今日のニュース雑感。:

« Naive Game@UCL GroupLeague Day-3 | Main | 最高のスペクタクル@UCL GroupLeague Day-3 »