« Count Down@J1 2ndstage 第11節 プレビュー | Main | 基礎技術。 »

October 31, 2004

切り替えの重要性@J1 2ndStage 第11節

お久しぶりです、元気にリスタートと行きたいのに悔しい負け・・・・・。と言う事でJです。終盤戦の重要な一戦もあり、プライドの交差する試合ありと盛りだくさんでした。明日の分はとりあえず置いておいて、レビュ。

http://www.geocities.jp/loose_page/marinos_next/marinos_2nd_11.html
鹿島 3-1 Fマリ@カシマスタジアム
Kashima:セット3発悪魔の右足(岩政、鈴木、小笠原) Fmari:坂田

希望の火を消さないためにもどんなに苦しい布陣だろうと勝ち点3がほしいこの試合で鍵を握ったのはセットプレーでした。流れの中での試合展開を見たら妥当でしたが、最近ずっとキックの質の高さを保ち続けている小笠原のイマジネーション、軌道、スピードなどが素晴らしかった。ただ、何よりも守る方が安易だった事も否めない。そして確かに今までは結果に繋がっていて喜びを与えてくれていた奇跡に繋がる猛攻がもたらしてしまったのは、自らの怠慢となって跳ね返ってきてしまったかなぁと。

とりあえず注目試合に代わりはないのでレポート、スタメンです。

鹿島:GK曽ヶ端、DF右から青木、大岩、岩政、新井場、MF中田浩二、フェルナンド、小笠原、本山、FW鈴木、深井
Fマリ:GK榎本達、DF右から田中隼磨、松田、中澤、柳想鐵、MF那須、大橋、清水、佐藤由紀彦、FW安貞桓、坂田

久しぶりに4バックを引いてきたマリノスですが、そんなに不自然な事もなく、中盤でも慣れない選手達にもかかわらず鹿島の非常に質の高い中盤に対して、ハユマ・柳含めたボール回しなどに淀みを感じる事はありませんでした。しかし最後の部分ではやらせてもらえず徐々に小笠原にボールが渡り始めるといい形で攻撃をされるようになると、鈴木が倒されたところからの長めの距離のセットで小笠原のキックが糸を引くように岩政の頭に合い、見事にドフリーで決められて重要な先制点は鹿島に入る。(余談ですが、この岩政という選手はうまいねぇ、さすが超期待のルーキー、ヘッドに入ってくるコース、タイミング、そしてジャンプとセンスがいい、まだまだビルドアップとか経験値の必要なプレーは荒いけど)追いつきたいマリですが、どうも中盤が落ち着かず、なかなか起点が作れないのに対し、鹿島はやはり小笠原が落ち着いたキープと広い視野、そして高いキック精度を中心に攻撃を構築され、質という部分で差を見せつけられたと言う感じでした。ただDFの意識が非常に高く、プレッシングもきっちりと掛かり、ラインコントロールしていた事で何とか我慢する事が出来ていましたが。マリは中盤でスペースが作れず、足元足元になりがちで流れが出ないのに対し、鹿島はボールを奪った後、早く展開し、局面打開出来る本山・深井が引きつけて、青木などをワイドオープンで走り込んできた選手をシンプルに使うという形が出来ていたのが印象的でした。そんなところでの差は確かに感じた部分はちょっと感じてしまいました。ただそんな中でも試合に慣れた大橋が右サイドのスペースに飛び出してグラウンダーのクロスをDFとGKの間という教科書通りのコースに流し込むと曽ヶ端・岩政と来ながらも坂田が左足で流し込むが合わせきれず追いつけない。そうすると先制点と同じかと思うくらいのタイミング・距離でFKになると小笠原の蹴ったキックは今度は那須よりも早く動き出していた鈴木がすらすような形で当てたヘッドはゴールに吸い込まれ、2点目。そしてすぐ終了と最悪の状態で前半を終わりました。

後半に入って喝が入ったのか、修正が効いたのかわかりませんが、動きも良くなってきた事があったのとチームが能動的にサイドで動き出した事が活性化させ、大橋を起点に由紀彦ダイレクトで中に流し込むとオーバーラップしたハユマが中に折り返し、そこを前半は同じような形ではずしていた坂田が今度は難しい形ながら流し込んで一点差に追いつく。この後もボールの流れは前半とは変わって少しスムーズになりました。しかし、鹿島も落ち着いてリズムを整えてしまったため、混乱に乗ずるような形で攻撃をする事が出来ませんでした。アタッキングサードでの想像力や局面打開のような効果的な仕掛けが今一歩工夫に欠けていたため、相手も対応しやすかったのかなぁと。単純にサイドからのクロスボールか、入れられないからミドルシュートみたいな形しか作れなかったと言うものはやっぱり事実。違った形の方が何かチャンスになっていた事を考えるともったいなかったかなぁと。逆に鹿島はボールを奪ったら早く縦へ、スペース出来たら使うという感じでチームが一気に動きだしを始めて、カウンターを狙う形を見せていました。そんな感じでどちらもチャンスを作り出す上下動の激しい拮抗した展開が続きましたが、試合通じて多かったイエローカードが展開を動かします。セットプレーのリフレクションを大橋が拾うとそのまま突破をはかる、そこで本山のスライディングタックルが足に掛かり、2枚目のイエローで退場。これでマリは数的優位を持つ事になる。しかし、鹿島はここから小笠原をボランチラインまで下げて、432と言う形できっちりとセンターを消す形にした事でチーム全体の守備の意識は逆に高まり、スペースが消して、こぼれ球を拾うという事がきっちりとチームにあったのかなぁと。攻撃に関してもFWは突破よりキープで時間を作って上がってくる選手を待つと言う部分もチームとしてやり続け、久しぶりに鹿島らしい勝負所でしたたかな部分を見せられました。マリはパワープレーに出たものの逆にマツが上がりっぱなしになった事で那須が後ろにカバー、そうすると大橋も前え掛かりになっているため中盤に大きなスペースが空き、切り替えの早い鹿島の中盤ににセカンドボールを支配されてしまうという悪循環になってしまい、攻め立てる状況まで作れませんでした。そして深い位置でFKを取られてしまうと、壁の距離でごちゃごちゃやっている間に中で一人待っていた中田浩二の早い動き出しから小笠原のニアへの鋭いボールが通ってしまい、中田浩二は触れなかったもののそのままゴールに吸い込まれて、全てが終わってしまいました。と言う事で結果は3−1。終わってみたら精神的にも内容的にもだとうかなぁと言うような試合になってしまいました。

今まで何とか内容は悪くないという部分でつなぎ止めてきたプライドは鹿島の質の高さに崩されてしまいました。元々選手達が言うほど、レッズ・FC東京との試合以外は首をひねる感じでもあったのですが、ここでついに日の目にさらされてしまったのかなぁと。ただ今日は素直に鹿島の良さが上回ったと言ってもいいのかも知れません。運動量が多くて、中盤もフレキシブルに攻守を切り替え、フリーランニングも多く、それを精度の高いパサーがうまく使い、そして守備の集中が失点シーン以外途切れなかった。勝つべくして勝ったという試合だったのかなぁと。まあ優勝の可能性も完全に消えたわけで、そう考えるといい薬になったのかなぁと。「いい内容」と「まだ望みはある」という言葉を隠れ蓑に修正できなかったポイントをこの負けできっちりと現実を見つめて原因を究明し、もう一度マリがいいときの形のサッカーを新しく組み直さなければならない必要性をチームが感じてくれれば、この結果は必要なものなのかも知れませんね(逆説的なんですけどね)

ただ試合を通じて気になった事なのですが、奥や上野、遠藤という普段攻撃的な仕事を担ってきた選手達がいなかった事もあって、ラストボールを躊躇するシーンが多々ありました。もちろん展開する事は必要ですが、坂田・安と素晴らしい動きだしをしたときもどうも自分の技術を信じ切れず出し切れずにサイドに逃げる、その勇気という部分が今日の清水や那須には足りなかったかなぁと。崩せる所でチャレンジすると言う気持ちがこの試合でほしかった。逆に鹿島がいい形で攻撃を作っていた事を考えると足元足元となってしまったのはそのタイミングの遅さが原因かなぁと。パスだけじゃなく、シュート、センタリングなど一つ一つが遅いなぁという部分が決定機の数が少なかった原因かなぁと。それともう一つ濡れたピッチがファーストコントロールの質を下げて、ミスが続発というシーンも目に付き、基本的な技術力というものの荒さも出てしまいました。何となくですが、何でもないプレーにミスが多かった事がリンクして、このタイミングで!、っていう部分での積極性のなさに繋がってしまったのかなぁと。精神的な部分が影響してプレーセレクトが反転してしまったと言う事もこれから考えないといけないですね。まあ普段そんなに多くのプレータイムを得れていないメンバーと多かったという事で多くを求めても厳しいかなぁという感じはありますが、運動量や戦う姿勢だけでなく今までもこういう試合で苦しんだ要因をきっちりと分析して、技術不足という事も考えたら、もっとうまくなってほしいなぁと。

まあ厳しい事も書きましたが、これで下を向かないで前を向いてほしいなぁと。先には決戦があるのですから。と言う事で「Marinos NextMatch Preview!」上げました。まあこっちの方が詳しく書いたのですが、よろしかったらどうぞ。

セレッソ 0-2 レッズ@長居
Reds:凶悪2トップ揃い踏み(田中達也・エメルソン)

青年、何が君をそうさせるんだ・・・・。ひじうちはまずいよ。最近はカードも減ってきて精神的に成長してるのかなぁと思ったのに・・・・。こんな話も出てるんだから、感情は前に出してもいいけど手は出すな!ていうかチームが一番大事な時期にエースの自覚!期待してるんだから。

と言う事でやっぱり先制点。セレッソにとっては痛すぎです。こうなるとレッズは勢いに乗るし、反撃に出たいけどどうしてもバランスが崩れるとレッズに飲まれてしまい、攻撃を作る事さえままならない。確かに大久保が苛立つのもわからなくはないような袋小路に迷い込んでしまいました。今までより出来は悪くないと思いましたが、チーム力の差がありましたし、ミスが出てはさすがにそんなにレッズは甘いチームじゃなかったのが運の尽きかなぁと。レッズも仕留めるのに時間は掛かりましたが、そこはさすが勢いのあるチーム、きっちりとエースのゴールでいい流れを継続したまま、今シーズンの初タイトルのかかる試合にいけるという事で・・・・ちっ、つまんね。でも去年までの教訓がチームにきっちりと浸透しているのでしょうね。プレッシャーが掛かる試合でも堅くなった気配さえ見せなかったのは、逞しくなった証でしょうね。まだわかんないけど、これからずっとレッズの試合見て、研究しようっと。逆にセレッソはレイソルの試合が延期になったとはいえ、また一歩苦しい立場に追い込まれてしまい、両チームの正反対の時計の針は進むという結果になりました。

読売 1-2 ジュビロ@味スタ
Verdy:ワンダーボーイ2点目(森本) Jubilo:若き力スパーク(太田2アシストから前田・西野のFWコンビ)

ジュビロは出場停止もあって結構スクランブルだったんですが、服部がリベロでFWには西野が久々にスタメンに名を連ねました(大体西野自体は悪くないのに今まで起用されない方がおかしい気もするけど)一応注目してたので、簡単にれびゅ。

読売は前節の良い流れを継続して同じメンバー。読売は非常にパスが良く回り、いい形でアタックに入る形を作っていましたが、前節の素晴らしかったダイナミックなアウトサイドが余り使われず(アウトサイド自体余り出来が良くなかったけど)決定的な形を作るまでには至らず、逆にジュビロがペースを少しずつ引き寄せると福西のヘッドがバーに当たったり、とチャンスも作るとヴェルディのカウンターに悩まされるものの、大事なところ時間が掛かってしまいしのぎきると太田が右サイドからクロスを上げると前田の素晴らしい積極性が表れたシュートがテクニカルに決まって先制します、その後、またもや太田の高い位置でのカットから中央にラストパスを通すと西野がきっちりと決めて2点差に。決定力の差が現れる前半でした。

後半にはいるとビハインドを追った読売が前に出るものの、平本がゴールがら空きの決定的なチャンスを逃したりと、なかなか点差を縮める事が出来ず、またジュビロも守備の意識がきっちりとしていたため、なかなか崩す事は出来ません。相手も飛ばしすぎたのか勢いも減ってしまいまった事できっちりと守りきり、ロスタイムに森本にプロ2ゴール目を浴びてしまったものの、きっちりとジュビロが勝ち点3を取りました。

うーん、予想してた展開とは違いましたが、決定力って事なんでしょうかねぇ。やっぱり気まぐれなのかなぁ・・・読売はエスパ戦の素晴らしいパフォーマンスはフリーランニングが次から次へと出ていたのに、それが減退してしまい、どうしても崩しきれない事で時間を消費してしまいました。あのパフォーマンスがどうやったら出るのか、もう一度あの試合のイメージを取り戻してほしいなぁと。逆にジュビロが勝負所で見せた決定力はさすがと言ったところでしょうか。内容はそんなに良くないものの、ここまで立て直した鈴木監督をここで切ってしまっていいのか悩んじゃいますね(決まってる事なんですが)まあこの2節で若手が大きな希望という土台を作っただけに、山本監督がどのようなチームを作るのか楽しみなところです。

他の試合。

トリ 2-0 楽天@ビッグアイ
Trinita:吉田孝行、マグノ・アウベス ハーフタイム退場?北本(暴言?)

エスパ 1-2 グラ@日本平
Spu:沢登 Gra:マルケス×2

日曜日開催分。
ジェフ 2-2 ガンバ@市原臨海
Jef:あべっちいい仕事(羽生、OG) Gamba:ヤット、二川

優勝への執念がガンバにもジェフにも見てえた試合でした。その中で焦りもあっただろうけど、勝負所できっちりと結果を出したガンバの個々のスキルは非常に素晴らしかったし、前半の我慢強くゲームを進め、追いつかれた後の反発力で優勝への執念を見せたジェフ、けど引き分けで一番喜んでいるのはレッズでしょうね。これで勝ち点差は7。もうほぼ終戦と言ってもいいぐらいの差が首位との間に横たわる事になってしまい、内容や試合展開云々ではなく両チームに激痛という事になってしまいました。これでほぼ確定かな・・・・。神さえもレッズに味方したという事でしょうね。ジェフはもったいない試合と言ってもいいけど、これはよくオシム監督が言う「メンタリティと選手の経験、そして選手の限界」と言う事になるんでしょうね。ガンバの技術力に押し切られる形になってしまいました。ただもし(もしなんて厳禁なんですが言わせてください)マルキかサンドロがいたら勝てたかなぁと。それでもこれだけの試合をするのは素晴らしいけど、やっぱり最後の一押しを担っていた選手達の不在は最後に来て大きかったかなぁと。サッカーはホントにナイーブでまたシビアだなぁと思うゲームでした。

一つだけ寂しい事はこんなにシビアでセカンドステージの趨勢を決める様な重要なゲームなのに、観客数が寂しい・・・・。来年にスタジアムが変わったら変わるのかなぁ?

サンフレ 1-1 FC東京@ビッグアーチ
San:森崎和幸 FC:ルーカス

はいはい、ナビスコって感じですよね。今シーズンフル回転に近かった金沢とベテランの文丈、そして攻撃の中心ケリーがターンオーバーで休み、怪我でナビスコ決勝に間に合うか微妙だったFC東京のサッカーに欠かせないダイナミズムの塊、戸田とチームに足りないものを持つ梶山がナビスコ前に復帰できた事はチームにとって大きいのかも。今となってはこの試合に掛けるよりナビスコを見据えた試合が出来た事のは好材料ですね。茂庭がどっか痛めてたというのは平気なんだなぁ。

と言う事でお休みした分、力入れて書きました(またですが)いい試合が多いし、チームによって色が沢山出てきておもしろい。明日の試合がどうなるかによってはホントに来週あたりには決まっちゃうし、決着つけてほしいなぁと(ご都合主義)まあとにかく今日はここまでです。明日また追記できたらしますw

|

« Count Down@J1 2ndstage 第11節 プレビュー | Main | 基礎技術。 »

Comments

マリノス
レッヅ
のチャンピオンシップ
楽しみですね

日本のサッカーの方向に
影響を及ぼす
関が原
になるやもしれませんね

スライヂングについてですが
どうも
スライヂング イコール 反則
みたいな レへリングが
感じられます
ユリゲンコーラー
のスライヂングみたいに
お手本になる素晴らしい
スライヂングが
大好きなんです
もちろん
大怪我になる可能性のある
悪質なのも
ありますが
正当なタックルの
素晴らしさを
もっっと評価すべきです

素晴らしいシュート
すばらしいパス
もちろん
たのしいです

しかし
パスカット
インターセプト
プレス
体の使い方
シュートコースの消し方

1998
日本クロアチア
中田のパスの癖を読み
見事カウンターにつなげた
プレイ
あれで
中田は批判され
人間不信に
なりましたが
相手の素晴らしい
プレイもあったということです

ゴールを奪うこと の美しさ
ボールを奪うこと の美しさ

アルヂレスについてですが
やっぱり南米は
省エネに
いいイメージをもってるんですね
今のベルヂー
のサッカーにそこそこ
満足してるというのは

そういうのはあっていいとおもいますが 
強かったベルヂーは
少なくとも
ボールホルダーへの
チエックはしっかりしてましたよ
ほかのチームのほうが
プレッシャーゆるかったぐらいで

ジーコのサッカーも
適度に省エネするために
引いておけって
指示してるんでしょうね
ハルカンも
オフサイドをとる守り方は
嫌ってましたね
そういうリスクはとりたくないんだと

ブラジルのサッカーは
ブラジル人のトップレベル集めてやれば
最強レベルのサッカーだと思います
しかし
あれやってるのは
ブラジル代表だけ
クラブでいえば
レアルぐらいでしょう
一番
うまいやつ集めて
きめごとすくなめにして
あいてを
ちんちんにして勝とうぜ
ってのは

ブラジルの美学
うまいやつばっかりで
フットサル張りのサッカーでかつってのは
今の日本には
高すぎる理想
ではないかな

Posted by: 和製フリット | October 31, 2004 at 11:00 PM

CSは楽しみですね(なんて悠長な事は言ってられませんが)今のレッズは試合をする事にどんどん大人なチームになっていってる気がします。まあだからといって簡単にはやらせるつもりはありませんけどね。

レフェリングに関しては、もう言ってもしょうがないので、スルーさせてください。J基準というもの自体の詰め直しというものが必要ですね。スライディングに関してはまあその前にスライディングする方の技術・タイミングの悪さの方が目に付きます。ドリブル技術の方が上回ってるからこそ、なのかも知れませんが。DFの美しさは今はもうなかなか難しいですね。前は守備自体を芸術の様に見せてくれる選手がいましたが、今は個人で守ると言うより組織で守るというのがきっちりと浸透しているのでなかなか難しいですね。なかなか理解されずらい部分もありますし、テレビがあれでは・・・・・。

南米型というので判断する気はないのですが、技術が高いからこそボールを失わない、だからこそ守備負担が低いと言うのもあるかなぁと。基本的に守備におけるコンセプトというものを余り感じないのと、余って守るという形があるからこその守り方なのかなぁと。余り見ないのでわかりませんが。ただ何よりもまずは攻めるという観点があるからなぁと。

今のヴェルディが難しいのは、オリジナルポジションを崩して攻める形が多いので、その分のリスクというものが高いです。レッズもそうですが、レッズの場合は高い位置できっちりと遅らせると言う事があるのですが、それが整備できていないというのが安定した戦いを出来ていないのかなぁと。

まあブラジルはブラジルですし、レアルはレアルと言う感じでもうすでに文化ですし、そのための人材を生み出すし取ってこれると言う事があるからですし、なかなか真似が出来ないですよね。僕は個人的にブラジルの真似は出来ないと思います、うまいと思われてる選手以外の基本技術は低いし・・・・。と言った感じです。まとまってなくてすいませんが、またよろしくお願いしますね。

Posted by: いた | October 31, 2004 at 11:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595300

Listed below are links to weblogs that reference 切り替えの重要性@J1 2ndStage 第11節:

« Count Down@J1 2ndstage 第11節 プレビュー | Main | 基礎技術。 »