« 意地と勢い@J1 2ndStage 第10節 プレビュー | Main | 今週の気ままヨーロッパ、ビッグカード祭り。 »

October 24, 2004

頂への熱闘@J1 2ndStage 第10節

えーと、遅くなりましたが、いいところでした、仙台。地震でびっくりしましたが帰りの飛行機でゆったりしながら、帰ってくるなり試合を見て、一応休んじゃったお返しじゃないですが、いつもより2割ぐらい力入れて書いてみました(笑)だってアクセス数減ってるんだもん(笑)とにかく大変なことになってるみたいですが早速Jってことでレビュ。

鹿島DQN 2-3 レッズ@カシマ「発煙筒&乱入暴力」
Kashima:岩政、小笠原 Reds:田中達也×2、エースの一発エメ

ということでやっぱり熱くなりすぎちゃいましたね。でも試合自体はSRが不安定なジャッジを見せた他は非常におもしろいエキサイティングなゲームになりました。この試合だけは生で見ることが出来たので一番に。注目カードということでスタメンからレポート。

鹿島:GK曽ヶ端、DF内田、大岩、岩政、新井場、MF中田浩二、フェルナンド、小笠原、本山、FW鈴木隆行、深井
レッズ:GK山岸、DFアルパイ、トゥーリオ、内舘、MF鈴木啓太、長谷部、山田、アレックス、永井、FWエメ、田中達也

この日も序盤から前線に圧力をかけて積極的に仕掛けていくレッズは山田と永井のポジションが変わっていたような感じを受けました。ラインを決めてビルドアップの際のボランチに入ったところを狙っているような感じでした。ボールを奪うと早めに左サイドに展開して、アレックスのところで起点を作り、そこからの攻撃でチャンスを作っていきました。鹿島としては押さえに行きたいところですがボランチが中に収縮してしまい、誰がどこにつくのかと言うところが非常に不明瞭でぽっかりと空いてしまうというものが多く見受けられました。そんな感じでレッズペースの中、アレックスからバイタルエリアの永井に繋がると、非常にアバウトな(どっちに出したんだろう?)ループパスがぽっかりと空いたセンターのスペースに落ち、そこを最初は外に動き出していた田中達也が動き直して中に平行移動して飛び出すという巧みな動きでラインを突破すると心憎いばかりのループで曽ヶ端を抜いてあっさりと先制します(先に書いておきますがこれは新井場のミス。大岩は流れていった田中達也の存在にすら気づいていなかったのだから(完全に意識がエメに行ってたし)コーチングしなければならなかった、それがゾーンデマ盛る受け渡しの鉄則、曽ヶ端でもいいけど)奪われたくなかった先制点を奪われた鹿島は、反撃に出ますが先ほど書いたとおり狙われた感のあるボランチにボールを納めることが出来ず、小笠原や本山が動き出してもらわなければなりません。しかし、そこから二人とも特徴を出してどんどん局面打開をしていき、攻撃も深井がアルパイとトゥーリオの間をよく狙っていた感じでチャンスを作っていくと、いい流れの中でイイボールを繰り替えし蹴っていた小笠原のスピードがあって曲がるボールをドンピシャの高い打点で岩政が合わせて同点。その後も両者のアタックゾーンでのせめぎ合いが続く。レッズも鹿島も左サイドで起点を作り、ドリブラーがどんどん局面打開を作り出す。その中でアレックスの巧みなドリブルをペナ近くで倒してしまうと、このFKをアレックスが狙いバー直撃、このリフレクションを田中達也が反応してヘッドで押し込みまたもや前に出ます(これはマークについていた選手が甘かった・・・・)しかし鹿島も本山のドリブルでの局面打開がアクセントになりいい攻撃を仕掛け、終了間際に右サイドで相手につかれながら内田が出したボールがぴったりと相手のオフサイドトラップをかいくぐった(これは巧みな動きだった・・・)小笠原にぴったりと通りファーストとラップからシュートまでキレイに決めて、同点。いい時間帯でゴールを取ったということになりました。2-2という取り合いの流れで前半終了。

後半開始時に一枚もらっていて本山・深井に振り回されていたアルパイが怪我と言うことで堀之内にスイッチ。後半も両チームともアタックゾーンに入ると非常に攻撃がスムーズになり、どちらも可能性を感じる攻撃を仕掛ける。この試合では新井場がいるためか山田が右サイドにはいることが多く、その分永井が高い位置で仕掛けることが多くありました。エメルソンには厳しいマークが付いているものの、田中達也とのコンビが非常に機能していて、2人で決定機を作るなど、中盤が苦しんでいるときも脅威を与え続けます。しばらくは両チームとも対等に試合を進めますが、この交代が一気に流れを変えました。深井に変えて本田を投入した鹿島は本山・新井場をそれぞれ一列ずつあげ、フェルナンドを右に配した352にスイッチ。これが一気に状況を悪化させてしまう。間延びの兆候を示していた徐々にレッズが押し込まれてしまうと、前半のように押し返す力も、素早い切り替えも出来ない、前線で起点も出来ず、消耗度合いが一気に表面化させてしまいます。何とか後ろで人数をかけて守ることで同点を保っていたのですが、相手の勢いを止めきれず、カウンターの形から長谷部がドリブルを長い距離をすると中盤の守備ブロックがそれを阻止できず、FWが両サイドに開くとエメルソンに通され、エメルソンはアレックスのオーバーラップを待つようにキープしながら相手がアプローチに来ないことを見て、外から巻くようなコントロールシュートを沈めてしまいます。対応していた岩政には難しい対応でしたが(数的同数で外回ってたから飛び込むわけにも行かないし、かといって行かなかったからこうなってしまったのですが)この状況でものすごいすばらしいゴールを決めたエメルソンを褒めるべきかなぁと。この後の残り時間、鹿島は捨て身で左の新井場を使おうとしますが、消耗しきってキレも精度もなくチャンスを作り出すことは出来ず、セットから鈴木のバックヘッドも枠をとらえることは出来ず、ジエンド・・・・・。レッズはこの苦しい試合で最高の結果を導き出すことに成功しました。

今日は鹿島はほんとにいいサッカーをしていたと思いますが、いかんせん相手が相手なだけに、そのサッカーを維持することが出来ませんでした。レッズは早めに前線に入れて独力突破を狙ってくるから切り替えの部分で非常にパワーを使ってしまったからこその終盤の失速に繋がったのかなぁと。後半もし運動量が継続していれば同じようにどうにかなったかも。個人では小笠原がやはりこういう試合では素晴らしい動きを見せていて、攻撃の核としてうまくできていました。ただシステム変更で一気に存在感が消えてしまった・・・・。レッズはボランチという起点をつぶすことに成功しましたがその前である小笠原・本山にやられてしまっていました。本山の巧みなドリブルワークから中盤を引きはがされたり、小笠原のキープとパスに振り回されたりと何度も危険なシーンを作られたりとゴールはとれるものの難しいゲームになっていました。チームにおいてはあまり機能しているとは言い難いときに頼りになった2トップは仕事をしてくれました。もちろん2人で3得点という結果もそうですが、何よりも二人で崩してフィニッシュまでいける回数が多く、それがチームを助けたのかなぁと。うまくいかないときにこういうスペシャルな選手がやったことは非常に大きいです。

勝負の綾としてはやはり鹿島のシステム変更と運動量の減退ということになるでしょうか。切り替えの早いトランジッションゲームだっただけに中盤に多大な負担がかかる試合でしたが、特に鹿島の中盤にはそれが重くのしかかり、それが最終的にはチームの質を下げてしまったのかなぁと。疲労でミスが多発してまたカウンター、そして押し込まれる、しのいでも切り替えられないから攻撃も単発、また攻められると後半の15分くらいから負のサイクルにはまってしまった時点で後は我慢比べの側面もあったのかも知れませんが。システム変更に関しては、今まではボランチでゲームが作れない代わりに小笠原と本山が起点を作っていたのが、押し込まれてサイドの起点も作れず、前線も孤立してフォローできず、変えなければある程度は攻めることは出来ていただけにもったいないかなぁと。というより変える意味がわからなかった。新井場を前に出したいなら代わりに後ろの選手を入れれば済んだこと。本田じゃないと。レッズも相当苦しい部分はあったでしょうが、そこを我慢して攻め続けたことは評価できるし、優勝への強い気持ちもあったのではないでしょうか。あの決勝点にしてもあのきつい時間帯に長い距離を突破した長谷部も最後のところで最高の仕事が出来るというのはやはり気持ちの部分も大きいのかなぁと。采配面でもこのチームの流れを考えて使わなかったのは正解。でリードして一杯一杯だった長谷部をすぐに酒井にスイッチしたり簡単だけど当たり前の事をきっちりしてて、チーム戦術同様にすっきりしていたことは良かったと思います(結果論だけど)これで前を遮るものはなく、後は自らとの戦いにはいるわけでこの勝ち点3は大きな前進と言っていいでしょうね。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20041023036.html

それにしてもこれはまずい・・・・。ちらっと写ってましたが乱闘じゃん・・・・。どこのスタジアムも物騒になったもんだ(自虐的)鹿島にとって負けてしまったとはいえ、チームは戦ったし、素晴らしい気迫のこもった試合だっただけに後を濁した感もあり非常に残念。と言うことで一応注目試合と言うことでスペシャル。

http://www.jsgoal.jp/club/200410/00012801.html

Fマリ 2-1 FC東京@横浜国際
FMarinos:奥様×2 FC:ジャーン

勝った!ほんとに久しぶりだよ!嬉しぃぃぃぃ!確かに色々と痛いことはあったし(ドゥトラ怪我再発で途中交代、奥様コンディション上昇傾向で結果も出たけど出場停止等々)まだまだ不安な部分(ユッキーウイングバックは守備不安、坂田フィーバーおしまい?、コリアン二人コンディション不良、ジロー復帰めでたいけどシュートが枠に飛ばない等々)も解消されたわけではないですが、今一番必要な事は勝つことだったと思うから、どんな形であれ勝ったことは素晴らしい!最後まであきらめないマリのスタイルは消えちゃいないし、河合・松田・中澤の3バック、安定感抜群。セットでやられちゃったけど、安定して対応していけば安定して守る自信がチームに戻ってきた感もある。今日は将軍様(@diegoさん)も最後以外は自重してたし、許容範囲。うんうん、よくやってくれました!確かにレッズが勝ったことで可能性はまた少し薄れて、もう蜘蛛の糸ほどの細さになってるけど、チームはこれで必ず上向きになると思うし、怪我人は出てるけどほんとに完全に治して帰ってきてくれればきっと戦える!こっからこっから。

にしても前半はほんとにチームのいい状態が続いたのはほんとに上昇の鍵かも知れませんね。タイミングのいいくさびからのダイレクトプレーでの崩し、アウトサイドで主導権を奪って相手の攻守の切り替えをやらせない、守備はきっちりと相手のポイントを押さえる、そういうチームが勝つためのやるべき事を出来ていたからこそのいい流れがあったのかなぁと。ただやっぱりマリにとってドゥトラという選手の大きな存在感は、また怪我と言うことで悩まされることになりそう・・・・。ドゥトラが抜けてハユマ左、ユッキー右になったらチームのバランスが著しく悪くなった事(もちろんFC東京が馬場ちゃん→鈴木規の効果もてきめんだったこともあるにしても)も考えると、この先の2、3試合はマリのこれからにとって大きな解消しなければならない課題かも知れませんね。次は今日運動量豊富に様々なポイントで顔を出してアクセントをつけていた奥もいない訳で層の厚さをホントに試される試合になりそう。ただとにかく5試合ぶりの勝ち点3!火曜日まではこのいい気持ちを味わいたいですw

で破れたFC東京ですが、そんなに差がなかった感じも受けましたがその小さな差はやっぱり経験と言うことになるでしょうか?両サイドで主導権を握られると苦しいのはしょうがないにしても、そんなときにチームでどうするのかという部分があまり見えなかった。やっぱり魅力的なアタッカー陣はそれなりに見せてくれました。特にこの日は鈴木規男。すごいキック!確かに細かい部分ではまだこれからなんだろうけど、迫力もあってUAEのユースの時より、実効的な要素が増している感覚も受けました。近藤という選手と印象がかぶる感じもあったのですが、こういう選手たちがどんどん層を厚くしながら、濃い経験を積んでいって、ゲームの流れにもっと身を沿わせるようになったらもっと怖いチームになりそうです。その濃い体験というのがきっとナビスコ決勝になりそうだし、結果は伴わなくても期待感を抱かせるチームでした。

http://www.jsgoal.jp/club/200410/00012795.html

レイソル 1-1 セレッソ@日立
Reysol:「大」明神 Cerezo:大久保

結果としてドローというのは両チームとも痛みは伴うもののセレッソにとっては激痛。もうそれが全てかなぁと。守備が整備されて我慢してたけど・・・・・。逆転するためにはこれからレイソルより勝ち点4が必要なわけですが(得失点もあるし)、そのためにもこれからの試合今日のような姿勢を継続する必要はあるでしょうね。セレッソはここまでよく立て直してきた感じも受けましたが、現時点でのチームの熟成度はレイソルの方が上な訳で、そうなるとレイソルにとっては後は決定力かなぁと?逆にセレッソはこの攻守における集中力をこれからも持続できるか、そしてリスクマネジメントをしていく事も必要かも知れませんね。これから5節も胸突き八丁は両チームに続くのは明らか・・・・。にわかに盛り上がってきたかも?

http://www.jsgoal.jp/club/200410/00012800.html

読売 4-0 エスパ@国立
Verdy:(ウベダ、桜井、ウーゴ)大悟3アシスト、平野

読売らしいリズミカルなサッカーが出ちゃいました。その中心となっていたW小林はほんとに質が高いパスに加えて運動量が出てきて読売サッカーの神髄を支える選手になってきた感が強く印象に残りました。精神的に何が変わったのかわかりませんが、ほんとに動きがたくさん出て、パス&ムーブが頻繁に行われてあれでは崩されてもしょうがないと言うぐらい活性化して、非常に攻撃が機能していました。もちろん数的に優位に立ったことで中盤に非常に余裕が出来たことはあるけど、それを差し引いても素晴らしかったです。米山のオーバーラップや両サイドのダイナミックなオーバーラップ、そして個で仕掛けられる2トップとバリーエーションも豊かで見ていて楽しいサッカーでした。守備は甘い感じもしたけれど、このサッカーを続けていたら他のチームは結構きついことになりそう。読売にきつい湯浅さんは見たら結構褒めてもらえそうなぐらいの試合だった気がしますよ(笑)エスパはどんまい(苦笑)こういう相手に当たっちゃった運が悪かった。あれだけポゼッションを握られてしまうとずるずる引いちゃうのはしょうがないし、それがまた悪循環を生み出してしまったかなぁと。森岡退場は妥当だしね。

この試合を見て思ったのは山卓サイドいい!まあ本職な訳ですが、ダイナミックすぎる運動量とカバー範囲。ゴール前に斜めに入って行って逆サイドのボールに対してゴールを狙う事を継続的にやれている選手はそういないわけで・・・・。守備能力は加地さんより高いことを考えると試してみてほしいなぁ・・・。まああんまりそういう意識はないみたいだけど。

グラ 0-2 ジェフ@瑞穂
Jef:村井ゴラッソ、阿部っち

村井のシュートすごかった!これでジェフはきっちりと勝ち点差を保って、追走体制。ジェフにとってもやっぱり最近の終盤失速という事が頭にあるのか、経験をこれから活かせるかが非常に気になるところ。それにしても勝ったときのオシム爺のコメントは毎回おもしろい(笑)負けたときは皮肉たっぷりですが。

楽天 2-2 サンフレ@ウイング
Vissel:LuckyGoal×2(播戸、ホルヴィ) San:大木×2

ジュビロ 3-1 アルビ新潟に勇気を@ヤマハ
Jub:藤田、太田、河村 Alb:オゼアス

ガンバ 3-1 トリ@万博
Gamba:フェルナンジーニョ×2、二川 Tri:マグノ・アウベス



とりあえずまだ下の3試合はどんなのかわからないのですが、あの地震の後、アルビには勝ってほしかった・・・と言うより勝たしてあげたかった。オリックスの「頑張ろう、神戸」じゃないけど、勇気を与える勝ちを・・・・ただ最後に取ったみたいだし、それは一筋の光をして良かった。まあでもここから一気に盛り上がってほしいなぁと言うことでつかれたので今日はおしまいです(苦笑)

|

« 意地と勢い@J1 2ndStage 第10節 プレビュー | Main | 今週の気ままヨーロッパ、ビッグカード祭り。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595350

Listed below are links to weblogs that reference 頂への熱闘@J1 2ndStage 第10節:

« 意地と勢い@J1 2ndStage 第10節 プレビュー | Main | 今週の気ままヨーロッパ、ビッグカード祭り。 »