« 日本代表のこれからを考える。 | Main | Dog Fight!@J1 2nd Stage 第9節 »

October 17, 2004

現在のパワーバランスは?@J1 2ndStage 第9節 プレビュー

えーと、やっとJが帰ってきますよ!中断明けいきなりの大一番、いつのまにか同じ立場でライバル対決とかになってますが、レッズからしたら優勝するための認証試験になるのかなぁと。もちろんその試合からとにかくプレビュ!

http://www.geocities.jp/loose_page/marinos_next/marinos_2nd_9.html
レッズvsFマリ@埼玉スタジアム

と言う事で前評判は非常に高いというか、ライバル対決だとかそういう感じで盛り上げられているこのカード。とにかくFマリにとってはもちろん勝ち点9差を詰めるためにも絶対に落とせないし、チャンピオンシップを見据えた上でもやっぱりビッグマッチだったりするこの試合なんですが、如何せんかなりの差がついています。マリはこの中断期間に代表関連でミッドウィークにアウェイで安・柳・中澤がフル出場、久保もオマーンに渡ってる、そして松田・那須の出場停止、ドゥトラ・河合が戻ってきたものの軸として働いていた上野良治が怪我と相変わらず全然イイ方向には流れていないのに対し、レッズはここのところ山瀬・長谷部と怪我人が続いたものの好成績を維持し(ナビスコも3年連続ファイナル)代表関連もアレックス一人で、長谷部もこの試合には間に合いそうと言う事で書くと相当差ありますね(苦笑)

現在のレッズの好調はもちろん爆発的な攻撃力と言う事になるのですが、それを支える攻守の切り替えの速さと裏を取られるのも恐れない強烈なプレッシングで相手にプレッシャーを与え続け、リスクの掛け合いを制し続けた事で好成績となっている気がします。諸刃の剣と言う事でスペースを明け渡してしまいそうなプレッシングですが、出させない気迫に溢れたプレスはチーム全体の共通意識が高まっている証拠であり、その運動量の中心となっている鈴木啓太は相当この夏のショックをイイ方向に導けたようです。マリは粘り強く相手の協力アタッカー陣に対して対峙していき、ボールを取った後にこのプレスにひるまず、きっちりとボールを保持して、相手のプレスをいなして攻撃に転化していきたいところです。

何よりもこの強烈なプレスの穴はチームに出来る3つのラインの間が空いて、ボール奪取の意識が高過ぎる余り、結構穴のあるプレッシングというのは見て取れます。もちろんプレスのオーガナイザーとして鈴木と酒井のセンターラインがフレキシブルに動いているのですが、攻略方としてポイントはサイドです。マリは空いてのプレスに焦ることなく引きつけておき、MFラインとDFラインの間には結構スペースが空き、そのスペースでFWをサイドに開かせて、長いフィードをネネ・アルパイの前で受ける。もちろん前を向いてケアしている両CDFはアプローチを掛けてくるところで坂田・安の瞬発力でかわす・いなすという事ではずせれば、多分センターのトゥーリオはカバーに飛んでくるでしょう?そうなったらぽっかり空いたスペースにもう一人のFW・奧辺りがそのスペースを突いていけたら、必ず空いてのプレスにひびが入るかなぁと。

確かに勝つには相当難しいミッションとなりそうですが(前にスペースがある状態で縦一本が最強の攻撃になっちゃったりするわけですし)相手の自信を崩すような勝ち方がしたいですね。今のレッズは精神的にも充実して、そして自分達のサッカーに自信を持ってやれているはずですから、その自信を崩してそのバランスを崩せれば、まだチャンスは残るかも?そのためにもやっぱりこの試合、とにかく勝たないとダメなんですよ!と言う事で「Marinos NextMatch Preview!!!」上げました、よろしかったらどうぞw

追記:)遠藤も肉離れで欠場・・・・たたられてる_| ̄|○

大橋か?エースケか?山崎トップ下で奧?(これナビ杯でやってるんだよね)

http://www.jsgoal.jp/club/200410/00012567.html
FC東京vsジュビロ@国立

劇的な東京ダービーを終えて、もう一度勢いに乗りたいFC東京は現在8連敗中の相性最悪のジュビロとの試合が国立で。

過密日程の影響からはようやく脱したもののまだ本来の力を元に戻せないジュビロはこの相性の良いカードで本来のサッカーを取り戻したいところです。ただここにも代表戦の影響は出てきそうな予感。田中マコ・福西はフル出場し、藤田もオマーンに渡っていて、そんなときにDF陣のもう一人の主軸鈴木秀人が出場停止と苦しい状況。前節の静岡ダービーでも本来のパスワークの片鱗は見せるもののミスも多く、大きく空いたスペースをサイドアタッカー(太田とか)につかれて、最後はチョ・ジェジンにやられてしまい先制点を取ったものの勝ちきれないとまだまだ難しい状況です。逆にFC東京は看板のサイドアタッカー・石川直宏が完全復活のアシストをナビ杯準決勝で決めて、本来の迫力を取り戻してきました。加地・土肥と代表に入ってますから、そんなに代表戦の影響は変わらないのですが、リズムとしては良いものがあるかも知れません。ただナビスコ決勝では今まで守れていた守備陣が集中力の欠如から2点の差を守りきれず延長戦に持ち込ませてしまったりと不安定な部分も見受けられます。その辺はやはりポイントになりそうな予感。やっぱりチームの顔でもあるアウトサイドがどこまで活きるかがポイントになりそうです。ナオと加地の右サイドが藤田を引っ張れれば主導権は取れる事になりそうですし、攻撃構築には元々素晴らしいものを持っているチームなので、その辺の攻防戦を楽しめそうです。ジュビロは何よりもポゼッションと取られ方ですかねぇ・・・・。この相性がどうでるか、逆にFC東京が国立で国内チーム相手に10連勝という事でその辺もどう働くのか・・・・。とにかくイイ内容のゲームが見たいですねw

http://www.jsgoal.jp/club/200410/00012558.html
アルビvs鹿島@ビッグスワン

勢いに乗ってなんと現在3位という事でようやく反町アルビJ1バージョンが浸透し始めた感がありますが、鹿島も相変わらず堅い部分は見せていますし、新潟の本当の攻撃力が試されそう。もちろんブラジルトリオの良さはまだまだ調子は良いですし、何よりも選手の特性が被らないので、活かし方が様々な攻撃パターンがはまっているのが今の要因でしょうか。鹿島は何となくですが、昇格チームとかには容赦なくたたきに活きそうだし、後は代表で貴重なゴールをかまして、好調を維持している鈴木隆行が本来の姿でもある野獣のような鋭さが戻ってきた感じもあるので、非常に楽しみです。勢いと維持の対戦はどうなることやら。

その他の試合
エスパvsジェフ@日本平
セレッソvs楽天@長居
サンフレvsガンバ@ビッグアーチ
レイソルvsグラ@日立(柏って書いてあるのはそうだよね?)
トリvs読売@雨と落雷の熊本(台風接近中)

J2も大変な事になってきてるんですが、正直あんまり見てないし、サンガはアホみたいに点取られてるし(頑張れサンガ!)、昇格争いはついに最終局面に入ってきてきてます。アルディージャが今日の試合で非常に大きな直接対決を制した事で自動昇格は先が見えてきたかなぁと感もありますが、そうなると3位争いも面白そう。まあとにかく明日はすっきりさせてくれ、あの赤いスタジアムを静寂に!と言う事で今日はここまでです。

|

« 日本代表のこれからを考える。 | Main | Dog Fight!@J1 2nd Stage 第9節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2594935

Listed below are links to weblogs that reference 現在のパワーバランスは?@J1 2ndStage 第9節 プレビュー:

« 日本代表のこれからを考える。 | Main | Dog Fight!@J1 2nd Stage 第9節 »