« 見えてきた行く末@UCL GroupStage MatchDay-2 | Main | 実力上位@UCL GroupLeague MatchDay-2 »

September 30, 2004

ぐだぐだですが、今日のニュース雑感+UCLプレビュー

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/other/headlines/2004093000000000kyodo_spspo.html

U20アジア選手権の3戦目、あまりに乏しい内容だったので、単独エントリーにする気が起きないので、こっちに入れます。この試合はグループリーグ突破決定後と言う事もあり、中村北斗、増島、柳楽など以外はベンチスタートとなったわけですが、チームがなかなか動き出さず、ベトナムのでっかいアタッカーにも苦しみ停滞した試合をしてしまいました。まあコンビネーションはしょうがない部分はあるかなぁと思うのですが、彼らが自ら仕事を探しながらプレーをする事が出来なかった事が最大の原因かなぁと。ボールを受けにこない、フリーランニングがない、リズムも出ず遅攻が多くなるとゲーム運びの拙さ、意欲のなさ、意識のなさを感じました。確かに日本チームにとってはこの試合は1位か2位かは別にして、消化試合に変わりない訳ですが、サブ組の選手達にとっては非常に貴重な真剣勝負の機会だったのに、こういう試合をしてしまった事がもったいなぁと。プレーを見てて思ったのは選手個々の良さを活かすプレーと言うものを他の選手が理解していない、だから漠然とさっかーをしているだけになってしまいました。一人一人特徴が違うのだからそういう部分をもっと考えて意識してやっていくという事が必要だなぁと思いました。大熊監督のいらだちがいつものコーチングに現れていましたが、その辺はコーチとしての責任もあると思います。次はハイレベルなアジアとの対戦、そしてWYに出れるか出れないかのに重要な試合になるだけに、こういう無意欲な試合にだけはならないようにして欲しいなぁと。相手は中国がトップに立ったため、カタールとの対戦になりました。これはよかったのかな?とりあえず選手達は自分を表現しろ!声を出せ!チームのやり方に沿うだけが全てじゃないのだから。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/psctp00409290010.html

ベッカムがいなくなった事がやっぱりマンUには痛手だったのかなぁと。経済の話。ただグッズだけでなくテレビ放映権なども影響しているらしいです。まあルーニー取ったから減ったと言う話もあるんですけどね。いつまでプレミアの好景気が続くのか、それともこれが最初のサインなのかはわかりませんが。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/2004092900000008spnavi_otspo.html

オマーン戦に向けての招集の手法の話ですが、長時間移動に不安の高原が直前合流にするようです。気候の問題にしてもそうですが、周辺環境やコンディションに関してはやっぱり朽ちだした方がいい気がする。自己流でやってますが、それが選手に合ってるのかは疑問だし、こういう事自体にネガティブな要素を残すのは良くないと思う。暑熱対策・時差などを考えても少しリスクが大きすぎる感じがしています。

と言う事で今日もUCLです。どたばたですが、プレビューって事で。昨日派手だったから今日は静かになるのかなぁ?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/2004092900000008spnavi_otspo.html
GroupE ローゼンボリvsアーセナル@レルゲンダル

今は寒いのかなぁ?まだまだ普通なのかなぁ?モスクワは早く試合開始するみたいだけどどうなんだろう?アーセナルはジウベルト・シウバがなんだか持病が発生したらしく出場不能、後はもちろん帯同してないであろうベルカンプ様、後はヴィエラがケガとかそういう話もあるし、どうなんだろう?セスクやエドゥがいるからまだ品切れと言う事にはならないですが、少しだけ不安要素かな?ローゼンボリは今日開催されるレルケンダルというスタジアムで36試合やって5回しか負けてないらしく、実は隠れた難しい試合らしいです。まあ今の調子なら簡単には負けないだろうけど、勝つのもなかなかと言う事になりそう。これからアーセナルが勝ち抜いていくにはこういう難しい試合で勝ち点3を得ていく必要があるだけに結構な試金石になりそうな気がします。

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1968/Match=1077172/index.html
GroupF ACミランvsセルティック@サンシーロ

ミランは苦しい初戦を制しただけに、この試合はきっちり勝って連勝スタートにしたいところです。セルティックは正直全然侮れないやりにくい相手に変わりはないですが、ミランのサッカーをすればまあ平気な気もしますが。クレスポがまだ進化を発揮出来ていないのが気になるところですが、シェフチェンコのエンジンに火が入ってゴールに関しては心配する事はないので、後はセルティックのFWをきっちりと抑える事がポイントになりそうですね。サットンがこないだは良い仕事をしたので、スタム辺りが抑えられないようだと、試合が面白くなりそうです。アンリ・カマラ、ジュニーニョと飛び込んでくる選手にセルティックは期待したいところですね。

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1968/Match=1077176/index.html
GroupH チェルスキーvsFCポルト@スタンフォード・ブリッジ

今日一番の華試合だと思います。ジョゼ・モウリーニョダービーって事です。ただ、今日はスタンフォード・ブリッジですし別に普通に進むでしょうね。個人的には大好きなヴィクトル・フェルナンデスがどこまでポルトガルの若手やチアゴなどを活かしてどのようなアタッキングフットボールを作ってるのかが気になります。まあチェルスキーはDFが強烈なので後は有能なアタッカー陣がゴールを取れるかどうかに掛かってますね。逆にポルトのDFがどこまで我慢出来るかがポイントかも。

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1968/Match=1077173/index.html
GroupG ヴェルダー・ブレーメンvsバレンシア@ヴェーゼルシュタディオン

ドイツチャンピオン対スペインチャンピオン(&UEFAチャンピオン)の対戦なんですが、何よりも気になるブレーメンの状態。クローゼが途中から出てきて妙に元気らしいので、今日も危険な感じしますね。ただチームとしてはあんまり安定している訳ではないので、その辺を突いていきたいなぁと。バレンシアはラニエリの采配がはまりだしてからはアイマールのケガはあったもののアタッカーの調子は上がってるし、あんまり心配はしてません。ただドイツ勢とはあんまり相性良くないのが気になるところ。ここで勝てると大きいけどそんなに甘い試合にはならないでしょうね。

後はリンクなしで。

GroupE PSVアイントホーフェンvsパナシナイコス@フィリップス
普通にやれば勝てると思いますよ、ギリシャが強いのは何となくホームって印象もあるし、普通にストロングポイントを活かしていけば勝てるかなぁと。パク・チソンとフェネホール・オフ・ヘッセリンクのコンビがアーセナル戦は結構良かった気がするし、後はきっちりと守る事でしょうか。パナシナイコスは見てないからわかりません(笑)

GroupF バルセロナvsシャフタール・ドネツク@カンプ・ノウ
これも普通にやったらというか多分勝ちますよ。今の調子を維持していれば。今の中盤のシャビ・デコのパスさばきとダイナミズムを前線のロナウジーニョがセンターに入ってから凄い攻撃がスムーズになってるし、サイドに開いたエトー・ジュリ(ラーション)が上がってる状態なだけに点は取れるでしょう。DFもアンカーのエジミウソンとセンターバックのオレゲールとプジョルの連携がうまくいってる状態なら多分安定しそう。ただ心配な点は怪我人が超多発して層が結構薄くなってる点。先週のリーガでもエジミウソンが膝をけがして、オレゲールもやばかった状態。その辺が微妙に影を落とすと怖い。シャフタール?(苦笑)

GroupG アンデルレヒトvsインテル@コンスタン・ファンデン・ストック
どうなんだろ?地力は確かにあるけどインテルはいかんせん不安定、特にDF。まだまだ安定した形を見いだしていないし、中盤DFもまだまだ手探り状態。前に掛かれれば強いヴェロンやエムレにしてもその辺は心配。攻撃陣はもちろんフェノメノ(怪物)アドリアーノ神がいるので、彼に入れば何とかなるし攻撃構築もイイだけに、心配なし。アンデルレヒトは逆でしょうね。DFは我慢で攻撃は必ず出来るであろうギャップをフォンランテンで突くと言う事になるでしょうね。何となくインテルはこける気が・・・・。

GroupH CSKAモスクワvsパリ・サンジェルマン@ロコモティフ
どっちも落としたくない試合ですが、もう始まってます(笑)絶不調PSGはどこまで頑張れるでしょうか。アクセント不足はどこまでこのチームに影を落とすのかわかりませんが、何とかパウレターロテンのラインが繋がる事を祈ってます。ただ今はCSKAが攻めてるっぽい(笑)

と言う事でグダグダですが、何となく堅い展開になりそうな予感。とりあえず今日はここまでです。

|

« 見えてきた行く末@UCL GroupStage MatchDay-2 | Main | 実力上位@UCL GroupLeague MatchDay-2 »

Comments

B代表
作るみたいですが
前あったときに機能しなかったから
なくしたんじゃ
無かったっけ

セルジオ越後が
育成のための代表というのは
違和感があると当時
言っていた
代表とは国のため戦う
最強のチーム
目的は勝利以外ない
勝つためだから
給料を払ってるクラブも
いやいや送り出すが
育成のために
集められたんじゃたまらない

こいつはB代表
こいつはA代表と
レッテルを張られて
BからAにあがることも
ほとんど無かった
記憶がある

カプテンの
能力は大したものだと
思うのですが
代表のためにJリーグ作った
ってのはどうかなと
クラブがその国の
サッカーを代表する
のが
あくまで基本だと思うのですが

もちろん
自然にまかせて
サッカーがどんどん
強くなるような
ほかの国みたいには
いかないでしょう
特別なこと
最高傑作が
中田だったりしますし

代表とクラブの
両立が
難しい
代表拒否がトレンドに
なりかけているのに
時代に逆行
してる気がするんですがネ

Posted by: 和製フリット | September 30, 2004 at 08:27 PM

トルシエならうまくやった気がしますが、今の新陳代謝のないシステムのチームではあんまりやっても意味がない気もします。まあでも個人育成という事では良いのかなぁと。

日本という島国であり、アジアである事を考えるとこういう強化の方法も確かにあって良いのかなぁと思う事もあるのですが、これがA代表に繋がらないなら若年層をもっと強化する方法を考えて欲しいなぁと。

ただいまのスケジュールにしても相当代表選手には負担が掛かっている訳でそういう部分をもっと配慮しなければならない時に入っているのは事実かも知れませんね。Jと代表は違うものですし、クラブレベルで世界に繋がる事でそういう動きが加速する可能性は十分あると思います。

またよろしくお願いしますね。

Posted by: いた | October 01, 2004 at 12:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595325

Listed below are links to weblogs that reference ぐだぐだですが、今日のニュース雑感+UCLプレビュー:

« 見えてきた行く末@UCL GroupStage MatchDay-2 | Main | 実力上位@UCL GroupLeague MatchDay-2 »