« 出来る事から一歩ずつ。 | Main | 今期のセリエを開幕戦で占う。 »

September 12, 2004

気持ちいい聖地@J1 2ndStage 第4節

わっしょいわっしょい、と言う事でJリーグです。沢山点は入りましたねぇ。明日もう2試合見てから追加しますが、やっぱりわっしょいですw見ていて気持ちよかったし、優勝しても認められない感があったのですが、これでもういいだろ?

Fマリ 3-0 ジュビロ
F,Mari:奧!ガッツポーズ格好良かったw、坂田良く決めたw、安様10点目

http://blog.livedoor.jp/konkon1/archives/6713000.html
http://www.geocities.jp/loose_page/marinos_next/marinos_2nd_4.html

行ってきました、ナショナルスタジアム。昨日書いたエントリーの通り、拍手をしたり、タオマフを掲げたりしてみました。何かそういう意味で個人的に、結構心が高ぶっていたし、ライバル対決って事で何か冷静に見れていたとは言い難いので、上に張った、こんこんさんの「こんこんのまったりサッカー観戦記」で戦評をご覧下さい。相変わらず理路整然とまとめられているので。とりあえず主観が入りまくりの僕のレビューも合わせて張っておきます(笑)しかし、ほんとに完勝というかあれだけ高いパフォーマンスを見たのは久しぶりというか、ほんとに素晴らしい出来でした。あっちには書いていませんが、ほんとに攻守の切り替えと集中力がチームの中に浸透してて、見ていてほんとに安心でした。心配したドゥトラもフレキシブルに動けていたし、ハユマもこの日はほんとに頑張った。こういう時の方がやっぱりチームとして凄い頑張る気がするのは僕だけかなぁ?チーム全体が非常にフレキシブルで運動量も多くて、ほんとにジュビロを凌駕したと言う感じです。これを継続して欲しいなぁと思うばかりですw

ジュビロ磐田にとって惨敗とまでは言いませんが完敗です。1stステージまではなんとか騙し騙し戦えていた磐田でしたが、2ndステージになって遂に崩壊してしまいました。ここ数シーズンはサブメンバーを売って若手を入れることを繰り返してきましたが、どうやらシステム疲労を起こしてしまったようです。改革よりも革命が必要なのかもしれません。今確実にベクトルは下を向いています。好ましい状況ではありません。これからフロントがどう行動するのか注目したいです。

こんこんのまったりサッカー観戦記


ジュビロに関しては何とも言えない部分がありますが(マリの出来が凄い良かった事もあるし)、こんこんさんの仰られる部分はその通りだし、去年の柳下路線の継続を出来なかったというのはやっぱりあるのかも知れませんね。チームの中で浸透度の差が非常に顕著で、新しく入ってきた若い選手がいきなり出ても機能できないし、さすがにこういう差をどうにかしなければならなかったのかも知れません。後はゲームに対する集中力というか気持ちが感じなかったり・・・・。危機感が叫ばれ続けながら看過してきた(と言うより勝利を宿命づけられたからかなぁ・・・)ツケが来てしまったのかも知れませんね。ただこのまま沈むチームではないと思うので、これからをまた注目したいと思います。名波に残された時間は少ないんだから・・・・・。

他の試合。
鹿島 4-3 セレッソ
Kashima:本山骨折じゃないの?、フェルナンド股抜き、ドリブルシュート1野沢、ドリブルシュート2深井 Crezo:大久保×2、古橋

これだけ取って勝てないと空中分解って感じも・・・。同じような形で2発やられちゃまずいよ。セレーゾの首はこれで繋がった予感・・・・。でも今日のリスクチャレンジを勝ったのはびっくりだわ。でもセレッソ・・・・、頑張れDF。

ガンバ 5-1 レイソル
Gamba:大黒×2、ヤット、フェルナンジーニョ、浪速ゴンオーバーヘッド Reysol:OG

どうしてFSで信じ切れないんだろう・・・・、大黒ベンチだよ・・・(泣)でもほんとに機能していると言う感じがするし、若手が出ても機能するのはほんとに流れが良いんだろうなぁ・・・・。ナビの大敗を一気に払拭。もう一度再構築を考えてみてるみたいだけど、どうなんだろ?レイソルは・・・・・、頑張れ。

エスパ 3-0 サンフレ
S-pulse:チョ・ジェジンやっぱりスゲー、アラウージョ、北嶋

戸田さん、どうなん?何をイライラしてらっしゃるの?凄い高い意識がフラストレーションを溜めてしまう原因なの?これではチームを悪い方にしか導けないよ・・・・。きっちり勝てて良かったのかな?サンフレは勢い消えたなぁ・・・・、数的優位を活かせなかったのか・・・・。

FC東京 3-1 楽天
FC:ケリー×2、いつになったらスタメンになるの?阿部ちゃん 楽天:播戸

こういう苦しい試合で勝つFC東京はやっぱり強いチームなんだなぁ・・・・、阿部ちゃんはほんとに勝負強い、いつになったらスタメンになるのかなぁ?馬場ちゃんのナイスアシスト?やっぱりうまいよw

と言う事で追記しますけど、今日は気分よく寝ちゃいますwと言う事で今日はここまでですw

追記分:)
アルビ 0-0 グラ

オゼアス退場は別にしても、勝てないなぁ・・・ホームで。グラはクライトンが出場停止でチームに生まれはじめていた中盤の活性化が少し消えたかなぁ・・・?そろそろビッグスワンのお客さんは怒り出したりしないのかなぁ?次はレッズ、頑張って止めて?

レッズ 4-1 トリ
Reds:怪物エメ×2、エメのおこぼれを山瀬、田中達也 Tri:サンバ特急その後退場)

悪魔のような攻撃だ・・・・。今日のレッズは決して(!)内容的には良くなかったと思うんですわ。連動していた攻撃陣がぶつ切りになって、イイ流れというのはそんなに作ってなかったと思うけど、結局の所、個人を止められない限り結果は出るという事・・・・。ネネが初先発しましたが、少しおかしな事をしてたけど優良外人の予感。トリニータはきっと色々プランがあっただろうけど、あの怪物止めない限りは・・・・・。湯浅さんは今日はご機嫌斜めだけど、別にこのチームは前が勝負を分けるチームだから、良いんじゃないのかなぁ?そういうチームだし・・・・・。

と言う事で今日はここまでですw

|

« 出来る事から一歩ずつ。 | Main | 今期のセリエを開幕戦で占う。 »

Comments

うーん 強い アルゼンチンみたいだ
と思ったのですが
アテネ2004ビエルサの方ではなく
金メダルを同じく取った
バスケチームの方なのです
ドリーム4に金メダル取らせなかったチームです 
主力3人居ないのにあのサッカー
お手本になる試合ですね
バスケアルゼンチンは戦力的には
アメリカにはだいぶ落ちるのです
元nba が主力ですから
勝っていたのは同じ面子で
国際大会を戦った場数だけ
岡田さんはあれだけ
あくの強い連中を チームとして
成立させるのはすごい
奥にしても磐田では半分終わった人
扱いを受けて出て行ったのを
見事再生しました
サッカーも最近は
バスケに近いスポーツになってる
クイックネス ターンオーバー
歩いてる選手は昔はいい選手
という評価を受けれたが
今は駄目だ
マークをはずして
自由に攻撃できていた
あれを練習から意識してるから
できる
指導者というのは
理論
感覚
言語
規律
自由
のバランスが重要だと思うが
実践させる能力は
飛びぬけてる岡田さんは
山本さんも狙ってるところは
近いのだとは思うが
選手がそれを実践するのは
難しいという前提が
欠けていたと思う
俊輔がだいぶ前のインタビューで
納得できるパスが出せたのは
一度だけといっていた
職人は満足しないから
職人なのだと思ふ

Posted by: 和製フリット | September 12, 2004 at 07:24 AM

いやぁ、確かに岡ちゃんのメソッドはマリノスに足りないものを取り込んで、それをチームに浸透させてくれたと言う意味で凄い大きいですね。

今のヴェルディではないですけど、ペナの周りをぐるぐる回すだけでアタックに入れないマリノスから、アタッキングゾーンで仕掛ける姿勢を強めて行った事で選手達の意識改革をした事でここまで成果を残せるとは・・・・。

元々技術力はジュビロにも劣らないと個人的には思っていたけど、その中でのメンタル的な部分を段階的にやっていった事で変わったのでしょうね。この「段階的」というのが日本の指導者に足りないところなのかも知れません。一歩ずつ目標点に進めていく事でここまでで来たのですが、もし一気に改革を進めていったら無理だったかも知れません。

もう一つはモチべーションコントロールがほんとに変わったなぁと。もし今までのマリなら空中分解していたような時でも、みんながチームのためにやっている感覚を受けます。去年あんまり良くなかったマツや出れなかった上野さんなどほんとに今年は再生してくれたし、今年はユキヒコがチームのマイナーチェンジの憂き目にあってますが、出ればやってくれるし、また突き上げがあるからこそ、チームが沢山走るようになったし、すぐに取って代わられる様な危機感があるのでしょう。そんな岡ちゃんが施したモチベーションコントロールも今のマリの強みかも知れません。

そういう意味でも岡ちゃんのパーソナリティがマリを変え、マリを強く再生してくれたのだと思います。でもまだ道の途中です。今年味わったACL敗退の屈辱を返すためにもJでも一歩一歩進んで、来年こそのアジアチャンピオンにという思いがチームを支えていると思っています。まだまだまだまだ(笑)

だめっすね、マリだとどうも私情が入り交じりすぎて・・・・。考えてみたら確かにバランスが良いのでしょうね。山本さんも今回の屈辱をバネにジュビロを再生して欲しいものです。岡ちゃんが「職人」って凄い気に入りましたw

またよろしくお願いしますねw

Posted by: いた | September 12, 2004 at 01:37 PM

TBありがとうございます。
ジュビロ磐田は今変革の時にありますネ。
チーム作りにおいてなんと言いますか、世代交代みたいなのはかなり難しいのだなと感じました。
チームの遺産を残しつつも新しくするのですからネ。
次の監督が誰になるか知りませんが(やっぱり山本監督?)、かなり辛い職務となりそうです。
弱いチームならばいっそのこと全部壊せばいいのですけどネ、強豪の再生は考えただけでも大変そうです。

Posted by: こんこん | September 13, 2004 at 05:26 PM

トラックバックさせて頂きましたw非常にすっぱりと書かれていたので引用させて頂きましたw

遺産と変革の共存は難しいですね。解任という事で今回の事もまた微妙な感じもしますが、やはり今までのプライドや培ってきたものというのが、こう言うときは邪魔になるのかも知れませんね。今の時期はもう成績を求めるのは無理な訳でそう考えると今がチャンスなんでしょうけど、その気配はないようでどう転ぶのか注目したいと思います。

またお世話になると思いますが、よろしくお願いしますw

Posted by: いた | September 14, 2004 at 01:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595305

Listed below are links to weblogs that reference 気持ちいい聖地@J1 2ndStage 第4節:

« 出来る事から一歩ずつ。 | Main | 今期のセリエを開幕戦で占う。 »