« 気持ちいい聖地@J1 2ndStage 第4節 | Main | 解任騒動の中で今日のニュース雑感。 »

September 13, 2004

今期のセリエを開幕戦で占う。

えーと、セリエが開幕しましたw僕はもう腐れ縁というか何というかプレミアやリーガ(リーガはBSがなくなって見れてないから何とも言えないけど)に比べて一番馴染みがあるリーグなのでちょっと特別扱いです。優勝争いをしそうな4(3???)チームと日本人がいる2(3)チームの今後を開幕節の感想と共に少し妄想しようと思います。

http://gazfootball.com/

            ボナッツォーリ
              ナカムラ
    メスト モザルト テデスコ コルッチ バレストリ
     デ・ローザ フランチェスキーニ カンナルサ
            パヴァリーニ

えーとまず、俊輔のいるレッジーナから。開幕節のレポートは、僕が書くよりガゼッタさんの「蹴閑ガゼッタ」の開幕戦レポートを御覧になった方が良いと思うので、どうぞ。この日はとりあえず3-5-1-1でスタートした物のトップ下に入った俊輔の特性とこのチームのスタイルがちょっと合わないかも?って印象がありました・・・・。もしこのままのスタイルでシーズンを戦うとしたら、このチームを支えるのはやはり中盤センターの3人であり、そう考えるとアタッカーとならなければならない俊輔が追い越してくるアタッカーを活かすためにも高い位置をキープしてアクセントを付けながら飛び出す選手を活かす事ともちろん直接的にゴールに絡む事が求められてくるのかなぁと。ただ今の時点は少し難しいかなぁと思う部分もあるので、ボッリエッロ(ガンツ)を前に入れての3-4-1-2方がいいのかも知れませんね。今年も例外なく降格争いの主役となる事が予想されるだけに現実的にどこまで攻撃的な姿勢を失わずに3ボランチがフレキシブルに戦えるかがポイントになると思います。

で中田さんが加わった新生フィオレンティーナと去年2位のローマ。これは先に少しレポート。この日に必要な部分としては10分ぐらいしか見れなかった。だって退場者出ちゃうんだもん。その後カッサーノもイライラで相手選手を突き飛ばして退場。今期を占う意味で天才の感情のコントロールも大きな一因に?ってかかなきゃいけないところです。前半はローマがうまく機能せず、トッティ・カッサーノの親分子分コンビ以外に攻撃の糸口を見つけられず、数的不利に陥ったヴィオラの積極的なアプローチに苦しめられ、ゴールが奪えなかった。まあ後半ヴィオラはヨルゲンセンに変えてポルティージョ、ローマはカンデラに変えてモンテッラを投入し、10vs10の局面に対し攻撃的に進めようという感情が見え隠れする。しかし、その中でリズムを引き寄せた物のゴールを奪えなかったヴィオラに対して、ローマはモンテッラの横に流れながらの速い動き出しに対してデ・ロッシの長めのフィードが通り、モンテッラが落ち着いてGKの鼻先で浮かせて先制点。その後はなんとか同点に追いつこうというヴィオラの攻撃をする物の最後の工夫に欠けて、決めきれない。カウンターを仕掛けながら脅威を与え続けたローマが1-0でオリンピコの開幕戦をものにしました。ねっ?こんなに短い時間じゃチームがどうなってるかなんて占えないっつーの。

              リガノ
          ミッコリ   ヨルゲンセン
  キエッリーニ マレスカ  オボド アリアッティ
       ダイネッリ ヴィアリ ウィファルシ
             ルカレッリ

でまずヴィオラから。このフォメで行くかははっきり言って不透明。ただ後半、両アウトサイド(キエッリーニ・アリアッティ)が積極的にスペースに出てサイドアタックを仕掛けていたのを考えると中盤はこのフラットの4枚が機能するかも知れない。誰を何人に取ったのか覚えてないので明確には言えませんが、この二人は当たり。楽しみな部分が非常に強いです。で肝心の中田さんですが、このチームでは活きそう予感はありますが、肝心のポジションがあるかどうかは正直微妙。仕事的にはミッコリか、マレスカ???のポジション。難しい部分ではありますが、彼の特徴でもある落ち着いたボールの裁きとプレーの流れを見ながらのプレーは間違いなくこのチームに必要な部分かも知れません。アタッカーのミッコリのポジはないかなぁ?でそのアタッカーとしてはやはりA初挑戦ですが、以前からこのチームのエースであったリガノが中心になりそう。長身・強烈な体躯によるポストワークとポジショニングセンスはありそう。この選手を軸に走れるミッコリと独力突破を期待できるヨルゲンセン、そしてこの日は色々なところで酷評されているポルティージョが絡むという事になるのではないでしょうか?ただ個人的にはポルティージョもカルチョに慣れるまでには少し時間が必要な気がします。スペインとはFWに求められる仕事の量が違いますから。スペインではベターだと思われるペナ幅内でのCFWの動きに対して、イタリアでは受けて突破してチャンスメイクという攻撃の全てを求められる部分があるし、後はコミュニケート。その辺を考慮して上げないと潰れてしまう予感。個人的には非常に素晴らしい感覚を持ったストライカーであると思うので(セカンドアタッカー的な選手だと思うけど、だからミッコリのポジ?)もう少し長い目で見て上げても・・・・・。ついでに中田さんとの相性も良さそう。鋭く反応出来るタイプだし、動かされるタイプだから・・・・。まあUEFA圏内が目標となるだけに、何よりもまずチームの戦い方を速く確立していく事が求められそうです。そこからですね。最初は我慢が必要。

ここからは理想というかこういう形が良いんでないの?と言う感じで進めていきます。フォメも開幕スタメンではなく、僕がちょっといじってみました。

              モンテッラ
          トッティ      カッサーノ
     ダクール ペロッタ デ・ロッシ マンシーニ
          キブ  メクセス  フェッラーリ
             ペリッツォーリ

他にはアキラーニ(今日べた褒めされてた)リマ(まだいるかな?二人ともCMF)、ミド、デルベッキオ(FW)、カンデラ(右SMF、右SB)、パヌッチ(CB、左SB)デラス(CB)ダゴスティーノ(OMF)などもいます。

ローマ。財政難でDFの中枢であったワルテル・サムエル、ジョナタン・ゼビナ、そしてチームの核だったエメルソンを失い、監督として迎えたチェーザレ・プランデッリをアクシンデントで失うという波乱に溢れた形で開幕となった訳ですが、何とか開幕戦でフェラーがセリエ初勝利を得ました。ただ正直今日のようにトッティ・カッサーノの2トップは厳しい。二人共前を向いてなんぼの選手だしタイプ的にもトップ下と言うかシャドータイプでポストワークをこなすのは厳しいし、アタッカーを活かす事が出来る選手なので少しもったいない。ミドの復帰が待たれるのでしょうが、セリエ初という事で過大な期待を掛けるのは少し気の毒か。モンテッラが復調し、また良いところで今日のように取るかも知れないし、そう考えると一番怖いのは軸であるトッティ・カッサーノのケガのような気がする。後は去年のように良い形で追い越す動きをマンシーニ以外にどこまで生み出せるかなど、その辺も注目下も知れません。アタッカー任せになるとこのチームも厳しくなりそう。DFに関してはまだ時間が必要だけど、3人とも非常にクレバーな選手だし、3バックでも4バックでも対応できる選手達なのでその辺は監督のさじ加減か。UCLとの兼ね合いもあり、どちらにプライオリティを置くのかも注目されますが、優勝はちょっと厳しい気がしますが、去年の数字は一番なだけにトッティ&カッサーノが良いように爆発と共に期待したいと思います(悪い意味ではなくいい意味でね)

と言う事で約束通り追記。

で続き。インテルから。開幕戦はドロースタート。スタンコビッチとアドリアーノの素晴らしいゴールがあった物の、守備はザル状態・・・・・・。追いついただけ良かったけど、正直追加点取れたかもなぁという展開だっただけに、ちょっともったいない開幕戦でした。2-2ドロースタート。

       アドリアーノ   マルティンス
 スタンコビッチ ダーヴィッツ ヴェロン ゼ・マリア
 ファバッリ ミハイロビッチ マテラッツィ サネッティ
              トルド

戦力としては大充実。アタッカーにはヴィエリ(CFW)、フリオ・クルス(いるかな?CFW)レコバ(FW、MF)中盤にはキリ、ファンデルメイデ(SMF)、カンビアッソ、エムレ、クリスチャーノ・ザネッティ、カラグーニスなど(3人ともCMF)ブルディッソ、I.コルドバ、ガマーラなど(3人ともCDF)など溢れんばかりの代表クラスの選手を保有している。

でチームとしては中心はどう考えてもアドリアーノとなりそうです。彼のスペシャルなスキルとゴールセンスでゴールを取ってくれる事を祈るばかりと言う感じ。ただ試合を見た限りでは、ヴェロンがイタリアに戻って息を吹き返したように中距離の好パスを連発したり、スタンコビッチとの相性も良さそうで、ゼ・マリアとダーヴィッツが運動量でチームを支える幅のある中盤もかなり充実。そうなると・・・・・・・です。基本的にポカの多い選手が集まっているからミスが結構多かったのと集中力が足りなくてマークミスやらカバーリングの不徹底などまだDFラインとしての組織は不十分。とにかくミハイロビッチがちょっと衰え気味でこの試合はやばかった・・・・。マテラッツィにそれをカバーしろと言うのは酷だし、カンナバーロ放出の痛手は結局の所大きそうな予感。現時点では攻撃陣に頑張ってもらってこの後ろの整備を頑張らないとスクデットは少し厳しいかもという印象。まあいつも通りと言ったらいつも通りなんですけどね(笑)マンチーニの元にチームとなり得るかが最大の注目でしょう。

でミラン。この試合も早い時間にジダが退場してしまい、数的不利の中、何とか勝ち点1を拾った模様。良いけどロスタイム6分はやりすぎなんじゃ・・・・・。今年はのっけから八百長ムード満載のミランですが、ジャッジに関してはやっぱり心配。今年はカード連発の試合が多いし、どうもカードに頼り切りの模様。ずれてしまいしましたが、この試合はスタートはピルロもガットゥーゾもネスタもUCLを睨んでかスタメンから外れ、去年のスタメンから比べると落としているなという印象(今年に入って競争原理が変わったという事もあり得るし、優先順位が変わった?考えにくいかも)セードルフの2発で勝ち越しした物の勝ちきれずドロー。しかし、この状態でゲームを落とさないと言うのは貫禄でしょうね。トマソン可哀想(泣)

      シェフチェンコ  トマソン
              カカ
     ガットゥーゾ ピルロ セードルフ
 マルディーニ  ネスタ  スタム  カフー
              ジダ

基本的にバランスが良いというか、1ポジションに候補者が2人から3人という感じで余り偏りが見られないこのチーム(明らかに若い選手を除いて)新加入のクレスポと負傷明けのピッポ・インザーギがFW、OMFにはルイ・コスタ、DMF(SMF)にはアンブロジーニ、ドラソー、セルジーニョ、ブロッキ辺りもいるし、DFはコスタクルタ、カラーゼ、シミッチという感じで非常にバランスが良い。まあ今年入ったのはヤープ・スタム、ピカシュ・ドラソー、エルナン・クレスポと何から何までバランスが(しつこい)

やはり去年の4-3-1-2スタイルが基盤となりそう。ピルロを中心にしたパス回しにより、カカがアタッカーのようにゴールを狙うし、もちろん世界的なアタッカー4人も前にいる訳で、その辺では安定して去年の強いミランのサッカーをしそうな予感。懸念される部分としてはピルロがシーズン開幕前から代表ゲームにより酷使されてしまった事と、マルディーニのサイドバック起用が年齢的にどうなのかなぁという点。まあ代わりの効かない選手と言えばこの二人になりそう。ライバルであるユーベ・ローマ・インテルが新体制であるのに対してアンチェロッティ体制は4シーズン目(実質3.5ぐらい?)に入って研究されると言うリスクはある物の安定した力で、今年こそ、スクデットとビッグイヤーが目標になりそう。このチームを支えるガットゥーゾとセードルフが好調なだけに、チームも今はうまく回りそうだし、新体制でまだ整いきらない他のチームを序盤で話すと興ざめしそうな予感も正直あります。それくらいの充実度。賭けるならミランかなぁ?悔しいけど。

で愛するユーベ、快勝スタート!ユーベもUCLを見据えて、前半で2点リードを奪った事もあり、早めの選手交代で備えた模様。この試合はブレシアの出来が良かったのもあるけど、少しずつ固まってきた感もあるユーベが堅く守り、スペースが空き始めたところでうまくパスが回り始めて、35、38と連続してゴールして勝負を決めた印象。省エネって感じ?やり方としては去年とそんなに変わらない気がするから、カペッロ色を出すとしたら選手起用になるかも知れない。アレックスがあっさり代えられたりと結構英断家。まあさすが名将という印象。DFラインが急増の割にはままの出来で、心配する程のものでもなく、スクデット奪還に向けては好スタートを切れましたw

              トレゼゲ
    デル・ピエーロ
              ネドベド  オリベイラ
         エメルソン  ブラージ
 ザンブロッタ カンナバーロ テュラム ゼビナ
              ブッフォン

ユーベもサブに関しては充実。トレゼゲの所は新加入ズラタン・イブラヒモビッチが入りそうで、アレックスの所はサラジェタになるのかな?新加入のオリビエ・カポが入るとしたらこのポジションかなぁと。ネドベドの代わりは存在せず相変わらず心配の種・・・・・。オリベイラの所はカモラネージがいてどっちがレギュラーというのはわからない部分もあります。ボランチのポジションにはアッピアとタッキー(タッキナルディ)がいてDFはオッさん軍団が控えます(フェッラーラ、モンテーロ、ビリンデッリ、ペソット)それに去年期待を裏切ったレグロッターリエ、トゥードルは移籍したのかな?ヤンクロフスキーはチェルスキーの横やりで取れませんでしたが、こう並べてみるとネドベドの代わりを見つけようとしたら相当難しい訳で(ロシツキーは獲っておいても良かった気がする・・・・)他はバランス良く選手がいるのはミランと同じですね。

で今年も去年取り組んでいた4-4-2崩れの4-2-3-1がスタンダードになりそう。ズラタンが相当なやり手でセリエへの順応も時間がかからなそうなだけに今年は非常に心強い。やはり去年の悔しい原因はスケジュールが詰まって一気に疲労度が増して、肝心のネドベド故障で全てが終わってしまっただけに、今年こそ、ネドベド崖がしないように祈るばかりです。揃ってればどこが相手だろうと、アル程度の試合はしてくれるでしょうし、そう考えると今年のチームはやってくれそう。格下相手に確実に勝ち点を稼ぐという点ではミランやインテルよりも確実度は高いだけに、その辺がスクデット奪還に置いては大切なポイント。怪我人が(しつこい)

|

« 気持ちいい聖地@J1 2ndStage 第4節 | Main | 解任騒動の中で今日のニュース雑感。 »

Comments

セリエは
トップは戦力厚すぎ
特にインテル
監督勝負になりそうだ
カペッロ
マンチニ
アンドレ
ルヂー
本命ユーベ
対抗ミラン
2強対決とみた
大穴ローマか
インテルは超大穴
戦力ありすぎて空中分解
させないほうが難しい
イブら紐がキーパーソンに
なりそ

Posted by: 和製フリット | September 13, 2004 at 03:10 PM

ヴィオラは正直UEFA圏内は厳しいですね。去年からの継続性0で、一からチームを作り直していますから。今年は残留を確実にしてもらって、来期にUEFA狙える下地を作ってもらいたいです。ユーベから来たキエリーニ(本職SB)は予想外の収穫。ゼビナより良いんじゃないですか(笑)
ローマは悪童コンビの2トップで、去年の460のようなシステムが結構好きでした。3バックで行くなら純粋なCF一枚置いた方が良さそうですね。
優勝争いは継続性に優るミランが本命ですかね。ユーベはズラタン次第のところがあるかも。彼は諸刃の剣ですからね。火種になる恐れも。

Posted by: souno | September 13, 2004 at 03:54 PM

ちなみにヴィオラの新戦力

金に物を言わせた大量補強に見えますが、ほとんどが契約切れ・レンタル・共有所有とけっこう頭を使っています。


GK:
ルパテッリ(←ローマ)契約切れ
DF:
ダイネッリ(←ブレッシャ)共同保有
ウィファルシ(←HSV)完全移籍
キエッリーニ (←ユベントス)共同保有 
MF:
中田英寿(←パルマ)完全移籍 
オボド(←ペルージャ)共同保有
ヴァルデス(←バーリ)共同保有
ギグー(←ローマ)契約切れ
マレスカ(←ユベントス)共同保有
ヨルゲンセン(←ウディネーゼ)共同保有
FW:
ポルティージョ(←マドリー)レンタル移籍
ミッコリ(←ユベントス)共同保有

Posted by: souno | September 13, 2004 at 04:04 PM

ターンオーバーも見据えた形を取らないと苦しいからでしょうね。不満とかそういうチームの雰囲気を壊す部分でやっぱり監督とGMの手腕が問われそうですね。ますますインテルは不利かなぁ・・・・。

ズラタンはちょっと期待してます。スティーレ・ユベントスで少しは変わってくれると良いなぁと。

またよろしくお願いしますw

Posted by: いた | September 13, 2004 at 04:23 PM

UEFA圏内は厳しいですかぁ・・・・。去年サンプがあそこまで昇ったから、チームでイイ落としどころが見つかれば、もしかしてなんて思ったのですが、確かにパルマとラツィオの壁は厚そうですね(苦笑)来期に期待はちょっとわかりますw来シーズンレンタル継続とか共同保有の継続または買い取りというのはどうなるかが気になるところですが。お金の心配はなさそうで安心しました。今の流行かも知れませんね、こういうの見ると、やっぱり欧州バブルもはじけたんですねぇ。

正直キエッリーニ出して欲しくなかったんですよ。ユーベだってザンブロッタいつケガするかわからないし・・・・。ミッコリにしてもアレックスは必ずケガしますから・・・・。でもウイングバックもかなり良かったですねwキエーボみたいに出ていきまくりでしたしw

ローマはどうですかねぇ。ミド次第という感じもあります。4−6−0みたいな時ありましたね(笑)自分が3バックにしたのは何となくです(笑)フェラーだからもしかしてと思って(笑)
優勝争いはUCLとの兼ね合いですかねぇ。同時進行は結構難しいですし。ユーベには頑張って欲しいんですけど、多分ミランでしょうねぇ、セリエ歴代得点王2人ですし。

何か逆にためになりましたwまたよろしくお願いしますねw

Posted by: いた | September 13, 2004 at 04:35 PM

確かにCLとの兼ね合いはありますね。早期敗退したチームは案外有利なのかも。

UEFA圏内争いは案外パレルモが怖そうです。ヴィオラの大量補強の陰に隠れて目立ってませんでしたが、セリエAで実績のある選手ばかり。昨シーズンからの継続性でもヴィオラの一歩上ですね。

こちらもタメになりましたよ(笑)

Posted by: souno | September 13, 2004 at 05:18 PM

ありがとうございます(笑)

パレルモですかぁ。見た事ないんですよ、まだ。と言うより誰がいるのかもう少し調べないと何とも言えないですが、ちょっと注目してみたいと思いますwラツィオもメンバーが替わっただけに隙はありそうですし、パルマもジラルディーノ頼みなだけに結構備ミュになりそうですねw

またよろしくお願いしますねw

Posted by: いた | September 14, 2004 at 01:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595203

Listed below are links to weblogs that reference 今期のセリエを開幕戦で占う。:

« 気持ちいい聖地@J1 2ndStage 第4節 | Main | 解任騒動の中で今日のニュース雑感。 »