« レッズを止める!を考える。 | Main | ミッドウィークもヨーロッパはリーグで花盛り! »

September 23, 2004

苦しい台所事情でも負けれない!+J1 2ndStage 第6節 プレビュー

明日は何の日?秋分の日だそうです。で休日なので今週はミッドウィークの木曜開催&日曜開催のJです!レッズの勢いは止まるのか。なんて事も気になりますが、まずマリから!

http://www.geocities.jp/loose_page/marinos_next/marinos_2nd_6.html
マリvs楽天@ナショナルスタジアム

マリはまだ横国に帰れず、またナショナルスタジアムで今度は楽天戦です。どちらも怪我人が出ていて苦しい対戦となりそうですが、鍵はサイドと決定力になりそうですね。マリは前節に続いて左サイドのスーパーマン・ドゥトラ様が不在で大橋が入る事になりそうですが、守備にはやっぱり不安な部分もあるのですが、その分彼の良さでもあるパスの精度と攻撃センスが存分に発揮される事を期待しちゃいます。ヴィッセルは左利きのプレーメーカー・ホルヴィとサイドで存在感を示す攻撃型のサイドバック・ホージェルが武器になっていると言う事で波が激しいハユマがどこまで頑張ってくれるかが気になるところ。マツの出場停止は余り心配してないのできっちりと0に抑えて勝っておきたい、っていうかレッズが走っているだけに落とせない!と言う事でミッドウィークはプレビュー書くのも大変だけど、「Marinos NexyMatch Preview!!」上がってます(笑)昼間に上げましたwよろしかったらどうぞ!油断大敵!

http://www.jsgoal.jp/club/200409/00011822.html
FC東京vsレッズ@味スタ

昨日も書いたとおり、レッズはここからが本当の力を試されるところ、優勝への試金石となる第6節となりそうです。対戦相手はFC東京。FC東京にしても安定した力が発揮出来ていないだけにここでレッズを叩いて再点火と行きたいところです。

レッズに関してはやはり今までのもの凄い爆発力を見せていた攻撃陣の中で攻撃をリードしてきた司令塔・山瀬功治の悲運の負傷で再編成を余儀なくされる事になったわけですが、その中でブッフバルと監督には身内の不幸という事で監督も不在。今までのチームの勢いとは裏腹に正念場とも言える試合になりそうです。監督不在の中でのシステム変更という大ナタはないと考えると、本職である長谷部をトップ下で起用し、空いたボランチには酒井を据えるか、最近よく試していた山田を入れて右に平川を据えるのか、それとも永井か田中達也をトップ下に入れて1トップ2シャドーで破壊力に賭けるのかと言ったところでしょうか。どちらにしても山瀬の代わりを求めるのでは苦しいと思います。それはブッフバルと監督も認めているように彼はチームに置いては代わりの効かない選手だったと言う事もあるし、彼が相当量の仕事をこなしていたというのもあるでしょう。バランスを考えるならやはり長谷部を上げて酒井を入れるというものがベターですが、プレッシャーのきついトップ下のポジションに変わってどこまで働けるのかと、その辺は非常に興味深いし、これからまだリーグが続く中で新しい形を見つけられるか、チームの総合力が問われる形になるのではないでしょうか。

さて逆にFC東京は非常にレッズに対しては相性が良いという事でそういう部分では自信を持って望めそうですが、いかんせんチーム状態が悪いというか、怪我人続出でまだベストメンバーは期待出来ないですが、このチームの魅力でもある才能ある若手の爆発に期待したいところです。前節は柏の粘りの守備に封じられてしまったケリーがうまく働けると若き選手達ものびのびと出来る事になるという事でやはり鍵を握るのはケリーと言う事になりそうです。決定力というかフィニッシュの問題を相変わらず抱えるチームなだけに、その辺は気になる部分でもありますが、先制点取って欲しいなぁと。昨日書いたとおり守備に関しては沢山ケアしなければならない部分もありますし、集中力と粘りという部分が問われる部分になると思います。しかし今野・茂庭とアテネで成長した姿が見れれば面白そうですし、ジャーンも強さは変わってないだけにガチンコ勝負楽しそうです。

ほんとならFC東京がレッズの立場になっていたとしても不思議ではないと思っているので、そういう意味では意地というものも見てみたいし、本当の力というものを出して、アタッキングフットボールの神髄というものを見せて欲しいと思っています。壮絶な攻め合いになるのか、それとも一方的な試合になるのか、考えにくいですがじりじりした試合もあり得ますが、面白い試合を見たいですね。

で他の試合。

アルビvsサンフレ@ビッグスワン
ジェフvsトリ@臨海
グラvsセレッソ@瑞穂
鹿島vsエスパ@カシマ
ジュビロvsレイソル@ヤマハ
ガンバvs読売@万博

1つ気になるニュースとしては連勝こそ止まったもののここまでの好調を支えてきたガンバの心臓・遠藤保仁が欠場というかレッズ戦に向けてこの試合は回避???ヤット抜きのガンバがどうなるかも気になるところ。ヤット抜きでFC東京にナビで叩かれた事を考えるとここも気になるところです。まあ明日は秋の気分を味わいながらJ!楽しみましょうwと言う事で今日はここまでw

|

« レッズを止める!を考える。 | Main | ミッドウィークもヨーロッパはリーグで花盛り! »

Comments

はじめて書き込ませていただきます。
前回の新潟戦と比べると中盤のプレスが緩く、東京のほうが攻撃の押し上げが早く意図も明確だった気がします。
やっぱり山瀬の不在が大きいのでしょうか。

Posted by: シュン | September 23, 2004 at 08:58 PM

コメントありがとうございますw

国立に行っていてまだ試合の方をフォロー出来ていないので、本編はまた明日になりそうですが、チームの歯車がやはり微妙に狂ってしまったのではないでしょうか。山瀬のファーストアプローチは新潟戦でもそうでしたが、高い位置で頑張っていたのが印象に残っています。その辺は長谷部は慣れというものが違ったかも知れませんね。ボランチのポジションでは攻撃面でもプレッシャーの強さが違いますし。詳しくは(多分)明日にでも書きますのでまたのぞいもらえたら幸いですw

中途半端で申し訳ないです。またこれに懲りずによろしくお願いしますねw

Posted by: いた | September 23, 2004 at 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595315

Listed below are links to weblogs that reference 苦しい台所事情でも負けれない!+J1 2ndStage 第6節 プレビュー:

« レッズを止める!を考える。 | Main | ミッドウィークもヨーロッパはリーグで花盛り! »