« ミッドウィークもヨーロッパはリーグで花盛り! | Main | ポテンシャルを発揮しろ!@U-19 AsianChanpionship プレビュー »

September 24, 2004

激戦と美しいゴールと浅はかな退場@J1 2ndStage 第6節

僕今もの凄い後悔しています。悔しさにかまけてやけ酒じゃーい何てしてる場合じゃなかったです。国立の後には味スタでした。それぐらい素晴らしい熱戦が展開されていました。それではその試合からレビュ。

http://yosiyuih.blogtribe.org/entryf74c74700cd84a9a2d89784bce9a5c4f.html
FC東京 1-0 レッズ@味スタ
FC:ルーカス

レポートは相変わらず素晴らしく読みやすくてまとまってるよっちさんの「ほぼ日刊サッカー雑記」をご覧下さい。この試合はもうFC東京のスカウティングを元にしたゲームプランと、かなりハードな仕事となったにもかかわらずそのゲームプランを遂行した選手の素晴らしい仕事ぶりが報われるような素晴らしいゲームをしたと思います。レッズがうまくいっていなかったとは言え、チームで積極的にプレッシングを掛けて、良い形で相手のアタッカー達にボールを入れさせないようにし、相手の独力突破をチームのアプローチとカバーが徹底されていて数的優位の形で対応に当たった事で75分間をほぼ完璧に抑えきりました(CKからのネネのヘッドと山田の切り返しからのシュートをジャーンがすれすれでカバーしたやつぐらいかな?)。個人的に僕が採点するとしたらジャーンと茂庭に8、加地と文丈には7.5、金沢には7、今野には8.5(いや9点でも良いぐらい、やっぱり大明神)を上げたいぐらい素晴らしい出来でした。また相手のプレッシャーをケリー・馬場を中心にテクニックと落ち着いた形で相手のプレッシャー(まあこの日はイマイチだったですが)をきっちりといなして相手にリズムを握らせず、戸田や近藤を使って相手の弱点でもある裏を狙い、はたまた外に起点を作ってサイドバックのオーバーラップを作るなど、変化に溢れた攻撃はいい出来でした。後半に入り、献身的な動きで貢献していた近藤祐介に代わり出てきたルーカスもゴールの他にもポストやカウンターの起点として働きました。チームの集中力、組織的な守備など全ての要素が繋がったこそのイイゲームをしたと思います。

レッズは山瀬の長期離脱とアルパイの出場停止により、メンバーを変更せざるを得ないと言う事で注目されましたが、この日は3-4-3でアルパイの所には内舘、中盤に右から山田・長谷部・鈴木啓太・平川と並べて、フロントラインはエメルソンをセンターに右に永井・左にアレックスと言った形でした。システムが変わってしまった事が影響したのか、好調の最大の要因でもあった超積極的なプレッシング消えて、山瀬がいない事で良い形でアタッカー達が前を向いてボールを受ける事が出来ず、苦しい展開になってしまいました。エメに良い形でボールが入らなかったのは、今までなら山瀬や田中達也が彼へのマークを引きつける働きをしていたのに対して、今日は彼自身にマークが集中してしまい、入ってもジャーン・茂庭の集中・徹底していたマーキングに押さえ込まれ、ズルズル下がっていまいました。アレックス・永井と言った前線の選手がボールを引き出すために気の利いた動きを欠いた事も原因としてあるし、その部分では山瀬の不在が大きく響いてしまったのではないでしょうか。プレッシングに関しても選手がこのシステムでのプレスに慣れていないという部分なのか、前がサボったのかはわかりませんが、今までの素晴らしいプレスさえ消えてしまいました(FC東京の早いボールの出し入れもあったけど)そういう前のフィルターが消えてしまった事で浅いDFラインがFC東京の意図のあるスピードある裏へのアタックに四苦八苦し、イイリズムをなかなか作り出す事が出来ませんでした。マークミスというか難しい部分ですが、マークを離すような部分も見られコミュニケーションという部分では大量得点の隠されていた大きな弱点が出てしまい、その中でセットからの失点という事になってしまいました。それでも田中達也の投入で永井が右で起点を作れるようになり(4-4-2)、そこから猛反撃に出た事は次節に向けてはイイポイントとなったと思います。個人的にはプレスが掛からないのであれば、3-5-2に戻して(酒井を入れて)プレス慣れをしている形に戻した方が良いのかなぁと思ったりもしましたが、ただ今日は相手の出来が良すぎたというのもあるのではないでしょうか。この試合の後、次節どのような形で望んでくるのかが大いに気になるところです。トップ下がいるいないは別にしてアレックス・永井との3トップよりは田中達也との2トップの方がうまくいくとは思いますが・・・・・。そうなると良い形で前を向かせて上げる事とそこでバイタルで変化を付けれるかという部分でしょうか。この試合はほんとにイイ試合でした。レッズのリベンジという部分でも、もう一試合みたい気分です、出来ればナビスコファイナルで見たいなぁ・・・・。

http://www.geocities.jp/loose_page/marinos_next/marinos_2nd_6.html
Fマリ 2-2 ヴィッセル@ナショナルスタジアム
F.M:坂田様・アン様素敵ダブルループ 楽天:お前も退場だ播戸、和多田)

よく野球選手がオフに精神鍛錬とかで禅寺で炎ごうごうの所で修行したりするじゃないですか?行ってこい→ドラゴン・栗原。

それくらい大きな退場劇でした。審判とかそういう問題じゃなく、選手の感情コントロールの問題。前半終わった時点で絶対勝つ試合だったのを壊した罪は大きいです。まあしょうがないとは言えないです。

ただ前半はゆったりとしながらもマリらしい決めるところで決める強いFマリらしいゲーム展開で、ボランチが少し危ないというかお留守番がいなくなるときはありましたが、いただきだ!とさえ思いましたよ、あの展開だったら。まあ切り替えるしかないし、11人ならそう簡単には負けないのだから、次また頑張ろう。はぁ。

ドラゴン2試合停止で何か変わると良いなぁ・・・・。コンディションも全然上がってこないし、これをきっかけに(どんなきっかけだ)少しは良くなってくれないと困るよ・・・・。栗原も反省しよう。やっぱり今週禅寺行って、3日ぐらい修行してこい。

では他の試合。
ガンバ 1-3 読売@万博
ガンバ:山口 読売:相馬×2、平野

何でいじったんだろう・・・、西野さん。読売さん、よくやった!オジーも大満足の試合だったみたい。しかし相馬は大きな仕事したなぁ、イイシュート2発!

ジェフ 2-0 トリ@臨海
ジェフ:マルキ、サンドロ

久しぶりにああいう抱え込みのファールを見たよ、サンドロ・・・・。しかし臨海の芝汚い・・・・、もう移るから直さないのかなぁ・・・・。オレステ・グラニッロなみ。マルキ良い仕事w

鹿島 0-0 エスパ@カシマ

今までがおかしかったんだよ、きっと。でも西部中心に踏ん張ったエスパDF陣を誉めるべき?後半13本だからなぁ・・・・。

グラ 5-2 セレッソ@瑞穂
グラ:マルケスハット!、子犬、クライトン セレッソ:古橋豪快、西澤素敵ボレー

素敵ゴールの競演でしたねぇ、好みはマルケスの美しすぎるループ!西澤の美しいダイレクトボレーも素敵w子ピチプーもJ初ゴール!セレッソは本当の顔はどっち?次節大久保と千葉が出場停止は正直ラッキー。

アルビ 3-2 サンフレ@ビッグスワン
新潟:鈴木慎吾、エジミウソン、ファビーニョ サンフレ:茂木、ベット

もう本当におめでとう、反さん。J1ホーム初勝利!!!お客さんも嬉しかっただろうなぁ、よく我慢したよwそういえば茂木もユース代表だったなぁ・・・・。坂田や今野が頑張ってるし、発憤!

ジュビ 1-1 レイソル@ヤマハ
ジュビロ:名波様豪快弾! レイソル:唯一の希望玉ちゃん

久しぶりの先制点は美しい!名波様!!!でも勝ちきれない・・・・・。福西、あれはないよ、ミドルキックじゃん。完全スパイクしてるよ・・・・。

それにしても今節は素敵ゴールが多かったなぁ、坂田&安様のダブルループも素敵だったし、マルケスも素敵だったなぁ。名波も西澤も古橋も相馬も・・・・・。こんなゴールもっと見せて、守備はもう少し頑張れ。と言う事で今日はここまでです

|

« ミッドウィークもヨーロッパはリーグで花盛り! | Main | ポテンシャルを発揮しろ!@U-19 AsianChanpionship プレビュー »

Comments

レッズ
止まりましたナ
東京このサッカーが
出来れば強豪の仲間入りできるが
レッズに闘争心で上回った
内容も完璧
中盤で仕掛けられる存在が
重要ということナ
中盤を制するものが試合を制す
を地でいく試合であったナ
中盤の戦術にも
スポットもっとあたってほしいと
おもったナ
フラット中盤4とか
ボランチ3とか
ドイストップ下とか
審判の研究も
ミーチングすべきでは
こいつはスライヂングでレッドすぐ出すとか
こいつはハンドでカードは出さないとか

思うのはスライヂングにカード出しすぎの傾向があると思うのですナ
ボールにちゃんといったスライヂングは 美しいと思うのですが
後ボールキープするための
体の使い方ですが
いまの小学生は旨いですな
コーチングが行き届いてるのか
ターンもうまい
そのかわり意外性のアル
プレイは少ない
アソビ心にかけてるような
ロボットサッカーになりそうな
つまらないサッカーをしよう
ナイキのあれっぽくなったらやだな
 
マラドーナがレアルをけなして
アーセナルをべた褒め
案外 カウンター気味がすきなんだよなー

Posted by: 和製フリット | September 24, 2004 at 04:54 PM

そうですね、レッズはちょっとタイミング悪かったですね。中盤の攻防では完全にFC東京に負けてしまったのは大きかったですね。ただレッズというチームからしても前後分断でも結果を引き寄せる強い個がありますから、どうなるかなぁと思いましたが、結果としてはそうなりましたねw

FC東京にしては、サッカーの質は元々高いと思うのですが、やはりそう考えると試合を決定づける部分なのかなぁと。勝ち慣れるというかなんというか・・・・。ただこの試合は守備に置いて素晴らしい出来をした事でこれから攻撃サッカーにこういう素晴らしいDFが加わるともっと高みに上れるかも知れませんね。攻撃構築に関してはJでもトップレベルの素晴らしいものを持っているのだからこそ、期待したくなります(苦笑)

ジャッジに関してはもっとクラブで考える必要あるかも知れませんね。あまりにも差がありますし。後はバリエーションですが、難しいですねぇ。まずそれを出来るようになってからと言う部分もありますが、スクランブルになってからと言うのは選手の対応力というもの試されそうですね。それをやっていくというのは良い事だと思いますw3ボランチに関してはチームの姿勢が現れそうで難易度が高そう・・・・。

ジュニアの事に関してはちょっと知識が・・・。プライマリー(小学校)の選手達を見てるとうまいですが、やっぱりオーバーコーチングという部分もあるのかなぁ・・・イマジネーションという部分は自分の目で養って欲しいですね。僕が小さいときは真似しましたよ(笑)ジーコのヒールショットだとかレオ様のリフティングゴールとか。一番モノにしたかったのはリティのドリブルとエドゥのキックなんですけどね(笑)

またよろしくお願いしますね。

Posted by: いた | September 24, 2004 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595311

Listed below are links to weblogs that reference 激戦と美しいゴールと浅はかな退場@J1 2ndStage 第6節:

« ミッドウィークもヨーロッパはリーグで花盛り! | Main | ポテンシャルを発揮しろ!@U-19 AsianChanpionship プレビュー »