« アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!) | Main | 限界点@AthensOlympic Q.Final vsアメリカ »

August 19, 2004

プレッシャーとモチベーションの狭間で@AthensOlympic GroupB vsガーナ

この3戦目をどう見るかは人それぞれですが、今まで出場機会を得れなかった菊池と石川が非常にイイ動きをしていた事を考えると、個人的には非常に嬉しいです。もう一つ最後のゲームとなりましたが、このチームが抱えていた矛盾も少し考えたので、その辺を主にやっていこうかなぁと。

今日のスタメンは、GK曽ヶ端、DF右から阿部、トゥーリオ、茂庭(山本さん、自分を追い込んだミスをした選手に対しての当てつけですか??)MFボランチに今野、菊池(UAEWYの二人)アウトサイドは右に石川、左に駒野、トップ下に小野、FWは変わらず高松、大久保。

ガーナのワイドに開いた前線に対して、ボールが渡らないように積極的に前線からプレッシャーを掛けて、プッシュアップと共にやったことで日本ペースの試合で進んでいきます。特に世界大会に慣れているのか菊池が非常に落ち着いたパフォーマンスを見せ、今野と共に非常に貢献しました。攻撃としては石川のコース取りの良いスピード溢れる突破やスペースに走り抜ける攻撃が非常に機能してイイチャンスをが出来たりしました。(その間にガーナの激し過ぎて荒っぽいプレーで選手が沢山痛むシーンが続発して駒野が肩を痛めて交代してしまう、森崎がIN)そんな中前半37分にセンターライン付近でフリーで前を向いた菊池が柔らかなフィードを出すと素晴らしい動き出しでフリーになっていた大久保がしゃがみ込んでのループヘッドを決めて先制して前半を終えることが出来ました。やはり大きなプレッシャーから解放されるとこれだけ出来るんだなぁと実感できました(逆に言えばプレッシャーの中では力を発揮できなかったのは残念な部分であるのですが)

後半は決勝トーナメント進出が掛かるガーナも選手交代をして、前への圧力を強めどんどん押し込んできます。アウトサイドの攻撃をはね返すことで精一杯な部分もありましたが、ガーナ守備も大きくスペースが空いていたため、効果的なカウンターで対抗する。特に長いランニングをして石川や菊池がサイドを走ったり、FWがよく攻撃を繋げることが出来ていました。速攻が形にならなければ小野を中心に細かいパスで相手の守備にスペースを作り出してシュートに繋げてみたりときっとこういう事がやりたかったのかなぁと言う印象もうけました。しかし、何故か素晴らしい動きをしていた石川を交代させてしまってから(松井がIN、女子代表のスウェーデン戦の小林→安藤の時のような狙いの交代だと思うけど、結果は同じで松井はサイドの選手ではないので、守備に忙殺されて全く良さが見えず前線でもそこまで時間が取れる訳ではなく攻撃に置いて良さが出ることは余りなくちょっと気の毒だった)、どうも速攻が出なくなり、相手のボールポゼッションが上がる事でDFラインが下がり、どうも苦しい展開なってしまう。しかし、一人一人が何とか粘りを見せたことで何とか凌ぐ。その後サイドに開いて起点を作って攻撃を繋げていた大久保に疲労が見え始めて田中達也が入り、その中で少しずつ押し返してチャンスを作るもののゴールには繋がらない。また相手が同点に追いつこうと最後の猛攻を仕掛けてくるガーナに対して全員が献身的に走って守備をすることで対応し、このまま1−0で終了。このチームでの最終戦、そして五輪での勝利を手に入れました。

確かに勝ちました。しかし、やはり先がないから思い切って出来るという部分もあったし、これがひりひりするようなプレッシャーの中だとしたら同じになったかはわからない部分があります。しかし誉められることはこういう中で全力を尽くせるモチベーションを維持したこと、そして最後まで戦い抜いたことは誉めて上げれる点だと思います。まあ両極端な部分がありますが、こういう試合でも勝ったことは選手達の自信に繋がるといいなぁと思います。個人的には確かにこういう状況の結果を残してくれたのは素直に嬉しいですが。

全般的に見てこの大会で見えた(というよりUAEWYの時から考えると向上しなかったところ)一番大きな部分としては、このチームのメンタル面での弱さは確かに認めなければなりません。パラグアイ戦に相手の強烈なプレッシングに積極性を失ってしまったことに関しても、今日はガーナのハードで強引なプレスに余裕を持って対応していたりと本当は出来るのに、と言う感じはしました。そしてこれもメンタルという部分に起因すると思いますが、減らなかったミス。これはこの試合に関しては集中力の欠如。バックパスの処理を誤って決定的なピンチを迎えてしまった事に関しても、浮き球の処理を誤ってGKと重なってみたり、グラウンダーの緩いクロスを空振りしてみたり、無駄にフィードをしてあっさりと繋がれてしまったりとどうもミスや浅はかな判断が目についてしまう。この辺は得点に繋がらなかったから、そんなに大事にはならないですがこういう舞台では小さなミスも失点に繋がってしまう、甘い判断も失点に繋がるしそういう意味ではもっとサッカーに対して真摯に考えてプレーする必要もあるのかも知れないなぁと。何度もそして最後まで消えなかった事は心の中にどこか置いておいて欲しい、失点に繋がらなかったにしても。

ただ、出場機会を得れかったナオと菊池がやってやろうという気概が見えて、プレッシャーに潰されることなく、ノビノビやってくれたのは嬉しかった。ナオは素晴らしい突破やスペースへの飛び込み、チャンスメイクと縦横無尽にピッチを駆け回り、ガーナを穴だらけにしましたし、菊池はアシストはもちろん、彼のインテリジェンスと戦術眼、そしてボランチとしてはDFのリアリズムがあると言うことがこういうハードな相手に対しても頑張れたのかなぁと。また世界経験という部分では一番豊富な選手ですから、そういう意味でも精神的に安定していた選手でした。少し評価を変えないと(汗)

で総括として今日の試合を見てやっぱりもったいないなぁと思ってしまいました。ただやっぱりこのチームは沢山の矛盾を抱えていたのかなぁと。采配はそうなんですが(笑)やっぱり何よりもこのチームは、チームの熟練度が低かったし、軸として誰を据えて、どこを活かして、何をしたかったのかが全てにおいてピンぼけしてしまった印象が強いです。山本監督はバランスという部分を追い求めていた印象が強いですが、今日のチームがうまく機能したのは活かすべき場所があって、そうしようとチームの方向性がきっちりと定まっていたこと。そしてそれを活かせる場所があったこと、その技量があったこと。今日の試合が何で今まで出来なかったのかと言う部分で考えると、逆に誰をどうやって活かすのかが、明確ではなかった。そして熟練度の部分で選手間の連携、そして補完関係の意識があまりに希薄だった事かなぁと。レギュラーとしての固定が最後まで見られなかったことは逆にチームの中で選手間で個性が違う部分で細かい約束事などを見つけて修正したりすることが余り出来ていなかったと言うこともあると思います。基本的にチームとしての約束事というかカバーという部分ではトゥーリオの部分だけで、他には何もなかった。例えば森崎が中にずれて仕事をしたときに誰が左のスペースをカバーするのかなど、不明瞭だった。そしてオリジナルポジションを崩してしまうと格段に安定感を失う。そういう部分で不明瞭な部分を付かれての失点もあったと言うことはチーム作りが充分に行き届いてなかったのかなぁと・・・・・。ナオみたいな選手を活かすためにチームが作られていたら、松井みたいな選手を活かすためにチームが作られていたらと思うと、もう少しわかりやすかったのかなぁ・・・・。

まあその前に頭でっかちになってしまっていた部分で自ら崩してしまった部分もあったのかも知れませんけどね。今日の采配も松井をいじめているのかと思ったぐらい、不憫でした(チームにリズムが戻らなかったらホントにやばかった)まあ今回のことは監督にもお勉強になったと思います。まあ自分としては全く監督のために応援してきたつもりはないですし、監督を育てる義務もないのでちょっとだけ悔しいですが。でも今日の価値はきっとあると思うし、選手達には次こそをぴりぴりした舞台に立てるように、メンタル・技術・チーム戦術・フィジカルなど色々な部分をスケールアップして、その中でプレッシャーに打ち勝つ気持ちよさを味わってくれたらなぁと思っています。

ちょっとまとまりが悪いし、眠いので文章がメタメタだと思うので、また修正します、毎度毎度完成度が低くて申し訳ない。仮アップと言うことで。A代表?まだ見てないです(笑)見たらさらっとやるのでwということでここまでですwとりあえず選手達、オリンピック初勝利おめでとう。

|

« アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!) | Main | 限界点@AthensOlympic Q.Final vsアメリカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595273

Listed below are links to weblogs that reference プレッシャーとモチベーションの狭間で@AthensOlympic GroupB vsガーナ:

» 日本vsガーナ戦雑感 [きままに代表ブランク]
勝ちましたよ!く-嬉しい。特に石川が活躍して切れきれ。最高でした。 よく勝てましたよ・・。私はそれよりも今後の彼らの動向が気になります。A代表に監督やマスコミの言うとおり進めるのでしょうか。私はまだまだ難しくなっていると思います。正直噴飯ものだったのが、「ア [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

« アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!) | Main | 限界点@AthensOlympic Q.Final vsアメリカ »