Main | アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!) »

August 16, 2004

悔恨@AthensOlympic GroupB vsイタリア

負けたことはしょうがないと思う。全ての結果だし、それが日本の実力だったのだろう。でも負けたとき悔しくて泣きそうになった。なんでだよ、どうして自分の作ってきたチームを信じないんだよ。やったこともないことするんだよ。勝てない相手じゃなかったよ。選手達は負けて泣くぐらい悔しい気持ちを味わってたのに、どうして監督は戦わなかったんだよ、小手先だけでチームをいじくったんだよ。あれだけハードに戦った選手達には(もの凄い言いたいことはあるけど)よく戦ったのに・・・・・・。

スタメンはシステムを変えて4-3-3(4-4-2)のような形に。GK曽ヶ端、DFは右から徳永、トゥーリオ、茂庭、駒野、MFは小野、今野、阿部(松井)、FW高松、大久保、松井。イタリアはガーナ戦と一緒で、GKペリッツォーリ、DF右からボネーラ、バルザーリ、フェラーリ、モレッティ、MFボランチにデ・ロッシ、ピルロ、パロンボ、高い位置に右にピンツィ、左にスクッリ、FWにジラルディーノ。

序盤から積極的に前からプレッシングに行くもののフェラーリの右サイドへのロングフィードからモレッティ、スクッリと繋がれてタイミング良くクロスボールが上がると、巧みにDFラインの間に入ったデ・ロッシが今野のマークも苦にせず素晴らしいオーバーヘッドで決めて先制。その後少し落ち着いたかと思ったものの、トゥーリオの無理するところでもないのに苦しい状態で無作為なフィードをカットされるとジラルディーノに繋がってしまい、茂庭との1vs1で巧みにまた抜きから流し込んで2点目。ここで破られていた右サイドの徳永を那須にスイッチ。この後、ようやくペースを掴んだ日本は松井がドリブルで突破して倒されて左のペナ角ぐらいの位置でFKを得ると、阿部が素晴らしいFKを蹴り、ペリッツォーリが一歩も動けない鋭いキックが右隅に決まり1点差に詰め寄る。その後も両者一進一退の攻防をするものの、また右サイドをモレッティにスペースを突かれるとダイレクトでクロスを上げられ、トゥーリオがステップバックでマークをはがされたところを那須がカバーで競りに行ったもののジラルディーノが下がりながらヘッドで合わせて、これが見事に決まり1-3。この後日本は失うものがなくなったか、松井を起点に糸を引くようなスルーパスから那須がダイレクトで鋭いクロスを入れると大久保がヘッドで合わせるという素晴らしい展開を見せるもののGKの正面をついてしまう。このまま1-3で前半終了。

後半は田中達也を駒野に変えて投入。開始早々前後の出し入れでイタリアDFのギャップを作ると2列目から飛び出した松井にスペースを付けるボールが出て、独走して1vs1になるものの、タイミングを計る間に後ろから必死に戻ったボネーラのスライディングにクリアされてしまい、差を詰めるチャンスを逸してしまう。この後も引いて迎撃体制を敷いたイタリアDFに対して、田中達也のフレキシビリティを武器にどんどん仕掛けてチャンスを作るものの、シュートがイタリアディフェンスに当たったり、枠を大きくそれてなかなかチャンスをものに出来ない。時間が経つにつれて、相手のDFがバイタルエリアを消して、ボールを繋げるものの、危険なチャンスを作れず苦しみ、大久保・田中達也(松井)の独力突破以外にチャンスは作れなくなってしまう。後半30分に松井→森崎浩司。この後、サイドに入っていた那須、阿部が高い位置を取るようになり、そこを使うようになるもののゴールには至らない。ロスタイムに入り、阿部のFKから高松が競りながら身体を投げ出して、ヘッドで押し込むもののあまりに襲い追撃弾。そのボールを巡ってもみ合いになったりと気持ちも見えたものの、無情にもホイッスルが日本の戦いの終わりを告げました。

さて、イタリアは回数は少ないものの素晴らしい精度のクロスやDFをかわす技術、思い切りのイイシュートや確実に決める技術でゴールを取り、また日本の選手にはその対応力において、後塵を拝す結果になりました。ただ意識の問題という部分では選手にも責任があります。1点目は仕方ない。慣れてない4バックの間に入り込まれてカバーに入った今野もこの位置で仕事が出来る選手じゃないし、何よりもあんなシュートを止めろという方が無理。ただ2点目、3点目に関しては少し意識の部分で足りないとこもあった。2点目、確かにトラップが浮いてジラルディーノの手に当たっていた、でも付いているDFが手を挙げるアピールの隙に股を抜かれたのは、やっちゃいけないことである。アピールは他の選手がすべき事でそんなことをしているのだったらしっかり対応して欲しかった。一人で止めるのは難しいことはわかっているし、ジラルディーノはそれだけスーパーな選手なのは間違いないんですけど。(まああのトゥーリオの出す意味の見えない無理くりなフィードがなければなかったし、もっと早く自分の仕事場に戻っていれば二人で対応できた事)そして3点目。まあやられた部分に関してはジラルディーノの巧みな動きと嗅覚を誉めるべきなんでしょう。でもあの位置でマークを外す事が出来る、身体を付けておかない?甘すぎるよ、悪いけど。後ろに任せる?DFの選手がやる事じゃないよ、トゥーリオ。どうしていつもならDFラインの前に出て積極的に競る選手があそこで任せてしまったのか、もしあのまま根性で飛んでいたら、身体を投げ出すようにしていたら・・・・。まあ結果論ですけど、他にも自分の持ち場を離れて、茂庭1バックの様な状況でジラルディーノの対応を任せてしまったシーンがありすぎて、DFとしては後から入ってカットしていたけど、間違ってる。二人で行かないと対処しきれない相手にどうして・・・・。今日の彼のパフォーマンスはさすがに酷かった。DFとしてリアリズムが足りなすぎる。(酷評ですけど、前から思っていたこと、DFのセンターとしてやらなければいけない仕事をしないで、前に出るなんて言語道断、フィードも一発パスを狙いすぎ、スペースがないのに無理くり狙うなんて頭の悪い選手のやること。DFとしてもっとインテリジェンスを付けて欲しい。)

ただ何よりもホントに悔しい原因になったのは、監督の采配。どうして慣れてない4バックにしたのか、3バックでダメな理由が見つからない・・・・・。守り方が変わってチームが不安定になっていたし、マーキングもずれてしまった。交代して修正したけど、結局変わらないし、茂庭の負担は相当なものになってしまった。また中盤の構成も小野と松井の使い方。サイドに人がいない、だからアバウトになってサイドで数的に不利な状況になったり、後手を踏むような対応になってしまった。那須を入れて少し良くなっていったものの(絞り込みなどの守り方が3バック的な守り方をしていたからだと思うけど)中盤のプレスは大久保のファイトオーバーな運動量に支えられて掛かっただけでチームとして狙いのある守り方は出来なかった。個人的にテストマッチでテストをすることを批判しなかったのは色々なことがあると思っていたし、それだけに色々な事を想定して試しておくことは悪くないと思っていたからです。でも今回の布陣は初めて見たし、どうしてああいう選手起用になったのかもわからない。ゲーム中の采配も特に3人目。あれだけ引いた相手にどうして森崎なのか、もうハイボールを放り込むしかない状態で平山を使わなかったのはどうしてなのか、山本監督、あなたに聞きたいことが山程あるよ。確かにやられたことはしょうがない。でも防げる失点だったし、チームが不安定になったのはシステムチェンジで手探り状態になっていたからだと思う。確かにパラグアイの反省とイタリア戦の分析の結果がああいう形と言うことになったのだと思います。でも今までは何だったんだ?あれだけのことをやったのは選手をふるいに掛けるためだけだったの?小野が入ってそっちにプライオリティをおいてしまったの?そして共に歩んできた選手達が築き上げてきたのにチームの骨幹を揺るがすような形にしてしまったの?

基本的に日本の選手達の動きのキレやプレーの質(特にアタッカー陣)は勝てるだけの質があったと思う。そしてイタリアの出来も良くなかった。松井はドリブルで相手を翻弄していたし、大久保はスペースを見つけて飛び出ていったりチャンスを作ったり、田中達也はもう相手をチンチンにするぐらいキレていた。だからこそ惜しいのだ。すなわち勝つチャンスは転がっていたけど、自分たちで手放してしまったような感じでした。もちろんこの布陣が機能すれば、監督がヒーローだ。でもそうはならなかった以上批判されて当然だ。本で批判していたトルシエの采配と同じ域の事だと思ったぐらいだ。選手達(特に共にチームを作ってきた選手達は)同じ形で自分たちの形で戦って世界との距離を計りたかったのではないでしょうか・・・・・。ボクは長居で予選前に戦った時のようなチームをアテネでも見たかった。いつもと同じように戦えとは言わないけど、チームを刷新する事で熟成度の下がった戦い方をしたことで選手達は少しでも悔いが残らないと言い切れますか?そしてテストマッチや壮行試合でもテストを許して応援してくれたサポーターにあの2年間は何だったんだと思われることをどう思いますか?このチームの最終目標は確かにアテネではなく、ドイツになるのでしょうけど、自分たちの戦い方をして初めて自分たちの力が計れるのではないでしょうか・・・・・・。

まあかなり心に残ったことをはき出してみました。気分を害されたとしたら申し訳ないです。でもホントにこのチームが大好きだったし、だからこそ、全力が発揮できる後悔のない形で戦って欲しかったから、失望も大きいです。1つだけ良かったことと言えば、選手達のクオリティはイタリアにも負けていなかったし、部分部分で通じる部分があったのは嬉しかった。そして那須が出てきて積極的にプレーしていたこと。まあそれだけが救いです。今回の涙を無にしないためにもこれから高い意識を持って、また全力で向上にすることに頑張って欲しい。そして後1戦!自分らしいプレーを期待します、そして意地を見せろ!と言うことでここまでです。ホントに感情の垂れ流しのような駄文で申し訳ないです。

|

Main | アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595204

Listed below are links to weblogs that reference 悔恨@AthensOlympic GroupB vsイタリア:

» [五輪][サッカー] アテネ五輪サッカー男子 日本×イタリア [昨日の風はどんなのだっけ?]
山本監督には言いたいことがありすぎるけど、山本監督に言いたいことは、全てが終わってから自分の出処進退をどう選択するかまで待っておきたいと思います。 ただやっぱり一つだけ言うのなら『OAの選択に山本監督 ... [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

» 【日本VSイタリア】 [にぎりこぶし]
livedoorがサーバーメンテナンスをタイミング悪くやっているらしく、更新できませんでした。 そんなことはともかく、男子は予選リーグ敗退が決まってしまいましたね。試合中に取ったメモを見ながらコメントを書き上げたいと思います。 まず思ったのは、4バックで来たの [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

» 迷走した2年間 [きままに代表ブランク]
日本3-4パラグアイ 日本2-3イタリア 総得点5(内PK2、FK1)、総失点7 予選リーグ2試合を終えた日本代表の成績である。 大会前には「守れるが点は取れない」といわれていたにもかかわらず、スコアだけを見れば、実際には2試合共に点の取り合いになっており、FW陣に関し [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

Main | アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!) »