« 悔恨@AthensOlympic GroupB vsイタリア | Main | プレッシャーとモチベーションの狭間で@AthensOlympic GroupB vsガーナ »

August 17, 2004

アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!)

えーと、とりあえずアテネという一区切りが付きました。監督のブレなどに非常に不満の残る大会となってしまいましたが、そういうのとは別に選手個々の出来やこれからすべき事、言いたかったことなどメッセージ形式にしてやっていきたいと思います。監督の采配や愚行に覆い隠されてしまう部分もあるし、個人的にこのチームの選手達が大好きだったので、それも含めて。ガーナ戦の後に少し又修正する予定ですが、もう先がなくなってしまったので。凄い長くなってしまったので、読むのも大変なんでお菓子でも用意しながら(笑)お気に入りの選手に酷評していたりして気分を害されたら申し訳ないです。あくまで私見ですので。

1. 曽ヶ端準
大会においてあなたの責任で失点したと言うことは基本的になかったし、あれだけミスが多い中でスーパーなシュートが飛んできたらどうにも出来ないと言うのが本音でしょう。でもこのチームにOAとして特別な仕事(経験など含め)を期待されていた部分から考えると物足りなかった。鹿島では1試合に1回は必ずビッグセーブをする選手だから、そこを基準に考えると出来れば一個は止めてあげて欲しかった。そして声という部分でリーダシップを取れなかったこと。トゥーリオのコントロールも期待してたけど、どうにもならなかったのかなぁ・・・・・。彼自身、大舞台でのプレー経験という意味では初めてだったので仕方ない部分はあったかも知れないけど、現時点ではやはり楢崎・川口とは差があると感じた。これからその差を少しずつ埋めていって欲しい。Jでの実績は二人よりあるのだから、高い意識を持ってやって欲しい。

2. トゥーリオ
こないだ言ったとおり、DFとして頭が沸騰しすぎでバランスを崩す要因の一人となってしまった。何となく悪いときのマツみたいで苦笑です。簡単に言えば精神的成熟。そしてDFとしてまずリアリズムを徹底的に考え直して欲しい。能力は高いものがあるのはわかっているけど、それが過信になりすぎているし、大事なところで相手を離すなどDFとしてあるまじき行為。これから経験を積んでいって攻撃参加の貢献よりもまずDFをきっちりとやる選手となって欲しい。将来はA代表でもDFリーダーとして期待されるだけの能力を持っているのだから・・・・・。まあまだ若いからブッフバルトにDFとしての心構えを教えてもらえ。

3. 茂庭照幸
何よりもまずお疲れ様。今回はトゥーリオの尻ぬぐいを徹底してやる羽目になってしまった。でもパラグアイ戦は積極的な前へのDFでヒメネスを抑えたし、ポジションチェンジにも動じないで、チームを支えてくれた。イタリア戦はこの前言ったとおり、アピールの間にジラルディーノに股抜きを喰らって失点したシーンは糾弾されるべき。そしてその失敗をまた糧にして強くてしたたかなDFとして頑張って欲しい。チームにはジャーンという強いDFがいるから、色々な部分で学んで欲しい。

4. 那須大亮
まあまずお疲れ様。プレッシャーに押しつぶされたことで犯してしまった大きなミスがあったのは、まず反省でしかない。彼の性格を含めてキャプテンを任せて精神的な足かせを強いてしまった監督にも責任の一端はあるにしても、ああいう軽率なミスをした責任は重い。でもその後吹っ切れて、イタリア戦ではカバーやオーバーラップなど積極的にプレーしていてホントに安心した。これからはこういう大きなミスをした後、どうやって次に繋げていくかが問題。個人的にはこういうミスがあったけど、カバーする能力を含めて、この世代で一番成熟したDFだと思うし、チャンピオンチームで大きな役割を担っているだけの力もあると思っている。だからこそ、DFとしてもっと慎重に、そしてリスクをきっちりと計算してプレーしていくことがこれからの成長の鍵かなぁと。チームに日本を代表するDF二人がいるのだからイイ部分を沢山盗んで、将来的には3人で日本代表のDF席を埋めて欲しい(願望)

5. 阿部勇樹
イイ部分と悪い部分が混在した出来でした。まずイイ部分として、やはり世界でも質の高い右足のキック、スペシャルだし、ホントに素晴らしい。チームメイトとのコンビも取れていて、必殺の武器であったことは確か。これに関してはパラグアイ戦で蹴らなかったのはどうしてかと思ってしまうぐらい。後はイタリア戦でようやく顔を出した高い攻撃能力、ジェフの時のようにもっと積極的にやって欲しかったもののまあ少しだけ。で悪い部分は消極的な部分がパラグアイ戦で大きく出てしまって、チームの前に出る勢いを削いでしまった。このチームの元々の悪い部分でもあったけど、構成力不足の原因とも言える部分。相手のプレスは確かにきつかったけど、それにびびったのか前を向ける部分で前を向けなかったのは悲しくなった。もっとできると思うし、自信を持って欲しい。経験とフィジカルの部分を除けば、稲本にも福西にも中田浩二にも挑戦できる選手だと思うし、そうなって欲しい。最強の右足を後は流れの中でももっと活かして欲しい。チームでは中核をになう選手だし、チームと共に頑張れ。個人的に佐藤勇人と組むダブルボランチが大好きだ。

6. 今野泰幸
素晴らしいとしか言いようがない。確かにデ・ロッシにやられたけど、それを補う運動量でチームを支え続けた。貢献度から言えば彼がいたことで助けてもらったシーンは数知れず。そしてFC東京でも定番となりつつある前に出る勇気!ホントにパラグアイ戦でチーム全体が及び腰の時に決して器用ではないドリブルでつっこんでチームを鼓舞したプレーは素晴らしかった。ああいうチームに勇気を与えるプレーヤーは心底敬服する。WYで危ないときにいち早くプレスに行ったり、チームがへろへろの時に助けたのも彼だったし、最終予選でみんなが体調不良の時に3人分も4人分も走り回ってカバー・アプローチ・フォローと獅子奮迅の活躍は忘れない。そして今度は層の厚いA代表に挑戦する訳ですが、充分やっていける。これから1つずつスケールアップしていかなければならない点もあると思うけど、それを気にさせない運動量が君にはある。期待と感謝の気持ちで一杯だ。

7. 森崎浩司
うーん、評価しずらい。1戦目はポジションをずらして守ったのは完全に失敗。確かに最後の準備試合でよく見られた動き(ボランチをカバーする動き)だったけど、それ以上に自分がいなければならないサイドが火の車だっただけに、君にも責任の一端はある。でも本職じゃないからしょうがないかなぁ?でももっと不満なのはビルドアップ含めた攻撃面。本当ならビルドアップにおいてはこのチームでは起点となるべき選手だと思ったけど、あまりに後ろに戻すプレーが多すぎるのは受け方に工夫がないから。もう少し工夫があれば前を向いて仕事が出来たかも。後はクロスが上がらなかったねぇ。精度の高いもののを持っていただけに残念。中でやりたい気持ちがあったのかどうしても中へ中へと行ってしまったのは深層心理かな?2戦目はあの状況じゃあねぇ・・・・。バイタルエリアが完全に消されて状態で入れられても何も出来ないよね、これは君の問題じゃないと思う。まあ強いて上げるならシュートを枠に飛ばしたかったかなぁ?まあでもチームに戻ったら攻撃の中核を担う訳だから、チームの底上げと共にスケールアップして欲しい。何も出来なかったと言うことは沢山課題が見つかったと言うことなのだから。

8. 小野伸二
あまりに期待が大きかったのかも知れない。彼があれだけフラストレーションを溜めて戦っている姿を初めて見たけど、それだけこの大会に掛けていた部分や引っ張っていい成績を取ろうという強い気持ちを感じました。彼のテンポの速いパス回しがチームにリズムを与えたけど、どこかから周りしていた部分もあったし、ダイレクトパスで下げるときにミスをするなど、ホントに空回りしていたのかも知れない。難しい選択だけど、彼のアタッカーを活かす才能も出たけど、自分でどうにかしてやろうという気持ちも強くて、いつもの飄々としたプレーは余り見えなかったのは残念(必死さは非常に強く感じたけどタイプ的に違うでしょ?)そして彼もOAとしてチームを落ち着かせる何かが欲しかった(そういうタイプではないでしょうけど)彼の責任ではないですが、個人的にはチームにはめ込む事で済むような事にしておいて欲しかったのですが、彼の存在の大きさがチームの根幹を揺るがしてしまったのは残念でならない。でも彼はA代表の柱でもあるので、そちらで頑張って欲しいし、この失敗をまた代表だけではなくフェイエでも活かしてチームを高みに押し上げて欲しい。ボクはあなたが日本で一番の天才だと思っていますから。

9. 高松大樹
よく頑張ったし、素晴らしいプレーだった。彼の起用に関しては山本監督の矛盾と共に訪れた訳ですが(賛否両論もありますし)、この起用は彼の好調もあって当たりました。ポストに固執しないで幅広く動き、体を張るところではハードに働いた。そして彼らしいがむしゃらなボールへの執念はゴールを脅かすだけの脅威を持ち合わせていたことは自信を持って欲しい。彼もチームに勇気を与えたしよく頑張ったと思う。まだまだ色々なところで拙さが目立つ選手でもあるけど、少しずつうまくなればいいし、その意識を高く持って欲しい。個人的には彼は日本のサポーターに愛される素養を持ち合わせていると思うし、チームの信頼も得られるプレーヤーになれると思う。そう、中山雅史や鈴木隆行と同じ系譜を辿る「頑張れるプレーヤー」として。ただ頑張るだけでなく今のゴールへの意識を高く持ち合わせて欲しい。本質を見失わずに頑張れ!

10. 松井大輔
確かに一番印象が強いあのイタリア戦後半直後の1vs1をカットされたことで評価が急落してしまった感があります。でも全体的にプレーの質は高かったし、攻撃の起点として小野と共に攻撃を引っ張ったし、彼の高いテクニックも非常に活きた。彼のテクニックは世界に通じるし、キープも上質。彼の才能は誰もが認めるところであり、このチームで存在意義を見つけようとして、チーム立ち上げの頃よりも格段に走れる選手になったと思う。ただ、世界と戦う以前から問われていたことはまだ発展途上。プレーセレクトと判断力。低い位置で周りの動きがないから、キープする。ヒデもよくやるプレーだけど、時には安全なプレーを選択することも必要だし、低い位置でのリスキーなプレーがあったことは考えないと。判断に関してはスピード。これからまた緩いプレッシャーの舞台に戻る訳ですが、意識を高く持ってプレーしないとすぐに順化してしまうし、ここで得た経験を活かすためにもこれから頑張って向上する事に努力して欲しいなぁと。彼は大好きな選手ですから贔屓ですけど、正直彼か山瀬がもっと存在感を示して、チームの中心としてはまって欲しかった。もしここがチームとして揺るがせない状態になっていたら、ここまでチームがぶれる事はなかったかなぁと。松井に関してはあの長居の韓国戦のようにアクセントを付けるプレーをもっと見せていたらなぁと・・・・。まあ今更ですけどね。判断スピードとその正確さ、そして積極性を失わずにこれからももっとうまくなって欲しい、自分らしさを失わずに(ここ重要!)

11. 田中達也
彼をスタメンで活躍して欲しい、プレータイムを長くするべきだという意見が非常に多かったですが、個人的にはこのぐらいのプレータイムで全力で頑張って仕掛けるぐらいがこのチームでは一番効果的かなぁと。プレーの内容的にはリズムブレイカーとして素晴らしいキレを見せて守備自慢の猛者を相手に翻弄していた姿はもう爽快でした。最近どうも視野が狭くなっていた感覚(と言うよりエースとしての意識やライバルの競争関係による焦り??)と思っていたのですが、本番になったら見事に人も活かすし、素晴らしいです。気になったのは1つだけ、ファーストタッチやトラップの荒さ。これは高松にも大久保にもあったけど、大事なときに限ってブレてしまう。この辺はメンタルかも知れないけど、意識を高く持ってやれば必ず改善される。もともと上手な選手だし、この能力が上がったらもっとゴールが増える。自分のいいところを出すためにも、最初の部分でミスをしてはもったいない。で話は変わりますが、ボクは彼のようなスピード系のアタッカーは相手が対応し始めてからが勝負な訳ですが、これからスランプに陥ったときなどにどうするかが勝負でしょうけど、彼の良さは勝負する姿勢と思い切りであり、これをずーっと持ち続けていたら必ず日本を助ける大きな力になるし、近いうちにエメが移籍したりした時もエースとしてチームを支える選手になれると思う。と言うより彼も海外で見てみたい選手なんですけどね。こういう高い敏捷性を持つ選手が強い相手と戦っていく事によってもっと逞しくなって欲しいと思うのが正直な気持ちです。積極性、なくさないことです、何よりも。

12. 菊池直哉
出場機会はないですが、ユースの時に将来を嘱望されるようなポテンシャルが消えてしまった様に感じました(他の試合を見る限りでは)一回ボランチで出たときはハードに守ったりとよくやっていた印象はありますが、いかんせんアクシデント要員ですから出場機会が得れなかったのは現時点でのキャリアを見ても当然。彼の良さはクレバーさであって、フィジカル重視の選手ではないと思うので、もっともっとクレバーになって欲しい。幸いジュビロには素晴らしい先輩達が沢山いるので、いいところを盗んで早いとこ越えて欲しい。まあまだ若いし、今の時点でどうこう判断するのは難しいけど、自分のプレースタイルというのを早く確立して欲しい。まずは自分の本職があってこそのユーティリティであって、今の時点では器用貧乏にしか見えない部分もあるので。彼の欄で書くことではないけど、CDFにしても、ボランチにしても人が沢山いたのだから坂田を入れて勝負に出る選手起用を可能にする事が良かった気がする。3トップにしてもスピードアタッカーを入れ替える事が出来ない訳だし。まあ菊池はこれからだから、頑張れ。

13. 駒野友一
うーん、中途半端な起用の犠牲になってしまいましたね。チームがあまりにバタバタしていた所で起用されても活きないなぁ・・・・。でもどうかなぁ・・・・、やはり活きるのは右アウトサイドかなぁと言う気もしますけど。でも大きなケガの復帰からここまで大きな舞台に立てる位置までこれた事自体素晴らしいことだし、彼を応援してきた人たちにとっては感慨深いんでしょうねぇ。まあ彼に関してはこれから武器がある選手だし、後は全体的にスケールアップしていくことを期待したいですね。守備においてはこれからもっとレベルアップすることをもっと期待。今でも充分バランスの取れた選手だからこそ、そのバランスに埋没することなく頑張って欲しいです。

14. 石川直宏
ナオが一番このチームのバランスという部分で悔しい思いをしたかも知れませんね。おりたさんが言われるようにA代表との兼ね合いもあって、このチームでの立場が曖昧になってしまったことは否めないですが、何よりも監督のチーム作りが彼を活かす幅を持ち合わせていなかったと言うのが一番だったかなぁと。彼の特長を生かすことが出来れば大きな武器として必ず成果を上げてくれると思ったし、このチームの顔だとも思う選手だから、少し目をつぶっても起用してほしかった。確かに徳永との兼ね合いで守備を比べられたらどうにもならないでしょうから、それなら彼の活かし方というのをもっと考えて欲しかった・・・・・・。彼の問題ではない。でもナオ自身もケガなどがたたって準備ゲームで効果的な要素を見せれなかったのもあったでしょう。これからは今まで懸念されたスピードに乗った突破の後のクロスボールの質の向上と、ペナへの侵入をもっと心がけて欲しい。縦に行けるようになった、中に切れ込んでフィニッシュパターンを作った、後は斜めに行って裏を狙って欲しい。幅を広げてホアキンやビセンテのような相手に直接ダメージを与える怖いアタッカーになって欲しい。後は判断の向上も。マリで干されて、FC東京で復活して、色々な不運からまたここで不遇を味わった。この苦い経験を得て、またスケールアップを!マリの選手じゃなくなっちゃったけど、ナオのような選手がずっと求められてきているのだから、頑張って欲しいし、ボクも応援し続けるつもりです(マリ戦以外は)

15. 徳永悠平
正直言ってあんまりうまくなった感じはしないし、少し成長度が止まったかなぁという印象もあります。この大会は比較的に1vs1で積極的に仕掛けてどんどん抜けたりしてなかなか高いものがあったけど、これくらいは当たり前のレベル。停滞している印象は守備において。一番悔しい思い出のWYブラジル戦の先制点に繋がったファウルを覚えているか?あれが同じような感じでパラグアイ戦の2点目のシーンと同じシチュエーションで同じように軽率にファウルで止めてしまった。サイドチェンジのボールから対応しようとして裏を付かれてファールで止めたシーン。彼がもっと頭を働かせて縦を切ったり、遅らせたりという判断が出ていればあのファールはしなくて良かった。そしてそのFKは両方ゴールに繋がってしまったのは彼に成長しろと言っているのかもなぁと。身体能力が高いから、その力で相手を押さえ込んできたのでしょうが、国際舞台で相手のレベルも上がればそうはいかない。これからもっとクレバーに守れるようになって欲しい。サイドでの1vs1などある程度の守備力は持っているし、ハードに働けるスタミナも持っている。一番層の薄いサイドバックのポジションでは大きな才能だと思う。バランスもいいし。これからの選手だからこそ、もっと高い意識を持ってやって欲しい。日本サッカーは君の成長を心から期待していると思うし。今でも加地よりは総合力は高いのだから、少しずつでいいからスケールアップをして欲しい。

16. 大久保嘉人
よく走ったし、チームの攻撃の核としてイイ活躍をしたと思います。あのパラグアイ戦のゴールは、ストライカーとしての才能を感じさせる素晴らしいゴールでした。精神的な向上も見られたし(シンジをいさめてたシーンはびっくりした 笑)他にもチームに献身的にボールを引き出したり、ファイトオーバーでボールを追ったりとチームに大きく貢献したと言う意味ではこの働きぶりはエースとしてある程度合格点を与えてもイイかなぁと。ただ前にいつか書きましたが、"真"のエースはチームを勝利に導くゴールを決めること(生み出すこと)だと思うので、その意味ではまだ足りなかった。イタリア戦も惜しいチャンスでことごとくシュートが正面に行ったり力無いシュートが飛んでしまったりと、決定力を見せることは出来なかった。ただ彼のアジリティは世界にも通用するし、フェラーリやボネーラと言ったイタリアの次代のDF達にも十分通用したことを考えたら今の力でも十分出来るのだ。これからは細かいテクニックをもっと正確にして、シュートに持ち込む力を養って欲しい。田中のとこで書いたけどいいところでのトラップはメンタル面を含めて向上して欲しいし。ゴールを取る才能は並はずれているし、それをまた強く望んでいる姿勢をなくさないで、セレッソを引き上げて海外に出て行って欲しい。A代表にもすぐに招集されるだろうから、結果を出すことが求められるけど、結果を出して欲しい!頑張れ!

17. 平山相太
うーん、出場機会を得れなかったのは、コンディションの低下とチームが一気に変わってしまったことがあるとのことですが、このチームの前線の起点としてもっとセンセーショナルな活躍をするかなぁと思ったけど(根拠は大舞台に強い、それだけですけど)まあ悔しい大会になってしまいましたね。でもこの経験を次に行かす舞台があるだけ幸せだし、この経験を次に繋げなければならない一番の存在な訳で、日本サッカーのこれからを考えても、もっと成長して欲しい。今わかっているだけでも競り合いの手の使い方、足元に入ったときの判断の遅さ、思い切りのなさ、ポストになることでシュートへの意識が薄れてしまう(行けなくなってしまう)等々、沢山課題は今までの試合で見えてきたと思います。これから少しは時間が出来て練習する事が出来るだろうから、少しずつでも改善して、次のオリンピックに行くために大きな力になって欲しい。また指導者にもしっかりとおかしな癖をつけないようにしてねwまあまだこれから、正直Jのクラブで強化指定でもイイから高いレベルでやって欲しい気持ちもあるし、バレンシアに行ってセグンダでもイイから本場の強さや巧みさを学んできて欲しいという気持ちもあるんですけどね・・・・。

18. 黒河貴矢
うーん、コメントのしようがない。これから色々なことを経験していくことでもっとうまくなって欲しい。でも林にも言えることだけど、声が足りない。声を出すことはGKに取っては死活問題。きっちりとやるだけのことを頑張って欲しい。ボクは黒河の乗りやすいプレースタイルは好きだし、ファインセーブを飛ばすときは素晴らしい出来の時がある訳ですから。この悔しい思いをJにぶつけて欲しい。まずがっちりとJのレギュラーを取って欲しい。これは林にも言えること(しつこい、でも林はライバルが元日本代表の下田だもんなぁ、下田イイGKだもんなぁ・・・・、川島もそういう意味ではきついなぁ・・・・。)

ということでだいぶ長いです。お菓子は食べ切れたでしょうか(笑)後のようになるとどうも自分の感情が出始めた感もあります(苦笑)でもホントに選手個々のポテンシャルは高いのはわかっているし、後はこれからまたJ(大学)に戻ってここで得た経験を無駄にしないで、高い意識を持ってプレーして、今度はA代表に行って欲しい。確かにアテネでは結果を出すことは出来なかったけど、この経験を生かすか殺すかは自分次第。ここからはもっと厳しい競争が始まる。サッカーはまだ終わらない、止まるな、アテネ世代!

ということでもの凄い長編(というかダラダラと長く書きすぎました)がここまでです。

|

« 悔恨@AthensOlympic GroupB vsイタリア | Main | プレッシャーとモチベーションの狭間で@AthensOlympic GroupB vsガーナ »

Comments

世界レベルの
スターが
この中から出てくることを
願います
そういう選手はまだ一人も居ませんから
彼はオリンピックではグループで
アテネを去った
信じられないことに彼はまだ
チームを勝利に導く力を
発揮できなかったのだ
まだこの時点では世界的に
無名の彼は・・・
数年後 雌伏の大会として
この大会が
語られることを
願います

Posted by: カントナ | August 17, 2004 at 02:00 PM

素敵なコメントありがとうございます。

一人でも多くのインターナショナルなレベルで力を発揮できる選手が出てきて欲しいです。これからももちろんたゆまぬ努力が必要ですけど、この大会が雌伏の大会となるようにしてほしいですねw

そんな選手達を応援したいし、見守って行きたいです。

又よろしくお願いしますね。

Posted by: いた | August 17, 2004 at 02:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595270

Listed below are links to weblogs that reference アテネ世代のこれまでとこれから(長文ご容赦!):

» [サッカー]”総括”ができない無為無策の協会 [野間大池公園Diary]
上のこの記事は、おりたさんところからの曳きだし(引用)ですが。 長い助走期間と膨大な費用を使って準備したアテネ五輪代表。チームの作り方、戦術の熟成などに大きな問題や課題は残りましたが、後は日本サッカー ... [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

» [五輪][サッカー] アテネ世代のこれまでとこれから [昨日の風はどんなのだっけ?]
いたさんの改心の一作です、是非ともご覧になってください。今大会は高松がポテンシャルと今後の可能性を見せてくれたのと、大学生二人がやはり国際大会で戦っていくには、このままの環境では厳しいということが明ら ... [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

» 山本監督率いたU-23代表、さようなら [余は如何にして道楽達人になりしか]
「山本ジャパン」と呼ばれるサッカーU-23代表兼アテネオリンピック代表の 戦いが [Read More]

Tracked on January 01, 2004 at 12:00 AM

« 悔恨@AthensOlympic GroupB vsイタリア | Main | プレッシャーとモチベーションの狭間で@AthensOlympic GroupB vsガーナ »